ヘッダー

2017-11

(1)ニ極を超える世界へ - 2017.10.10 Tue

「この世界は幻想である」

今まで何度か書いてきましたが、この「幻想」という意味。→ この世界は幻想である
これは実際、どういうことなんでしょう?

こんなにリアルに色んなことが起こってる毎日。
なのに幻想って、どういう意味なんでしょうか?

では。
記事の閲覧と内容の取捨選択は、自己責任でよろすく☆ d(*ゝω・)


planet-2785082_640 (1)


2012年12月21日以降、地球は反転したということを前に書きましたね。

砂時計が逆向きに置かれたと。
だから、これからの時代は「逆」や「反転」がキーワードになると。
そして人々は、さらに二極に分かれていくと。

この「二極」の意味や「幻想」という意味を、一回じゃ書き終わらんので、
何回かに分けて少しづつ書いていきたいと思います (`・ω・´)ゞオッス!


さて。
二極化が進むことにも意味があります。

光の方に進めば、光ならではの学びがあり、
闇の方に進めば、闇ならではの学びがある、ということですね^^

そして、ここで必ず出てくる常識観。
「やっぱり光の方に進まなければダメ。闇なんてダメ」

どうしてもその固定観念が捨てられない、という人がまだまだ多いです( ´Д`)

「いえいえ、もう私は理解してます、大丈夫です」
と言って、頭ではわかっている人も、何だかんだ言っても心の奥底では「闇は悪」と思っていたり…
そういう人は、実際に思ってることと行動が合っていないことが多いのです。

その場合、本人が二極化を体現してるんですけどね。
どういう意味かと言いますと、ズバリ「裏表のある人」です。

「裏」と「表」って、つまり「二極」ですからねぇ(・ω・`)

行動は、一見すると光の人。
愚痴も言わずに毎日残業。
でも心の中は「不満」という不発弾を抱えていて、本音が言えない闇の部分がありありと。。

あ、念の為言っておきますけど、それが悪いって言ってるんじゃないですよ^^
私自身もそうだったしw
ただしそれは、分類では「闇」に当たります。

で。
そのままだと、その人は三次元(地球)より上は、理解できないことになっちゃうんです。
ま、スピ本を読めばいくらでも知識は身につきますけどね。
ただ、それは知識であって、智慧ではないんです。

三次元を抜けて上から見るには、この三次元での常識を超えなくてはならない。
でもそれは、自分にとっての「不要な常識」を捨てるだけのこと。


もうその二極の時代は終わりに近づき、言いたいことを言い、やりたいことをやる時代が来てます。
現在はまだ二極化の格差が開いてますけどね。
でも・・・それで私、気づいたことがあるんです…!


その根本的な「本質」がわかりました!!!!!


やっぱり闇を知っておくのって大事だわ~~(*´Д`)
一つ気づくと、あれもこれも連鎖するね~~(*´Д`)

な~んて偉そうなこと書いてますけど、ヤミコめがどこまでわかってるんだか定かじゃないっすw

で。
ここにも書きましたが。。→ 子供たちには秘密がある

インディゴチルドレンや、クリスタルチルドレンの話。

1972年以降に地球に生まれた子供たち。
特に、1985年以降のほとんどの子は、ある特定の時間・空間・次元の領域から来ています。

1985年の時点で、85%~90%の子どもたちが該当すると言われていました。
その後、その数は増え続け、今ではほとんどの子供たちが、特定の時間・空間・次元の領域から
この地球にやって来ています。

その領域は、私たちの次元との間にある「次元の高低差」の中に隠されているため、こちらから
その領域を見ることは難しいそうなのです。


これを読んでるあなた、該当しませんか?
該当しないというあなた、お子さんは該当してませんか?


これは『クライオン』とのチャネリングによって、最初に明らかになったことです。
(※この辺のことはまた別の記事で)

インディゴの世界から人々がやって来ていることに気づいたクライオンは、たくさんの人がアクセスする
彼のサイトに、子どもがいる家族に向けて質問をアップしました。

その質問とは、「あなたの子どもは、自分は宇宙からやって来た、とかそのようなことを言ったことは
ありませんか?」というもの。

クライオンが言ったのはそれだけでしたが、親たちから何十万もの答えが返ってきたのです。
しかも、それらの答えの内容は、みんな非常に似ていたそうです。

子どもが4~5歳になった時、両親に向かって「あなたたちは、私のほんとうのパパとママじゃないの。
ほんとうのパパとママは◯◯星にいるの。パパとママの名前はね… 」みたいなことを繰り返し言うのだそうです。
そして、星にいる両親の名前、兄弟や姉妹の名前も覚えていて、そちらが自分のほんとうの両親なのだけれど、助けるためにここにやって来た、と言うのです。

もちろん、それを聞いたら、親は子どもが作り話をしていると思うでしょうし、誰もがそう思うでしょうが、何十万もの子どもたちが同じことを言っているとしたら・・・?

作り話と考える方が、無理があります。


universe-2352890_640.jpg


以前「やみすぎ都市伝説」で、エイズウイルスについて少し触れましたね。

エイズウイルスは、あえて作られたもの。
ちなみに、ウイルス開発時には同時に「解毒薬」も開発してあります。
必ずセットですから。

では。
なぜHIV感染者が同性愛者に多いのか。

それは、性的なマイノリティ(少数派)も、新時代の人たちだからです。

人を好きになるのに「性別」は関係ない。
男性も女性も、その相手の人間性を愛するのであって、性別にこだわる必要はない。

男女でなければ、子孫繁栄は成り立たない。
でも、「血脈」や「家系」といった「同族意識」はもう必要ないんです。
いつまでもそれをやってると、他人や他国に対して閉鎖的なままになってしまいますから。

身寄りのない子を養子にする同性愛カップルも、どんどん増えてきました。
そういう革新的な人たち。
周囲の冷たい目も気にせず、自分の気持ちに正直に生きる芯の強い人たち。

そういう人たちが増えてくると、「彼ら」にとって目障りなんです。
邪魔なんです。
エイズキャリアであれば命の危機は一気に高まるし、世間からは偏見の目で見られます。
身体的にも社会的にも抹殺しよう、という狙いなのでは?

…と、今のところヤミコはそう睨んでおります( ✧Д✧)キラーン   

この記事はLGBTの話。→ 「私は聖なる愚か者」

この記事に、わかる人には「あっ…」と思うキーワードが出ておりまする( ̄▽ ̄*)


今の子供たちは、地球と、我々人類を救い導くために、あえて「障害」「ハンディ」等を持って
生まれてくることもあるわけですね。
そして同性愛の方々は、性別に囚われない愛を教えてくれています。
本人たちに自覚はなくとも、です。


チルドレンたちは、「健常者」と「障害者」という二極の『枠組み』を壊す役割。
LGBTは、「男性」「女性」という性別による二極の『枠組み』を壊す役割。

地球は二極性であり、重力による『制限』があり、『枠』がある世界です。

しかし、地球は今、三次元から上に移行しようとしていますね。
そして、それは人類も同じです。
その二極の『制限』を外し、『枠』を壊す時が、すでに到来しているのです。

二極の枠を取り払う者たち。
この彼らのサポートが無くては、地球は本当にアセンションできない状況だったそうです。
つまり光のサポートです。

これは周波数とも関係しています。
この周波数というものは「色」にも当てはめられるんですね^^

さて、皆さん。
これらの周波数帯が 何色か、おわかりですかな?(・∀・)b




続く~~(´▽`*)

応援ありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト

論より証拠!受講生の声(2) «  | BLOG TOP |  » 続・どるごんのよめ

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

本日のぼそり

(20日23時55分頃にぼそり) 押忍´ω`)ノコーヒーが飲みたいヤミコでござる…うぅ(泣)今、秘密結社の方が佳境…!チャネリング講座の方は今月で終わりになるから、こっちに集中しとります☆ ブログが良い所で止まってるので気になっちゃうだろうけど、気になっててくれ(笑)ちなみに私もうすぐ修行に行くので、しばらくブログ更新できないかも(*´Д`)終わってもしばらく死んでると思うw 内容は記事に書けないような気がするけど、とにかく超パワーアップしてくるぜ☆  

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (29)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (85)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (37)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (163)
秘密結社【闇月】受講生の声 (3)
神社仏閣 (33)
守護存在について (14)
ものの見方・捉え方 (35)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (14)
石系 (29)
お知らせ (63)
未分類 (140)
やみすぎ都市伝説 (8)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123