ヘッダー

2017-03

(2)この世界の仕組み(ディスクローズ) - 2017.03.19 Sun

「ディスクローズ」

それは 端的に言うなら、
公に開示されることのない、隠された機密情報などを明らかにすることです。
これからの時代は、様々な分野で「隠蔽」や「秘密」とされていた不透明な部分が 、だんだんと透過されていくことでしょう。
 

では、前回からの続きです。→ (1)この世界の仕組み(前置き編)


earth-405096_640.jpg


何から書いていいのか、どうしたらわかりやすいか、よくワカランことになってます。
話があっち行ったりこっち行ったりするかもですが、そこは勘弁してくだされ^^
さあ。
皆さんの類い稀な読解力を、今こそ存分に発揮する時ですっ(笑)

今日はまず、本筋の話ではなく序章的な話からまいりますヽ(´▽` )
ぶっ飛び過ぎてて、たぶん一般的な人は信じられないだろうなぁ~という感じの内容ですw

それでは、地球を取り巻くグリッド のことから。。


グリッド


地球の周りには、電磁的グリッドが3つあります。

1つめは、先住民の人々がアクセスしているグリッド。
2つめは、人間をコントロールしているグリッド。
3つめは、修復作業がようやく終わったもので、融合意識、キリスト意識のグリッド。

これはすでに、ご存じの方々がいらっしゃるかもですね。
問題は、2つめのグリッドによって、我々は長年にわたりマインドコントロールされてきたということ。
OMGーー!ヽ( ̄□ ̄;)ノ いきなり嫌な話ですよね(笑)

もちろん、認めたくなければ否定したままでもいいのです。
しかし、残念ながら事実です。

考えてもみてください。
電磁的なエネルギーが人間に多大な影響を与えることくらい、容易に想像できますよね?
このグリッドを制すれば、人間を洗脳しやすくなるわけですよね?

電磁波について → (1)電磁波過敏症の謎 

このグリッドの交差する地点の下には、必ず軍事基地が設置されてあるそうです。
どれだけ反対運動があっても、特定の場所に軍事基地を置きたがるのは、理由があるんですね~。

どうやって人間たちを支配下に置くか。
それは…


メディアを使います。


実は、テレビからは、ある一定の周波数が常に流れているのです。
自宅にテレビあるでしょう?

え?
普段は主電源を切ってるから大丈夫って?

コンセントが繋がっていれば、微弱であっても流れています。
テレビ本体そのものからも。
どんなにわずかであっても毎日のことであれば、放たれる周波数から多少は影響受けるでしょう。

Sさんは、それを知った時すぐさまテレビを捨てた、と笑っていました。
まぁ、テレビだけじゃなく(テレビの無い時代からですので)他にも色々あります。

たとえば、
提携している施設、公共で目に入るデザイン、広告媒体など、私たちが気にも留めてないような日常。
その日常の中で、少しづつ少しづつ「洗脳」されているのです。

大企業のビルの模様だったり、有名な施設の外観に施されていたり…
まさかそんなものが何の影響力を持つの?と、笑われてしまいそうな所も。
(具体的に名称も聞きましたが、これは今は伏せておきます)

細部の細部に至るまで、この世界は支配された牢獄だったのです。

もうね、この時点で今までの私であれば、鼻でせせら笑って終わりでした。
でも…
あきらかに今現在、何かが変わってきているという確信があったので、とにかく最後まで話を聞いてみて判断することにしたのです。


この辺のことは『コズミックディスクロージャー』あたりにも掲載されてるかもです。
番外編的な感じで、今度そのことも書けたら書きたいけどね(・∀・)


で、どうやら何らかのルールがあるらしくて。
「彼ら」は地球に(つまり人間に)何かをする時、予告をしなければならないらしいのです。

たとえば、実験するよーとか。
たとえば、誘拐するよーとか。(こんな予告ではないがw)

黙って行うことは許されないらしく、一応ちゃんと予告はするそうなのです。
ただし、公には出ていけませんので、やはりメディアを使うのです。

映画などですね。
映画には、実際に地球での「予告編」のものがあります。
ドキュメンタリー映画という意味ではありません。
単なる作り物のお話ではないものが多々あるのです。


517z62k83QL.jpg


皆さんだって、おわかりでしょう。
「これ、ホントにありそうだなぁ」と思った映画、見たことあるでしょう。
ハリウッドはかなり「彼ら」の手が入ってるそうなので、操作はしやすいでしょうね。


51vIT4WO4CL.jpg


問題は、なぜ我々が操作されなければならないのか。
そんなことをして、いったい誰が、何の得になるのか。

目的がなければ、こんな地球規模の大掛かりなこと、普通できませんよね。
「彼ら」とは何なのか。

そう、「彼ら」の正体は… 『カバル』。


ここで言う『カバル』とは「レプタリアン」のことです。


(※他では「レプティリアン」と書かれてありますが、Sさんが「レプタリアン」と言ってたので、そのまま使います)

ちょっと話は変わりますが。。
宇宙には、25万種以上の宇宙生命体が存在しているそうです。
地球に来ているのは、アメリカだけで 56種ほど。

我々が「宇宙人」と呼ぶ存在ですが、当然ながら地球人から見て、良い存在も悪い存在もいるそうで。

世間では「レプタリアン」というと、どれも同じイメージで語られてますが、実際はレプタリアンにも数多くの種族が存在しているそうです。
地球には他にも色々とETが来ていますが、一部のレプタリアン、つまり「グリッドで人間をコントロールする彼ら」のことを「カバル」というそうです。

カバルは、爬虫類系のETで、人間に成りすますことが可能です。

しかしなぜ、カバルは人間を操作するのか。
しかもなぜ、そんなことが出来るのか。

今まで私たちが、どれだけ情報操作されてきたか。
ここまでの話では、まだわからないと思います。

そもそも私自身が、爬虫類系宇宙人だの、イルミナティだの、そういうの聞くだけでウンザリしてた人間なので、まさか自分がこんな記事書くなんて、ちょっと信じられないというか何というか…(笑)


さて。
序章は終わりましたが、長くなったので、この辺で。。。

次回があれば、いよいよ「世界のシステム」の話を…^^



【お願い】
このシリーズ記事の時だけで結構ですので、もっと読みたい、続きが気になるという方は、
下のバナーの絵をクリックしてください。

個人的には、こういう話がもっと拡がればいいなと思ってます。
もうディスクローズの時代だからね。

スピ系統の情報は自分の手柄のように抱えず、もっと開示して、SNSだったらパクって(おっとw)
帰属表示してどんどん拡散したらいいと思います。もっと横とつながらなきゃね☆

私のこと嫌いなアンチでも、今までこのブログ読んだことがなくても、通りすがりの一見さんでも、
この記事は、自由に閲覧して判断してください^^
情報は 誰もが等しく知る権利があります。


後で全文削除するけどな(笑)

それか、鍵かけるかだな(゚∀゚)


では、クリックが一定数に達したら、続きを書かせていただきます。
達しなかったら、東京でお茶会しませう。
では、よろすくお願い致します~~♡( ´ ▽ ` )ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪

※メールありがとうございます!
返信できないけど、ホクホクしながら読ませてもらってますYO☆彡



関連記事
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (28)
音楽の時間 (2)
たまにはスピな話 (77)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (36)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (152)
神社仏閣 (31)
守護存在について (13)
ものの見方・捉え方 (12)
石系 (25)
お知らせ (52)
未分類 (135)
やみすぎ都市伝説 (6)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123