FC2ブログ
ヘッダー

2013-05

テイルズ オブ ヴァンパイア(最終章) - 2013.05.27 Mon

<第3章からの続き>


グリちゃんの事だけが私には気がかりでした。

「ホントにどうしちゃったんだろう。なんで普通にコンタクト出来ないんだろう…」

私はかなり不安になっていました。
今までは意識を合わせるだけで簡単にアクセス出来ていましたから…。


いえ…。
本当はわかっていたかもしれません。
でも認めたくなかったし、見たくなかったのが本音かもしれません。


寝る前にお布団の中で瞑想して、体の中に意識を張り巡らせてみました。


…グリちゃんがいる気配です。
わずかながら、グリちゃんを感じます。


彼はなんだか弱ってるように見えました。



体の中にいるのですから、いつもの大きさでもなければ視覚的に見えるわけでもありません。

でも、感じるのです。
自分の体の中ですから、やはり感じるのです。


私はそっと話しかけてみました。


「グリちゃん…?」


そして、彼の一挙手一投足に意識を向けましたが…
グリちゃんは浅い呼吸をしながら、笑顔をこちらに向けました。



ああ、グリちゃん。グリちゃんだ。


やっとまともに繋がった感じがした、その瞬間。


グリちゃんの意識や情報がこちらに流れてきて、私はその場で固まりました。






「私のせいだ…!」




嫌な予感の通りでした。

…もうお分かりでしょうが、グリちゃんは私を守るために体の中に入ったのです。


私がずっと、Aさんとのことで自己嫌悪に陥ったり、自分を責めたり、彼女をいまいましく思ったりして、
「考えたくない」と思ってても、Aさんの事を考えてしまっていたのは、コードが繋がっていたからです。

コードが繋がっている時は特に、相手の感情も入ってきますし、悪いものが一緒に来る可能性もあります。
負の念、サイキックアタック、生霊…。
本当にね、死んでる霊の方がまだ楽なんじゃないかと思います。

もう…体の中に入らなければ、外からでは守れないレベルになっていたのでしょうか。



「グリちゃんごめん!ホントにごめんね!もういいから!!もう出ていいから!!!」

私は何度も何度も、グリちゃんに言いました。
でも、グリちゃんからは返事がありません。

「グリちゃん!お願いだから出てきて!!」

グリちゃんは力無く、それでもなんとかニッコリ笑って、私を安心させようとしているようでした。


……なんてことだろう。

私のせいでグリちゃんは、こんなにも弱ってしまった。
私の守護のためとはいえ、彼は自分のエネルギーを私に流していたようです。




これじゃ、ヴァンパイアは私じゃないか!!



私はなんて不甲斐ないのか。
グリちゃんに対して何もできない。
それなのにグリちゃんは…。


なぜここまでできるのだろう。
なぜこんなにも気高いのだろう。

もう私は自分が情けないやら、申し訳ないやら、切ないやら、悔しいやら…
もう彼にかける言葉もなく、口から出てくるのは嗚咽だけでした。


………


それからもしばらくこんな感じの状態が続き…。


私は弱ったグリちゃんを見るのが嫌で、そのうちあまり意識を合わせなくなりました。



最低です。
最低。

私のせいで弱ってしまったのに。


………


そんな感じで半年くらい経った、冬も終わりの頃。
グリちゃんの事を思い出さない日が多くなった頃。




「ねえ、おかあ。この曲すごくいいんだよ。声どうよ?聴いてみ?」

突然、娘がある曲を勧めてきました。

「え~;アンタとは音楽の好みが違うからさ~…」と言いながらイヤホンをつけ、再生してみたら…


イントロが流れた瞬間、体中に電撃が走りました。



「グリちゃん!!」



これはグリちゃんからのメッセージだ!

なぜか強くそう思いました。


そして、聞きながらグリちゃんの気配も感じました。


グリちゃんだ!
絶対グリちゃんだ!!


その曲の内容は、ある男の子の彼女がアイドルになっちゃった話で、私やグリちゃんとかぶるような部分は
全くありません。
でも、たった一言、曲の中のたった一言を伝えるが為に、お膳立てしてくれたようでした。

私にはその想いがちゃんと伝わりました。


普段なら全然聴かないタイプの曲ですが、この時ばかりは涙が溢れて止まりませんでした…。






「大抵の事じゃ 挫けない 僕は君と共にある

ねえ僕はここだよ どんなに小さな存在でも

君が犯した過ちに 刺し殺されてしまっても

ここに いるからね」



…私がいきなりボロボロ泣き出したので、娘はビックリ&ドン引きしてました(笑)


ありふれたフレーズかもしれないし、他の人からは勘違いじゃない?って言われるかもしれない。
でも間違いなく、グリちゃんだったのです。



やっぱり久しぶりにグリちゃんからのアクセスは嬉しくて…。
ハートチャクラから全身に嬉しさが広がっていくようでした。


………


その後。
少しづつですがコンタクトできてるな、と思います。

まだ会話は、前に比べたら全然少ないですが、たまに存在をアピールしてきます。元気も戻ってきてます。
最近の記事に自分の話が出ているからでしょうか、すごいノリでしたww

子供がお腹にいる時『胎動』といって、赤ちゃんがお腹を激しく蹴ってきたりするのですが、ひどい時は
手に持っているお皿を落して割ってしまうほどの衝撃があります。

グリちゃんは赤ん坊ではないし肉体もないので、そこまでではないのですが、どうやら体から出たり入ったり
する時に「ボコボコボコ」って膨らむような感じがします、私側は。
なんか結構ハイテンションだったご様子で嬉しい(・∀・)♪



今まで申し訳なさすぎて、旧ブログの最後の方でもグリちゃんの事をあまり書けなくなっていました。

もちろん今でもその気持ちはすごく根深く残っていますが、こんなになっててもまだ側にいてくれる彼の崇高な
意識を感じると…

「これからもっといい関係を築いていけばいい」

そう言ってくれているような気がするのです。

だからもう自分を責めないことにしました。

そして、グリちゃんという素晴らしき存在がついてくれているという事に、あらためて感謝しました。


………


『エネルギーヴァンパイア』なんてものをテーマにしましたが、皆、取ったり取られたりもらったり与えたり、
そうやってお互い様で学んでいってるんですよね。
今回こうして自分で記事にしてみて、再発見やら新発見やら。



最後に、この場を借りて…。

Aさん、ありがとうございました。どうかAさんが幸せでありますように。

サオリどん、魔法の言葉で憑き物とれた!すっげえ助かったよ。ホントその節は元気をありがとう!

大好きなグリちゃん、護ってくれてありがとう!!!



そして。

皆様と皆様の守護さんがハッピーでありますように♪



ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
      ↓
精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きなヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通して感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

カテゴリ

漫画やアニメの話 (10)
ヤミコんちの話 (32)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (109)
ちょっとシリアスな話 (22)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (40)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (180)
秘密結社【闇月】受講生の声 (16)
神社仏閣 (37)
守護存在について (14)
ブロック解除・物の見方、捉え方 (46)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (9)
石系 (38)
都道府県をディスる! (1)
お知らせ (82)
未分類 (168)
やみすぎ都市伝説 (0)

当ブログの人気記事

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Google+1