ヘッダー

2017-04

批判メールを送る人(1) - 2016.04.18 Mon

あいあいどもどもヤミコです~(・∀・)ノ予告通りだぜ☆

ぶっちゃけ話だし、あまり言葉を選ばずブラックのままで行きます。
なので、ネガティブ感や違和感などを感じられた方は、もう先を読まないように!
わかってて読んだのに、あとで文句言っちゃいかんよ?おけぃ?

あ、でも、今回は前置きだけで終わるかも(笑)


写真1
榛名神社、参道脇の千本杉の木。


私、さっき書いたような「注意書き」いつも書くでしょ?
なのに、そこが目に入ってない人がいるみたいなのね。ホント不思議~( ̄▽ ̄)


こうしてブログを書いてると、いつしかアクセスが増えてきたりします。
そして、読者さんも少しは増えてきます。
私の場合は数日おきに、シェア記事やアホな話などを書いてるだけですが。
それでも検索やランキングなどで、読者さん以外の人の目に触れる機会もあるわけです。
そうすると、書いた内容に批判的な人の目にとまったりする確率も増えるわけです。

とはいえ、実は批判メールとかって、今までに一人の人からしか送られてきたことがないんです。
で。
その一人から、確実に『批判的な内容』だと認識できるメールが送られてきたのは…
この時です。→ 榛名神社の神使?(1) 榛名神社の神使?(2)


かなり前でして・・・ええと、9ヶ月前の話ですね。
これが、神社というシステム(1) の時に「神社関係の話は色々とめんどくさい」と書いた理由です。
では。
ここからディープな話になって、ブラックなこと書きますけど…


スピ系ブロガーって、他ブロガーを批難中傷する人が多い。


これは、自分がブログ書きはじめる前から思ってたことでした。

あちこちでお互いに批判を繰り返しているのを目にし、揚げ句に読者さんまで参戦したりしてて…
ビックリしたどころの話ではなく、心底げんなりしました。
相手にブログで批判されたら、それに対してまたブログで反論し返す…
それは批判のループです。

正直、なんてくだらないんだろうと思いました( ̄ω ̄;)
考え方も捉え方も、人それぞれ違うものです。
もはやそれは当たり前の認識だと思ってたんですが…

でも、他人のブログを批判するというスタンスのブログって、今でもあるんですよね~~
そして、そういう批判ブログって、けっこう人気なんです(笑)
なぜかというと…

それは、読んでる人たちの溜まった「鬱憤(うっぷん)」を刺激するからなんです。

言いたくても言えない、職場の上司への文句とか。
友人知人や彼氏や家族へのたまった不満、愚痴。。。
そういうストレスがたまってる時に、批判的な記事を見ると、人は錯覚するのです。

スカッとする!とかその通りだ!と。
しかも一見、正論を書いてたりするから なおさらです。代弁者のように感じるのかも。。
ま、すり替えという、ただの錯覚なんですけどね(=ω=)
要するに、願望を他者に投影してるだけなんですから。

反論、攻撃、重なる論争。。。
そういうの今までにも何度か目にしてきました。
ひどくなると訴訟だのなんだのって、いろいろ騒ぎになってましたよ。

ブログ村さんの場合、読みたくなくてもある程度の内容は目に入ってきちゃうしね。
電車の中刷り広告と同じで。

まぁ、書く方も書く方なんだけど、読む方も読む方でさ。
溜まったうっぷんを悪口ブログで発散するの、趣味悪いと思わん?
野次馬根性とかもわかるけど…
私も偉そうなこと言えないけど…
何のためにスピブログ読んでるのか、自分と向き合って考えた方がいいですよね。


おっと。 話を戻しましょ☆

私はブログを書き始めてから、すぐにコメント欄を閉じました。
それは、守護さんのシェアの時、もしも守護さんの絵にアレコレ言ってくる人がいたら、ご依頼者さんが悲しい思いをするだろうと思ったからです。閉じる時もチラッと書きましたが。。

そしてそれは、批判コメントもシャットアウトできる対策になり、一石二鳥と思ったからです。
こういうブログ書いてると、通りすがりにイチャモンつけられることもあるからね。
その反面、ありがたい感想コメントなども当然受けつけられなくなりましたが、まぁ仕方ない。。

自分が気持ちよく楽しんでブログを書けるように。
変な人が来ても、めんどくさいことを最低限に抑えられるように。
読んでる皆さんも、嫌な思いをしなくてすむように。

そして、冒頭と同じように注意書きなども書いてきました。
それなのに…、それを無視する無粋な人間がいるのです。
まったくもってナンセンス。自分勝手!カッコ悪い!

私のところはコメント欄も閉じてるし、しかもブログ上にはメールフォームもつけてない。
それにもかかわらず!わざわざ!HPのお問い合わせ欄から!
批判メールを送りつけてくる人がいました!

そこまでして文句言いたいのか!?すげー執念深い!きもい!(笑)
しかも!相手がわかっちゃいました!!!!!その相手は…



スピ系ブロガーさんでしたよ<( 순∀순)> わお!! 



しかも、ちっとは有名みたいですよ~!

名前言っちゃおっかな~~(笑)
 



…こんなもんなんですよ。
霊感があるとか言って、どんなにブログで綺麗事かいてても。
所詮、人の書いたブログに陰でコソコソ文句つけるような人だったりするんですよ。

あなたは間違ってる、私の意見の方が正しい、とか言いたいんでしょうか。
マウンティング女子だね(笑)
で。
肝心のメール内容は…

「あなた、神様に許可もらって撮影してるんですか?」
「断わりも無いのに写真撮ったりして、神様に対して失礼です」
「敷地内に入って無断でパシャパシャ写真撮ったら、人間だって嫌なはず」
「そんなのは常識でわかること」
「キレイな写真撮りたいという、欲が丸見え」
「キレイに撮れるのは、キレイに撮らせてくれる存在がいるからです」
「警告ですんでる内にやめた方が良い」

…とか。
私が無断で写真を撮ってると決めつけて、あらぬ批判を展開してきたんです。


うわー引くわー(;´Д`)ないわー  

んで。
そこで、どうするか。

他のブロガーさんでよく見かけるのが、翌日という早さでのブログでの反論ね(笑)
「こんな批判があって憤慨しました!ひどいと思います!
でも、私があのように書いた理由は、かくかくしかじか・・・」

ヤミコ的には、あれもないわー(笑)

今日はブラック闇子なのでキツイ言い方しますわよ( ̄▽ ̄*)遠慮なしよ♡ウフフ
だって即座にブログで反論なんて、批判メール送ってくる人と、結局は同レベルじゃね?
言われて悔しいから言い返すって…どんだけ?(笑)
う~~ん・・・その心理状態、だいたいは分析できます。

いくら批判が来ても、やっぱり大多数がブログを楽しみにしてくれてる読者さんなわけです。
そこで「こんな嫌なこと言われた」ってブログで書けば、皆さんから心配してもらえるんです。
自分のブログはね、いわば「ホーム」なんですから、そんなの当然なんです。
そこで心配かけるようなこと書かなくてもいいのに、わざわざ書く理由は・・・ズバリ!

「同情を集めたい」からです。
「あなたは間違ってない」と言ってほしいからです。
つまり『承認欲求』です。

批判されたという話を公開して、読者を味方につけたいわけですよ。
そして、その味方の多さを、批判相手に見せつけたいわけですよ。

こういう人は、「別に怒ってませんけど」と、やたら冷静ぶって余裕のある素振りをします。
そして、めっちゃキチキチした敬語になって、おすましさんになるんです。
でも、ホントは心の中じゃキーキーわめいて怒ってるw

ま、自分のブログに何を書こうが本人の自由なので、私がとやかく言うことじゃないけどね。

ブログを通じてお知り合いになった方が、やはり批判的なメールを送られたとのこと。
そして先日のイベントの時も、他者を蹴落としてでもという、スピ系お偉いさんに牽制されたこと。
そして最近いろいろ思うことがあって・・・それで、この話を書いちゃおうかなぁと思いました。

で。
これ言ったら、読んでる皆さんもさすがに引くかもな…とは思うんだけど。
でも、そういうの気にしてらんないから言っちゃうけど。。
私、メールやコメントなど、ネットでの文章から相手を追える…みたいなんです( ̄▽ ̄;)

やりとりしたことなくても。
ネットなどで文章見たことがあれば、追跡できるみたいなんです。
前に一度だけ、つながりにくいご依頼者さんに、この手を使いましたね。


こういうことが出来るという裏付けは、かなり前、他のスピ友さんとのメールで判明しまして。
自分に関わってくることだとわかるようです。
詳しくは言えないんですが、スピ友さんと共通の知人のことを追ったので、間違いないです。
そういうことが2回あって、スピ友さんビックリしてました。
てか、自分でもこんな特技?があったなんて知らなかったしね(;・∀・)

だから、批判メールの相手も、最初から誰かはわかっていました。
でも、それでは推測の域を出ませんから、しっかりとした現実的証拠をとりましてね。
そしたらやっぱり推測通り、ドンピシャ!当たり!でした。
皆さんからしてみたら、まさかあの人が…って感じでしょうかね~~。

言ってもいいんだけど、いちおう相手のお名前は伏せておきます。
相手の方が、これ以上私のことを影でこそこそ悪く言わなければね。
ネットで追えるのって、相手だけじゃないんだよね~、いろいろわかっちゃうんだよね~。


あ、でも、めんどくさいことは嫌いだし、普段は絶対に追うようなことはしてませんよ。
自分に火の粉が降りかかりそうな時だけです(●´ω`●)
私の場合、勝手に人様のプライバシーを追ったりしたら、見えない世界での「返り」が怖いからね;


CIMG8765.jpg
参道の下道。


で。
その批判メール送ってきた人はね。
実は以前にも、メールを送ってきていたんです。

私がオルゴナイトの作り方を掲載した時。
その時に、渦巻きが入ってないのでは?とか言って、いちゃもんつけてきた人なんです。
アドレス同じ!(笑)
アホくさーw

しかも私、その時返信したんですけど、思いっきり受信拒否されたんです!!!!
PCアドレスだったので、届かなかったわけじゃなくて、あきらかに意図的。

でも。
その後の神社での話の時は、もしかしたら読者さんたちの中でも心配してる方がおられるかもしれないと、ふと思いました。
それで、批判メール読んだあとで、この記事を書きました。

神社での写真撮影について

なので、読んだらわかると思いますが、これは特定の人に向けて書いたわけしゃないんです。
あの記事にはそういう背景があり、読者さんたちに誤解されないようにと思って書いたのです。
でも、これで安心してもらえたかなと思いました^^

それに、批判メールを送ってきた人にも、これでようやく自分の思い込みだったと、そう理解してもらえるだろうと思ったのです。
皆が納得できる形になったかなと思いました。

ところが…!

あの記事の次の日に、今度はさらに批難するようなメールが届きました…!


あ~~(・∀・)と。
長くなったので次回に続く~~!サーセン☆



ポチッとお願いします♪ たまにはウリエルで♡

人気ブログランキングへ 応援ありがとです♪

関連記事
スポンサーサイト

批判メールを送る人(2) «  | BLOG TOP |  » ウチの守護さんの言うことには☆(ホカロンさん)

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

本日のぼそり

(24日23時45分頃にぼそり) 新潟の友人がとある店(ネットショップとかじゃなくてガチでリアルの店舗)を始めることになって、色々相談に乗ってたんだけど、他の知人に「店の名前とか霊能者に視てもらった方がいいよ!」と言われたらしく、友人はそういうのが嫌いなタイプなので「ねえ、どうしたらいいと思う?」って聞いてきた。「えー面白そうじゃん?」って言ったら「だって一万円だよ!高いよ!」って。。だよねぇ;スピ系嫌いな人にしてみたら高いよね。価値観ってそれぞれだもんなぁ。「保険っていうか、一万円で安心を買うようなものかもね」と言ったら「わかった、もう一回考える」って言ってた。で、結局視てもらったらしいけど「ケッ!!!!!」っていう印象だったそうな(笑)こういう人は行かなくても大丈夫だと思うんだがな(=∀=)でもお店うまく軌道に乗っていくといいなぁ(●´ω`●)オープンしたらひやかしに行こう♪

(23日23時45分頃にぼそり) はいな~~(・∀・)ノ描いてまっせ描いてまっせ!今はひたすら描いてまっせ!頑張ってるんだぜ!YEAH☆  でも眠い~~、ジミーの高校は学食があったから、お昼の弁当は要らなかったのに~~;毎日の早起きが地味にキツイよう( ;∀;)これを機に夜行性ヤミコから朝型ヤミコになるべ~か。しかしまぁ、健康的な生活が似合わないという、スピの風上におけない人間( ̄▽ ̄*)

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (28)
音楽の時間 (2)
たまにはスピな話 (78)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (21)
こんな天使は嫌だ! (36)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (152)
神社仏閣 (31)
守護存在について (13)
ものの見方・捉え方 (12)
石系 (25)
お知らせ (54)
未分類 (135)
やみすぎ都市伝説 (1)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123