ヘッダー

2017-10

試されること - 2017.09.19 Tue

どもども(・∀・)/ヤミコっちです☆

秘密結社の講座がめっちゃヒートアップしておりまする~~!!!!!
いやぁ~~楽しいっすね~~!

ま、その話はまた今度^^

以前書いた記事なんですが、先日の記事 自己犠牲は良くないのか? と多少似てる部分がありまして。

合わせて読んでもらうと良いかなということで、再度掲載してみたいと思いまっす(*´▽`*)
以下抜粋です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆  

地味にご質問などをいただいていたりするので、今日はそのご返答をば。

自分の感覚として書けることは真摯に誠実に書くつもりですが、
私の主観… つまりヤミコフィルターがかかっているということをご承知おきくださいね(´ー`*)


CIMG5839.jpg


『ヤミコさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
お忙しい中、失礼かもしれませんが、ちょっとお聞きしたいことがありまして・・・。

前にぼそり欄で、“試金石”と書かれているのを目にしました。
私は試されるということに、少し違和感を感じるのですが、誰が試しているのでしょうか?
宇宙?神様?守護天使様?

辛いこと、逃げ出したいこと、これらはすべて試されていることなのかもわかりませんが、正直な気持ちを言えば、試されているのだとしたら私は何だか少し不愉快な気がします。
そう思う私に問題があるのでしょうか?

ヤミコさんはどれが試金石で、どれがカルマか、どれが使命か、区別しておられるのですか?
お手が空いた時にでも、お返事いただけたら幸いです。
これからも楽しみにしてます。』



…という、とうこさんからのご質問です。わ~~~お☆( ̄▽ ̄*)なんてヘヴィな!(笑)

きっと私と同じで真面目な方なんだと思います。ハイ。
なので私も真面目にお答えしますね^^

ぼそり欄を読んでない方もいらっしゃいますし、私自身も何書いたか覚えてないので(オイ;)まずは簡単に「試金石」の説明をしまっす。


【試金石】
石英質やケイ質の黒色岩石。金や銀などの質を見るため、傷跡をつけて線条痕で判別する。
読んで字のごとく「金かどうか試す石」である。


試金石


世の中でさまざまな出来事を総じて「これはきっと試金石なのだ」と、たとえられる言葉です。
つまりは、比喩の表現の一つとしても使われているわけですね。
壁にぶち当たった時や、試練と思われることに遭遇した時など、私もよく使います。

で、ご質問を整理しますと、複合的な問いになってるかと思うのですが。。

・「試される」ということが本当にあるのか。
・「試される」ということがあるとしたら、誰が試しているのか。
・「試される」「カルマ」「使命」など、区別がつくのか。


ご質問の内容が内容だけに、ちょっと厳しい意見かもしれません。
先に謝っておきます。ゴメンナサイ(;´∀`)ゞ では、結論から言います。


「試される」ということは、大いにあります。


「試される」なんて御免だね、という人は他にもいらっしゃるかもだし、気持ちはわかります。
私なんてホント、何度心の中で絶叫したことか(笑)
でもこの三次元の地球にいる以上、試されるのは仕方のないことであり、当たり前のルールだと私は思っています。

逆にお聞きしますが。。
なぜ試されるのが嫌なのでしょうか?
なぜ不愉快なのでしょうか?

「試される」ということを「いじわる」されているようなことだと認識していませんか?

私は、それは違うと思うんですよ。
それは人間側だけの一方的な理論かなと。
物事は多角的に見ないと視点が偏っちゃうのでね。

試されることは、誰かに意地悪されていることではなく、ステップアップの扉にすぎません。
良いこととか悪いことなどの概念で語ることではないと思うのです。
「試される」ということは、人生の節目節目に来る、「試験」みたいなものです。


たとえば…
一生懸命に独学で医学を勉強して知識を身につけたからといって、医師免許を持ってないのに勝手に診察したらダメでしょ?試験受けなきゃダメでしょ?
医師免許持ってない医者なんてブラックジャックだけなのよさ(/・ω・)/

車の免許だって、道路交通法と運転の知識があったら、公道走ってもいいよ~なんてルールはないですからね。どんなに急いでいても、いかなる事情があろうとも、無免許運転はアカンでしょ。

人間界のルールや秩序を無視して、人情論や精神論だけで勝手なことはできないんですよね。
試験に合格して、そこではじめて次のステージに進むことができるわけです。
三次元ではむしろ大事なことです。
嫌でもやはり必要なことだと思いますよ。


自分が今どの辺に立っているのか。
どんな風に成長したのか。
どこまで今生の宿題が終わったのか。

自分を試し、自分を知る機会は、人生の随所で必ずやってきます。

嫌だろうが辛かろうが、人間という生き物は、熱いうちに叩いて、より良い鉄になっていくようにできています。叩いていくうちに曲がってしまったら、また熱して溶かして、やり直しです。

どうせ来る実力試験なのです。
「来るなら来いや!!」って思ってた方が、苦境に立っている時など、私は踏ん張れましたよ^^


で。
ヤミコは仏教好きな人間なので、以前はよく仏教系の本を読んでましたが…。
そこではたくさんのたとえを用いて、仏さまが人間を教化するお話が載っておりました。

その内の一つに、「尸毘王(しびおう)」の話があります。
尸毘王は、お釈迦さまの過去生の一つです。


ある日、鷹に襲われている鳩を見た尸毘王は、急いで鷹を止めに入りました。
しかし、その鳩を食べなくては自分は飢えて死んでしまう、と鷹は言います。
それを聞いた尸毘王は、鳩と同じ分量の自分の肉を切り取って鷹に施します。

天秤の皿の片方には鳩。もう片方には王の肉片。
はかりには平等の重さの肉が乗っていなくてはなりませんが、なぜか鳩はどんどん重くなります。
尸毘王は肉を切っても切っても、鳩の重さになかなか追いつきません。
王の体からはみるみる内に血肉が減っていきましたが、慈悲の誓いを立てた王は、とうとう残った全身を天秤の皿の上に投げ出したのです。

でも実は、鷹は帝釈天で、鳩は毘首羯磨天(びしゅかつまてん)でした。
変化(へんげ)した姿で現れて、尸毘王の慈悲心を量り試した・・・という説話です。


誰が試しているのか?
それは、諸天諸菩薩です。

わかりやすく言いますと、守護天使、守護神、万物にあまねく遍在する神など、諸々の存在です。
その時々、その状況、その分野に応じて各々が役割を担ってくれています。
(現実的には、周囲の人間を動かすことが多いと思いますが)
そして、それを許可しているのは他でもない、潜在意識の中の自分自身です。


「試金石」「カルマ」「使命」・・・その区別の仕方は、個々で変わると思います。
だって、たとえば自分が「これは私に課せられた使命なんだわっ」とか思っても、ぶっちゃけ確証なんてどこかで得られるものではありませんからねぇ。
実際には区別することは重要じゃないです( ̄▽ ̄)ただ、大事なのは…


モチベーションの問題☆


私は辛い時、必死に自分を鼓舞するアファメーションを言います。
私は弱いのでなおさらです。
でも、自分の弱さを認めて受け入れるのも、やっぱり自分なわけだからね。  

何かあるといつも、「私は今、試されているんだ・・・よし!ステップアップのチャンスだ!」と、泣きながら必死に言い聞かせてます。ま、私の場合、これが一番合ってるってことですが。。


ご質問いただきましたとうこさんが、もしも「試金石とかは嫌だ」と思うなら、「乗り越えるべき課題」でも「カルマの返済」でも、他の意見でも、自分なりにモチベーションの上がる独自の解釈をしていいと思います(´▽`)

私は持論を書くだけで、正解をお答えすることはできません。
もしかしたら人の数だけ正解があるのかもしれませんしね。…なんかくさいセリフ言ってるっぽいけどw


…というわけで、チョイと真面目に答えてみました。
とうこさん、ご質問ありがとうございました☆ こんなんでOKじゃろか(゚∀゚)ゞ

久々だからか、長くなりましたが(←いつもだってw)
これにて失礼~・:*:・ヾ(*^v^*)ノ 


以上、2015年1月15日の過去記事でしたとさ^^
仏教の話は今後もちょいちょい出していきますぞい。

それでは、今日はこれにてドロンッε=(ノ・∀・)ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


スポンサーサイト

自己犠牲は良くないのか? - 2017.09.16 Sat

よくスピ系やメンタルヘルス的な話で、「自己犠牲は良くない」という意見を見かけます。
そこで私、あり?σ(゚∀゚;)と思いましてな。

もしや、世間様と私とでは「自己犠牲」の解釈が違うのでは?
…というわけで。


『自己犠牲』


この言葉から受ける印象が、ただの「我慢」みたいに感じるのは私だけでせうか(-ω-)
言葉の意味が時代とともに、なぜか変わってしまうことってありますよね。

一般的に近年使われている「自己犠牲」。
宗教観からの「自己犠牲」。

この二つは微妙に違うのだよ、明智くん✧(・ω・)ノ

いや、本当は一つだけなんだけどもさ。
都合のいい解釈がなされて、本来の意味が曲がってしまったようです。

ここをごちゃ混ぜにしてると話が噛みあわなくなりますので、ちょいと整理しましょかね^^
あ、言っとくけど、今日も長いよ!(笑)


angel-2665661_640.jpg


あくまで便宜的な説明ですが、自己犠牲を①と②に分類してみまっす☆

「私が自分の意見を口にするのは、ワガママなんじゃないか…」
「自分さえ我慢していれば、この場が丸くおさまるんだから…」


う~~ん、気持ち超わかります~~(*´Д`)
これ、いわゆる一般的に言われている「自己犠牲①」ですね!

これ絶対あります~~。 しちゃうよね、この選択。
私も過去にこういうシチュエーション結構ありました…orz

でね、
実際「自分を犠牲にしてる」という自覚なんて、皆ないんです。
そうすることが当たり前で生きてきたから。

たとえ自覚してても、それは仕方ないことだと思っちゃう。
そうしなきゃこの世の中じゃ生きられないと思ってるから。


「わがまま」=悪いこと・忍耐力の欠如
「言いたいことを言う」=自己中心的・後のこと考えてない



こう信じてるから。
それをするのはいけないこと、ダメな社会人、という認識になってしまってるから。

植え付けられた「ブロック」って、それだけ強い拘束力を持っているんですよね。
でもそこから解放されないままでは、本来の「自分力」は出てこないのだ。

だからこそ「自己犠牲はやめましょう」って事なんでしょうね。
それは、①のことを指してるんだと思います。

「妥協」
「我慢」
「協調性」
「調和」

これ、全部同じ意味だと混同してませんか?
でも意味って、それぞれ違いますからね。

前にも書きましたが、我慢は美徳じゃありません。

言いたいことも言えず我慢して、周りに合わせて出来たもの。
なのに、そこから「調和(ハーモニー)」なんて生み出されると思います?

(ヾノ・∀・`)ナイナイ  

自分が我慢すればいい結果が出ると思うのは、気のせいです(笑)
美化したいだけさ。

あーまたキツイこと言っちゃったw

でも。。。
実は、世の中にはホントに「自分が犠牲になった方が皆にとって良いケース」があります。
それが②の自己犠牲。


god-2012104_640.jpg


イエス・キリストがなぜこれほど年月を経ても、ここまで信仰の対象になるのか。
それは、あまりにも尊い「自己犠牲②」を、身をもって示したからです。

磔刑になったのは当時の政府の迫害だと言われてますね。

イエス・キリストの素晴らしい話も、多くの民衆にはまだ理解できずに批難されてしまいます。
政府と、政府に乗せられた民衆。
そうしてイエス・キリストは吊るし上げを食らい、磔刑となったそうな。

と。
まぁ、聖書の内容が本当にあったことかどうか。
実はそこって、信仰にとってあまり問題じゃないんですよね(・ω・)不思議だけど。。。

だけど日本人もそうでしょ?
皆さん、神社好きな人多いでしょ?

でも、古事記に書かれてることが本当かどうか、ぶっちゃけ どうでもいいでしょ?(おいw)

スサノオが生きた馬の生皮を剥いで、血まみれになった馬を機織り小屋に投げ込んだ?
そのとき、機織りをしていた娘がビックリして死んでしまった?
そして、弟のその乱暴さを嘆いて、アマテラスは岩の中に隠れてしまった?

まさかこれ、この話の通り、そのまま信じてる人いないよねぇ???
いたらビックリだわ(゚Д゚)

本当にあったことかどうか、信仰者って そこはあまり気にしてないんですよね。
ただ、何千年経っても人々から崇められる対象が必要なんでしょう、宗教的意義では。


雪山童子
継松寺 「雪山童子図」 曾我簫白画 


むか~~しむかしのこと。
冬のヒマヤラの山奥に、一人の求道者がおったそうな。

その者の名は「雪山童子(せっせんどうじ)」。
衆生の幸せや利益となる教えを身につけようと、一身に修行に励んでいました。

その様子を帝釈天は、いぶかしく思って眺めておりました。
どれだけ悟りを開こうと苦行を望んで来ても、険しい山奥では毎日が死と隣り合わせ。
誰もがすぐに求道の心を失ってしまいます。

車に車輪が左右ともあれば、物を乗せて運搬できる。
鳥に双翼があれば、空を飛ぶことができる。

修行者も同じく、戒を保っていても、正真の智慧が無ければ、悟りには到達できない。
そこで帝釈天は、雪山童子が修行を全うできる人物かどうか、試してみることにしました。

見るも恐ろしい羅刹の姿に変化して、天から雪山に降り立ちました。
そして童子に近寄り、過去に仏が説いた「偈(げ)」を唱えました。

「諸行無常(諸行は無常なり)」
「是生滅法(これ生滅の法なり)」


羅刹が偈を半分だけ唱えると、それを聞いた童子は大いに喜びました。

童子「大士よ、あなたはどこで過去の仏の説いた偈文を聞いたのでしょう。その偈文は過去・現在・未来の三世に渡る仏の教え、真実の道です。世間の人間でさえほとんど知ることのない教えです。本当にどこでその偈文を聞いたのですか」

羅刹「出家者よ、そんなことを聞いても無駄だ。私は、もう幾日も食べ物が手に入らないので、飢えと乾きで心が乱れてでたらめを言ったのだ」

童子「大士よ、もし残りの偈文を説いてくれるならば、私は終生あなたの弟子になります。先ほどの偈文だけでは字句も不完全だし、義も尽きてはいません。どうか残りの偈文を教えてください」

羅刹「出家者よ、私は飢えて疲れているから、説くことができないのだ」

童子「大士よ、あなたは何を食べるのですか」

羅刹「私の食べ物は、人肉だ。飲み物は、人の生き血だ」

童子「大士よ、話は分かりました。残りの偈文を聞くことができたら、私はこの肉体をあなたに差し上げましょう。たとえ天寿を全うしても、どうせ、私の死体は獣か鳥に食われるだけです。しかも、食われたからといって何の報いがあるわけでもありません。それならば悟りの道を求めるために、この身を捨てる方が良いでしょう」

羅刹「では何か。わずかな偈文のために肉体を捨てようと言うのか。しかし、そうは言っても誰も信じないだろう」

童子「あなたは無智ですね。瓦の器を捨てて七宝を得ることができるなら、誰でも喜んで瓦を捨てるでしょう」

羅刹「お前が本当にその身を捨てるというなら、残りの偈文を説いてやろう」

その言葉を聞いた雪山童子は、法座を設け、身につけていた鹿皮を脱いで、座に敷きました。

童子「大士よ、どうかここにお座り下さい」

そう言うと、合掌してひざまずき、残りの偈を待ちました。
羅刹はおもむろに、残りの偈文を説きました。

「生滅滅已(生滅滅し已て)」

「寂滅為楽(寂滅を楽と為す)」



羅刹「出家者よ、お前はすでに偈のすべてを聞いた。願いはかなえられたのだから、約束通り私に肉体を施してくれ」

童子は覚悟が出来ていました。
ただ、このまま死んでは人々に何も残せません。
手当たり次第に石や壁、樹木などに、この偈文を急いで書き留めました。

そして高い木に登り、意を決して、地上へとその身を投げました。
しかし。

童子の体が地に落ちる前に、羅刹は帝釈天の姿に戻り、空中で童子の体を受け止めたのです。
羅刹と、諸天諸菩薩は、雪山童子の前にひれ伏しました。
そして、求道心を試したことを心から詫びました。

わずか半偈のために身を投じた求道者、雪山童子。
雪山童子は、お釈迦様の過去生の一つだと言われています。

この話から、「諸行無常 是生滅法 生滅滅巳 寂滅為楽」を、『雪山偈』と呼んでいます。



これが本当の「自己犠牲」です。


「NO」と言えないだけの意志の弱さを「自己犠牲」とは言いません。

善人ぶりたいエゴからの偽善。
嫌われたくないという恐れからの行動。
嫌だけど私がやらなきゃやる人がいないんだ、という過剰な自意識。

それらは自己犠牲ではありません。
優しいからとか、断われない雰囲気だからとか、それは自己犠牲と言うより…


「自己欺瞞」です。


自分で自分に嘘をついてるだけ。
失礼なこと言われても 笑ってごまかして反論できない自分を正当化したいだけ。

あ、別にそれが悪いって言ってるんじゃないですよ(*´Д`)
さっきも書いたけど、私も身に覚えありすぎだからw

ただ、同じ「自己犠牲」って言葉でも、全然意味が違うってこと。

心の底から自分が納得し、他人に施すことが喜びとなっていること。
それがホントの「自己犠牲」です。

自己犠牲って、ホントはとても尊いことなのです!

まぁ、お釈迦様のようなことは、凡人にはなかなか出来ることじゃありませんが。
この、ホントの本来の「自己犠牲」の精神。

これに近づくためには、まず余計なブロックを外すことが、簡単で早道になります。

うん、やっぱりここに着地したね(笑)


では、最後にまとめ。

①の自己犠牲とは、弱さ・優柔不断が動機。
②の自己犠牲とは、他者のために尽くす喜びの発露からの行動。

本来の「自己犠牲」とは②の方であり、正当化のためなのか、現代では意味が①に変化。
変な思い込みがあるままでは、心の底から人々のために命を賭すことは出来ない。


ということですな☆

最近多い質問が「ブロック」に関してのことなのだよ、明智くん (`・∀・´)
なので、またそれ系のことも書いていきますね~~^^




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


スピ能力の育て方(3) - 2017.08.05 Sat

自分のタイプはどっちだろう?

巫女体質と審神者体質 ← はて、どっちにも当てはまる気がするような…w

そういう方もいらっしゃるようで^^
な・の・で!
今回はタイプ不明な方向けに、ちょこっと足して説明致しまっす♪ヽ(´▽`*)


cat-1792627_640.jpg


前回からの続き。

1、スピ能力の育て方(1)
2、スピ能力の育て方(2)

地球には「地球の法則」というものがあります。

それが、『地球は二極性である』ということ。→ ツインという概念


地球に「命」が生まれる時、男性と女性「二つの性」に分かれる。
そして、その命の中には、「光と闇」の両極があって。。。
相反する性質は、必要不可欠な「極」ということなのだ。

それは、お互いに補い合い支え合う「完全性への到達」という学びのため。
(※ちなみに、ゲイやレズの人の場合、「性という枠を超えた愛の表現」ということであり、マイノリティーだからと言って、特別視することも差別することも必要ないです)

闇のない人はいないし、逆に闇がないということは、光もないわけですからね。

陰(女性)と陽(男性)、凸の形は、凹にピッタリと合わさる。
この「融合」が、どんなスゴイ結果をもたらすか、というと…


「宇宙の誕生」です✨


「生命」が宿るわけですよね。
考えてみたら、すごいことです。
自分だけでは成し遂げられないこと。

愛し合うこと。
足りない部分を補い合うこと。
気持ちよくて、幸せなこと。

その結果、宇宙を創造してしまうんですから、我々って無双やん(笑)

だから闇があることも、恥じることなど無いんですよ~~。
必要だから持ってるんですよ~~(*´ω`*)

で。
そんなこんなで「二極性」の話から、巫女体質&審神者体質の話に入っていきますが…

話の流れがあるので、このまま続けますけどね。
思ったんだけど、別に「スピ能力」を育てるような話ではないです~~(笑)
でも、前と次の関係で、このままじゃないとアレなんでw

まぁ気にしないで、いってみよ~~~!


まずは、前回書いた「特徴」をおさらい☆

巫女体質の特徴としては…

・気分の高揚が割と激しく、情緒不安定気味の時があるが、無垢。
・人と話していて、ふとどこかに意識が飛んでしまう時がある。
・若干、奇行種。謎な行動をとったりして、自分でも自分がイマイチよくわからない。
・たまに咳込む。たまに吐き気ももよおす。
・ボ~ッとしやすく、聞いたことを忘れやすい。
・体重が変動しやすい。見た目や声がその日によって違う。
・たとえるなら、役者・女優タイプ。


次。
審神者体質の特徴としては…

・ある程度の知識があり、智恵もある。
・理論的かつ効率的な発案・企画ができるが、小狡い。
・感情を抑えて理性を優先しがち。
・人と話していて興味のない話題の時は、あえて意識をどこかへ飛ばす。
・協調性を重んじるため、場の空気を深読みし過ぎる。
・普段から冷静で、自分で自分がよくわかっている。
・たとえるなら、監督・演出家タイプ。



はい。
前回はここまででしたが、もうちょっとだけ補足ね^^

他に、巫女体質の特徴としては…

・思ってることを言葉にするのが上手くない。もしくは苦手。
・人を怒らせるのが得意。
・占いが好き。
・待ち合わせ時間に、たまに遅刻する。
・よく落ち込む。


で。
審神者体質の人の特徴としては…

・思ってる事を言語化するのが上手い。もしくは得意。
・イライラしやすい。ピリピリしてる。
・占いは信じない。
・5分前行動。遅刻する人が嫌い。
・落ち込むことが嫌い。


…と。
ま、こんな感じでしょうかね(^艸^*)
どうですか~~?皆さんは自分のタイプ、わかりましたか~~?

巫女体質の人は、天然ボケ。
どちらかというと、天才型。

審神者体質の人は、ツッコミ。
どちらかというと、秀才型。

巫女体質の人は、応用が苦手、アドリブが苦手。
審神者体質の人は、臨機応変、機転が利く。

こうしてみると、私は審神者体質のはずなんだが・・・なにかおかしいぞw
発想力、企画力、アイデアの具現化は別として、頭の良さが欠けてるのか?(笑)


でもね、
大体どちらもあるんですよ。
私自身、10の内、審神者6、巫女4、くらいですから。

書いてあることを書いてあるまんま受け取って「こっちもあるけど、あっちもある…わからない~~!」
と、なりやすいのが巫女体質の人w

私は基本が審神者タイプですが、けっこう遅刻しますからね(←偉そうに言うなw)

それに、この仕事4年間やってきて、かなり巫女要素が増えてきました。
でも、生徒さんに教えるということを考えると、どちらの生徒さんのことも理解できるよう、この割合になってて良かったのかも。。うまいこといってるもんだな~~。

それに、巫女要素が増えると、幸せが増える。
子供のまんまでいいんだもん。平和感が満載ですよ♡

男性にも「母性」のような部分あるし、女性にも「父性」みたいな所ってありますから。
どちらもあると思ってください^^

ただし、基本の体質は必ずあります。
どちらが強く出てるのか、己をきちんと知っておくといいかもですぞ☆d(*ゝω・)


mirror-2199314_640.jpg


自分のことって、実は自分は一番わからないものです。
自分の背中が見れないように。
私も、自分の守護さんの姿はわかりませんしね。

自分の心にある闇。
嫉妬、怒り、恨み…
誰しもが、自分の中にそんな醜い感情があるなんて、認めたくないんです。

でも、あんまり見ないふりしてると、鏡を出されるんです。
潜在意識から。

しかもそれ、なんと…「心の闇を映す鏡」なんです…!

何のことか、わかりますか?
その鏡に映ってるのは…



「嫌いな他人の姿」です。


だって、自分の事は自分でわからないでしょ?
自分の闇を、他人を通して「他人の姿」として認識するんです。

でも、ホントは「投影」なんです。
そうやって自分の中にある醜い部分を、他人に演じてもらわなきゃ直視できないのです。

化粧する時と同じ。
自分の顔を見るのは、鏡を通した世界でしか見れません。

我々は、他人を使って「自分を見ている」に過ぎないのです。


girl-918799_640.jpg


審神者体質の人は、巫女体質の人にイライラしたり。。
巫女体質の人は、審神者体質の人の言うことが理解出来なかったり。。

確かにそういう時もあるでしょう( ̄▽ ̄)対極だから。
でも、凸と凹のように、自分だけでは成し遂げられないこと。

自分と他者。
これが嫌でも向き合わなきゃいけない現実です。


「違いを尊重する」


クリスタルチルドレンも、発達障害も、LGBTも、巫女体質も、審神者体質も。
色んな特性が集まって、社会を構成している。
地球の一部を構成している。

まずは自分の特性を知って、他人の特性を理解する。
そして、受け入れ、認め、尊重する。


これから、そういう世の中になっていきます。
というか、そういう世の中で生きたいと、私は思っています(*´▽`*)

出来るか出来ないかとか、どうでもいいのだ。
そうしたい。
一ミリでもそう近づけるよう、発信していくだけなのだ^^

まだこのシリーズは続くのだよ 明智くん( ´ v ` )ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪



スピ能力の育て方(2) - 2017.08.03 Thu

スピ能力をアップさせるための第一歩。
それは…


『設定』です。 


「自分」というキャラやストーリーを見直して、「再設定」するのです(・∀・)b

前回からの続き → スピ能力の育て方(1)


clock-2015460_640.jpg


前回と同じような内容です。
復習と刷り込みの意味で、角度を変えて書いていきます。

「脳」をコンピューターと同じように考えましょう。

そして自分自身が、作曲家や陶芸家や脚本家のように、アイデアや世界観を生み出し、それを創り出せる存在である、ということを知りましょう。

フラワー・オブ・ライフ の著者である ドランヴァロ・メルキゼデグ氏は、こうおっしゃってます。
「人間の力は凄いのです。人は己の手で、宇宙だって創造することが出来るのです。そして、これは比喩ではありません」と。

我々は皆、「表現者」です。
そして、「プログラマー」にもなれます。

つまり、自分で自分の「設定」をし直すのです。

「初期化」となると、すべてのコンテンツやプログラムまで消去する、ということになりそうなので、
「再設定」という表現にしておきます☆


前回も書きましたが、ブロック(思い込み)というのは、その名の通り「自己表現の壁(ブロック)」となっているケースが多いです。
そして、この思い込みというのが厄介でしてな。

「直視したくないエゴ」や「向き合いたくない闇」が絡んでくるので、感情むき出しになっちゃったりして。。正論で相手を打ち負かそうとしたり、自分を正当化したりして、たとえ無意識でも必死にその話題の観点をずらしてきます。
それを自分では気づいてません。

見たくないし、聞きたくないんですよね。
まぁ、それも致し方ないことです(´ω`)

なので。
もし自分が何かに対して、強い反応を示すようなことがあったら。。
それは「大チャンス到来!」の時ですから、耳が痛くてもかっぽじってよ~く聞いた方がいいのです。

ムカッときたり、イラッとしたり、プライドを逆なでするようなものにこそ、ヒントがある。
相手が嫌いな人だったらなおさらです:( ´ ཀ ` )::うぅ…
だって「逆」なんですから。


「人の意見に左右されない」とか「自分の軸を持つ」という事と、
「人の意見を聞き入れて参考にすること」は、相反することではありませんからね^^


あ、そうそう。
今から20年ほど前。まだ私が赤ちゃんの頃ですが(←大嘘w)

その頃、私は毎晩のように「食いしばり」をしてましてね。
歯や顎関節に負担がかかるし、リンパ腺や首もガチガチに張ってました。

そんな時、テレビ番組で「食いしばりはストレスが原因」と言ってるのを見たんですね。
そうは言うけど、そんなもの現代社会で生きていれば、誰でも少なからずあるじゃんと思ったんですけど、その後におもしろいことを医師が言っておられたのです。


「寝る前に“唇は閉じても歯は閉じない”と20回唱えると、不思議ですが、食いしばりは止まります」


(゚д゚;)へ?
ナニそれ?

と、唱える…???

…うっそだあぁ!そんな非科学的なこと!
でも、公共の電波で名前と顔さらしてまで、医師が嘘をつく理由がない…;

その頃はまだ「スピリチュアル」なんて言葉も無かったし、そんな概念も無かった頃。
でも、「プラシーボ効果」とか、そういう心理的な作用が少しづつ解明されてきた頃でして。

なので、ものは試しで、その夜からやってみることにしました☆

小さく声に出して「唇は閉じても歯は閉じない」と20回繰り返して。
しかもちょっと楽しくなっちゃった感じでw(´艸`*)そのまま眠りにつきました。
そして翌朝…

効果テキメン僕以下略!(笑)

ホントに!まったく!食いしばらなかった!!!!!!
顎関節が軽やか♪嘘みたい~~~~!(≧▽≦)


顎関節症の人は、朝っぱらからアゴをカクカクさせたりマッサージしたりするんですよ。
あれね、朝からちょっと気が滅入るんだよね~~。
だからすっごく嬉しかったのを覚えてます(´艸`*)

設定って自分で出来るんですね!たまげましたわ!!

で。
後になって、スピりだしてから「アファメーション」という言葉を知りました。

「アファメーション」=「自己肯定宣言」


ただ…
何と言いますか…
私、巷にたくさんある、いわゆる普通に美しいアファメーションは、違和感があったり言いにくかったりして、どうしても自分的には上手く出来なかったんです。

「私は愛と光の存在とともに生きています」「私は隣人に愛を送ります」みたいな。。。
日本人が普段使わないような言い回しで

どれも本質を突いてて素晴らしいものなのに、自分の言葉じゃないから違和感しか無かった…orz


そんなわけで。
ヤミコは「変換する」というスキルを身につけました✧( ̄^ ̄)ゞ
何でも一度、自分のフィルターを通すのです。

周りが聞いたら残念な感じで変換されてますw
いいのです。
人のためじゃなく自分に聞かせるための「アファメーション」ですから。
セオリー通りにしなくても、「罰」なんて当たりません^^

そんな当たり前のことさえ、最初は手探りで、自己実験でしたw
今では色んなことを応用したり、ハイブリッドにするようになったけど、初めは謎だらけでした

でも、答えってホントは絶対、自分の中にあるものだから。
外にもあるけど、それは鏡だから。

ま。
そんなこんなで、自分なりの「マントラ」や「アファメーション」を考えるのです。
そして、自分を「再設定」し直すのです。


漫画でいうところの『テコ入れ』です!!!!!


そう、ジャンプファンなら知っているであろう「テコ入れ」。
あの「キン肉マン」だって最初はギャグ漫画でしたが、人気の低迷により「テコ入れ」があり、どんどんバトル王道ものになっていったのです。

二次元のヒーロー&ヒロインたちだって、パラレルワールドが存在しているのです。
だって創造主の我々が、途中から原稿を修正し、ストーリーを変えることが出来るんだから。

何だったら、いきなりキャラの変更だって出来るし。(キン肉スグルは弱虫だった)
何だったら、コメディ路線からバトル路線に変更できるし。(ドラゴンボールがそう)


誰だって皆、より良くしようと思ってる。
良い世界を創りたいと思ってる。
二次元だろうと、三次元だろうと、何次元だろうと。

世の中みんなクリエイターだから、ホントは誰だってスゴい世界を創れるはず。
我々は皆、作家であり、役者でありながら、担当編集でもあり、プロデューサーでもあるのです。

さて。
あなたはどんなキャラ設定にしたのでしょうか?
今のキャラ設定のままで、問題なさそうですか?

路線はそのままで大丈夫ですか?
悲劇のヒロイン、もう飽きてきたんじゃないですか?

もし漫画だったら、アンケートで人気取れると思いますか?(笑)
つまり現実面でのあなたは、今どんな状態になってますか?
今の状況を客観的に正直に、どう思いますか?

設定を変える必要の無い人。
設定をし直した方がいい人。
どちらもいらっしゃると思います。

私ね。
法華経が好きなんですけどね。
法華経ファンは皆知ってると思うんですけど(ファンがいるかは知らんがw)
如来寿量品第十六(にょらいじゅりょうぼん)に、「自我偈(じがげ)」という経文がありまして。

そこに、こういう「偈」があります。

『衆生所有楽(しゅじょうしょゆうらく)』


我々は皆、遊び楽しむが如く、この世に生まれてきたのです。
俗世間では、悩み苦しむことも多々ありますが、感動や喜びもたくさんあります。
「煩悩即菩提」ですから。

前世のカルマを償わなきゃいけないとか、
この世の使命を果たさなくてはいけないとか、

何かに縛られて、重圧を感じなきゃいけないスピリチュアルなんて、ちっとも楽しくない。
しかも、そんなことしたって「魂のレベル」は上がらないのです。

自分の生きたい世界で生きましょう。
自由に好きなこと、やりたいことをしましょう。
子供のように、魂が喜ぶことを。

さあ。
「再設定」をするなら?
プログラミングを変えられますよ?
どんな人間の設定で、どんな未来を生きたいですか?

悲劇から喜劇へ。
昼ドラ不倫劇からバラエティへ。

ストーリーも、出演者やモブも、自分のキャラクターだって、再設定できるのです。
どうやってするのかって?


はい。
では、設定の仕方をお伝えします☆( ̄ο ̄)丿
プログラミングを変えていきます。

ワシのたとえ話ではわかりにくそうなので、ここでは「ブロックを外す」ことを設定にしておきます。
たとえば…
前回お伝えした「封印解除」も、ブロック外しの方法ですね^^


「設定」というのは「刷り込み」です。 
「刷り込み」というのは「上書き」です。



何度も何度も、記憶を修正するのです。
一度や二度ではダメです。
何度か繰り返します。何度も繰り返すことが大事なのです。

パソコンの漢字変換だって、珍しくてなかなか変換予測で出てこない漢字でも、何度も打ち込んで変換してると、その内一発目の変換予測で出るようになるでしょ?
学習するからですよね。

我々の「脳」も同じです。
必ず「修正プログラム」なり「アップデート」なり、学習機能が働きます。


【設定方法1】自分の言葉で「アファメーション」すること。

「私、めっちゃ霊感バリバリなの!」とか
「俺の才能、どんどん開花しちゃってヤバい!とまらんわ~~w」とか。

【設定方法2】想像できる世界の創造を。

自分がリアルに想像できないような、ぶっ飛んだ摩訶不思議な世界じゃなくて、自分の頭の中で情景がちゃんと浮かぶような設定にすること。
現実的に不可能なことを想像しないように。(たとえば亡くなった人が生き返るとか)

【設定方法3】違和感が出たら修正する。

アファメーション言ってて違和感が出たら、色々試して言い直してみましょう。
毎日変わってもいいですw
目指してるものが同じであればOK♪


「バイアス(偏見)」や「ブロック(思い込み)を、悪いモノとするか、活かす方向にするか。
鍵を握ってるのは、あなた自身です( ̄ー ̄)


key-2114302_640.jpg


いやー今回ちょっと説明が難しかったー(*´Д`)

もっと「なるほど!」な感じに伝えたかったんだけどな。
言語化ヘタクソかw

次回は「注意事項」か、「続・巫女体質&審神者体質」か。
もうちょっと上手に伝えられるといいなぁ(*´▽`*)/

アファメーション唱えるか(笑) なんつってなw




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


スピ能力の育て方(1) - 2017.07.31 Mon

「スピ能力」と聞いて、どんな能力を思い浮かべますか?

霊が見えること?
未来がわかること?

あなたにとって、スピリチュアルな能力とは、どのようなものですか?



angel-2538372_640.jpg


元々「スピリチュアル」とは、「精神性」や「神聖」などを表す言葉。
「霊が見える」とか「神様と話が出来る」とか、そういう能力ももちろんそうですが、基本として「スピリチュアリティ」というものがありまする。

「生き方」にもスピリチュアルが反映されるだろうし、霊的な話が嫌いな人であっても、スピリチュアル的な人は多くいらっしゃいます。 能力的なことでもそうですね。

「見える」「聞こえる」だけじゃなく、「感じる」のが大事。
そしてその感覚を、自分自身で信じることが大事。

ただ…
それではちょっと漠然としてますよね?
「具体的に言うと、どういうこと???」になっちゃう人がいるかも。

なので、今回はそれについて書こうと思いマッスル☆d(*ゝω・)


巫女体質と審神者体質 ←という記事にも書きましたが。


「この世界には二種類の人間がいる」


という事なんですが。
それがどういうことかと言うと、「この世は“対極同士”で構成されている」ということです。

陰と陽。
男と女。
光と影。

これ言うと語弊がありそうなんですけど、まぁわかりやすく例えると…


「巫女体質=受け取る」
「審神者体質=読み取る」



と言うのが、自分的にはしっくりくるんですね。

全ての人にチャネリングやリーディングの能力が備わっていても、やはり得意不得意はあります。
それが元々の「体質」ってことなんだろうな、と思ってましてね。

じゃあ、巫女体質の人はリーディングが出来ないのかと言うと、別にそういうわけではない。
審神者体質の人はチャネリングが難しいのかというと、そんなこともない。
そもそもワシが審神者体質だしσ(・∀・)

でね。
「見る聞く」というスピ能力を欲する人の気持ちも、よーーーくわかる(*´Д`)

小さい頃、ワケのわからんものを結構見てきて、ちゃんと見て何なのか確認したかったので「見たい」という気持ちは「把握したい」という意味で、すごくわかります。

でも、大人になってから思った。。。

この世には、見たいものよりも見たくないものの方が多いだろうな、と(霊的な意味で)
それにね。
たとえ見れても、やっぱりワケがわからんモノはわからんままだろうな、とも思ったし。
むしろ、見れば見るほどわからんものもあったりして…w


無いものねだりですよね、人間って。
隣の芝生はめっちゃ青いんです(/ω\)

お隣さんにどんな苦労があるかも知らずに、いいな~いいな~って思っちゃう。
そう思ってる以上、そういう能力は開けないんですけどね。

なので。
「いやいや、自分にも何か別の能力があるんじゃない?」って自覚していくこと。
それが「能力アップの始まり」なんだと思うのです^^
で、
「能力アップ」とか書くと、なんでアップさせる必要があるの?とか思うかもしれませんが…



無いです!(゚∀゚)キッパリ☆


というか、必要があるからとかじゃなく、そうしたいと思ったからするだけさ^^
「大義」なんぞは要りませぬ。

「自分が元々持ってるものを活かしたい」とか、
「なんか面白そうだからw」とか、
それだけで十分でござる✧(`・∀・´)ゞ


先ほど書いた通り、私は「見える聞こえる系」じゃなく、「受け取る読み取る系」です。
で、ですね。
たぶん読者さんの多くが、私と同じ「受け取る読み取る系」だと思うんですよ(類友だからw)

であれば。
自分がどっちの体質か(巫女&審神者)、知っておくのも一つです。
人によっては、その方が良いかも^^


image-2385725_640.jpg


さて。
ここからが、特に大事な部分なんですけどもね。
私、最近しつこく「常識をアップデートしよう」って何度もブログに書いてますよね。

これに関係してるんですけど…
かなりの割合で「思い込み」が、能力アップの邪魔してるように思います。

「思い込み」=「ブロック」ですから。
不要な塊りになって、漬物石みたいに意識に乗っかってて重いんですよ;

これが「自分で蓋をしてる」状態。


多くの人が不要な思い込みのせいで、自分の能力を「封印」しています。


その重い蓋を外して封印を解いたら、中から「能力」が出てくるのは当たり前のことです。

人の何倍も必死に努力して、維持し続けなきゃいけない能力ではなくて。
人様と比べる必要もない、体質と同じで。
長所でもあり短所でもあって。

つまり、「体質」は「特性」であり「能力」でもあります。


と、いうわけで。
今から「封印の解き方」をお伝えします。
超カンタンで、めっちゃ効きます✨

こういう言葉で自分を「封印」してた人、いますよね?



「私、霊感とか全然ないんです~~!」


心当たりありますか~~?(笑)
こういう言葉を繰り返してたら、そりゃ霊感も感じられなくなっちゃうさ(* ̄▽ ̄*)

いやもちろん気持ちはわかるし、言っちゃダメなわけじゃないですよ^^
ただ、あるのに無いって言ってるだけですよ、っていう話。

スピ能力をアップさせたい。
潜在能力の底上げしたい。
もっと自分の特性を磨きたい。

そう思うなら、その言葉の方こそ「封印」しましょう☆

「言霊の力」「意図の力」を活かした、自分なりの「マントラ」を唱えましょう。
今まで自分で「封印」してた人は、この「封印解除マントラ」が効果テキメン僕イケメンです(古っ)↓


「私ってスピ能力高いんだよね~~♪」とか、
「実は私って、めっちゃスピ感度するどい女なんだよね!!!」とか。


大丈夫、人には言わなくてもイイから(笑)
心の中で言っちゃってください、事あるごとに。事ない時でもw
ぜひ自分でも大ウケしながらね( ̄m ̄*)


moon-2261261_640.jpg


この世界は幻想。
自分の意識の反映である。

そして今、この世界(舞台)は、砂時計が逆向きに置かれたのだ。

であれば。。
今まで信じていたものや大事にしていたことが、逆になってしまうことがある。
さっきの封印のように、固定観念とか思い込みとか。

それを、見たくなければ今まで通り、見ないままでもいられる。
勇気を出して、見ることを選択することもできる。


そして、見えるとか見えないとか、聞こえるとか聞こえないとか。
そういう観念も、そろそろ要らなくなってきました。
可視化の時代にともなって、見えない人にも変換して認識できるようになってきたからです。

ま、その話はまた今度にして。
最後に要約してみます。


1.世の中には二種類の人間しかいない。自分がどっちか意識して観察してみよう。
2.自分の特性、能力を自覚できるようにしていく。
3.他人の能力を羨んでも、自分の能力は下がるだけで上がらない。
4.自分にかけた「封印」を説くこと。能力向上のマントラを唱えよう。



これが『スピ能力アップの第一歩』って感じですかね^^

ただのスタート地点みたいだけど、スタート地点に立ってないことには始まらんしね^^
おう、長くなったしもた。 

たぶんだけど続くかもです~~~( ´ ▽ ` )ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

本日のぼそり

(15日23時55分頃にぼそり) 今日は鞍馬寺に行ったぞい☆ 写真は京都駅である。どうでもいいけど、さみーよ!雨降り過ぎだよ!吐く息が白かったよ!冬か!( ̄▽ ̄)ツッコみ満載w でも一度は行こうと思ってたし、もしかしたらベストなタイミングだったのかも。  夜フラフラになって群馬に帰ってきたので、確実に明日は一日死んでる…( ̄▽ ̄)

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (29)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (85)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (37)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (161)
秘密結社【闇月】受講生の声 (3)
神社仏閣 (32)
守護存在について (14)
ものの見方・捉え方 (33)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (8)
石系 (26)
お知らせ (63)
未分類 (139)
やみすぎ都市伝説 (8)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123