FC2ブログ
ヘッダー

2019-04

二極性の理由 - 2018.07.21 Sat

本日2つ目の記事だぜ!\( ^o^ )/1つ目→ 【満員御礼】イベントに関するお知らせ

制作中につき、2017年4月16日の過去記事、再掲載します☆

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あ“~~~28℃!
今日は関東めっちゃ気温上がったね~~。

いやホント暑かったり 汗ばんだり ラジバンダリ! \古いわっ/
 
さて。
出だしから軽くスベったところで、本題いきませう(/・ω・)/


flower-2514519_640.jpg


前回からの続きです。→ 危険なチャネリングメッセージ 

まず、補足的な話を。
「やっぱり大事なのは、両極のバランスをとるってことですかね」というメールをいくつか頂きまして。

きっと皆さんは独自で色々考えられて、そのように感じたのだと思いますが。。。
あ、もちろん間違いじゃないと思います^^
自然界でも何でもそうだろうけど、バランスとるのって大事ですよね。

そうできれば理想的だろうし。
そうであるべき「立場」とか「仕事」とかってのもあるでしょう。
でも。。
私が本当に言いたいのは、そこじゃないんです( ´Д`)


「巫女体質」とか「審神者体質」ってのは、書いてある通り「体質」です。
でね、体質っていうのは、ここでは「個性」という意味で考えております。

この時も書きましたが…→ 意外なガイドさん

「飛び抜けた教科よりも、苦手教科をなくす努力をしなさい!」
「どの教科も平均的な理解力じゃなきゃダメ!」


これが今までの教育ですよね。
実際、正しいと思います。一理あります。
つまり『正論』です。

でも、その正論で、個性の芽を摘んでしまう可能性もあるわけですよね。
それと同じで「二極のバランスをとるのが大事」と安易に結論付けちゃうと、ただの正論になりがちなんですよ。

もっと言っちゃうと、旧来の価値観。古い常識。
今まで通りに考えていって、誰でもアッサリと行き着く答えが「バランスをとる」です。

言い方キツかったら堪忍ね(´ω`)ノ
でも、従来のパターンを崩す提案として書いてるので、今は一般論は置いときましょう☆


「巫女体質」「審神者体質」は、エンパスの分類にも入ります。
エンパスはかなり細分化されていまして、その体質を制御するのは非常に大変です。
(話が逸れるので、詳しい内容は省きますが)
で、そのことから考えてもわかりますけど…


出来ない部分を必死になって補おうとするんじゃなくて、
出来る部分を伸ばした方が 良い結果が出るんじゃね?



ということなのよ。
そのモデルケースとして紹介したのが…↓

キンコン西野さんの炎上人生に学ぶこと
金持ちホームレス小谷さん でした。

キンコン西野さんが「審神者体質」だとしたら、
ホームレス小谷さんは「巫女体質」かな^^

二極が際立ってて、それぞれの持ち味を発揮されておられる。
素晴らしいと思います!ブラボー!!!!!

なので、こういう場合「バランスをとる」とかは、ちょっと違うと思うんですよ。

あ、そうそう。
「ヤミコさんはどっちですか?」とも聞かれたのですが…


私は「審神者体質」です✧<( ̄▽ ̄)>どやっ

ん?
誰だ、嘘つきとか言ってんのは 
こういう頭の悪い「審神者体質」もいるんだよ!(笑)


「巫女体質」の人って、間が抜けてておバカさんで(私に言われたくないだろうがw)
ぼんやりしてる人が多いけど、狙ってない「素」の天然素材にはかなわない
憎めないタイプで、つい世話焼きたくなっちゃうんだよね。

だから世の中、うまく出来てるんだと思います。


theravada-buddhism-1802873_640.jpg


出来ない人が困ってたら、出来る人は手を貸してあげて、
足りない部分は、余ってる人が補充してあげて、

けっして自分と違うことで、責める必要などなく、
自分と合わないからといって、嫌うこともなく、
相手の何もかも、すべてを理解する必要などなく、

「自分とは違う」ことを、ただ自覚する。
「個性なんだ」「違ってて当たり前なんだ」と、認識すること。


そこがスタート地点になると思ってます。
そこが納得できない人は旧式の概念の人だとは思いますが、別にそれが悪いわけじゃないんです。
たとえば…

「人より仕事が劣ってるなら、人の2倍3倍は頑張って、休日も返上で仕事覚えろよ!」
「努力と根性と気合い、文句は全部やりつくして、結果出してから言え!」とかね。

すごいケースだと、こうなります。
確かにその通り。正論です。
そういうのずっと続けても辛くない人は、そのままで全然いいと思う。

私はそういうのもうヤダ、無理ヾ(´д`|||)
なんか「昭和の精神論」て感じ。

そういうブラック的な労働はね、好きなことだったらなぜか続くんだよね。
好きじゃなきゃ、いつか病気になっちゃうかも。

でも、どんな道を選択しようが自由。
自分で決めたなら、誰のせいでもない。

ですが。。。
前回私は「情報を受け取る側が審神者になって考えなきゃ」と書きました。

じゃあ結局、巫女体質の人は、審神者の能力を身につけなきゃダメってこと?
やっぱりバランスよく、どちらの能力も必要ってこと?

と思われるかもですが、そうではありませぬ(〃゚∋゚ )b

たとえばね。
宇宙からのメッセージを、数字や記号で受け取る人がいます。
何かの暗号みたいな感じだったりね。
ところが同じメッセージを、音楽のメロディや絵で受け取る人もいます。

得意分野に変換して、インプットしてるんですね。
で、それはアウトプットも同じなんです。

巫女体質は巫女体質なりの「審神者力」ってのがあるんです。
これがいわゆる…

「何となくそう思ったから♪」ってヤツです。

ブログ初期の頃は、この「何となく」というキーワードを何度も出してました。
最近ずっと、チャネリングに関しての記事書いてなかったもんね。

えっ?
そんなアバウトで、不確かで、いいかげんな審神者力でいいの!?
となりそうですが(笑)

いいんです♡( ´ ▽ ` )ノ

どんな感じ方でも、捉え方でも、OK☆
不要な思い込みを外して、自由に楽しく生きてると、直感が冴えてきますからね。

巫女体質の人が肩身の狭い思いをして、審神者と同じ知識を身につけなくてもいいんです。
巫女体質はその個性だけでスゴイ能力なんです。
審神者体質の人も同じ。
たまにすんごい神ってるアイデア思いついちゃうし^^

一人で抱え込んで、頑張ってバランスとらなきゃと、無理することはないです。
受信も、判別も、自分の得意分野で出来ます。


_yin-yang-2024615_640.jpg


この話は、『ツイン』の話題から始まりましたよね。
地球に命として宿る時、必ず「男」と「女」の二つの極に分かれる、と。

陰と陽。
表と裏。
「巫女体質」と「審神者体質」。

地球が二極性で成り立ってる理由。
我々は、今一度よく考える必要があるのかもしれません。

何のため?

さあ。
皆さん一緒に、悩んだり、考えたり、ラジバンダリ! \だから古いっつの/

こんな終わり方でサーセン(〃ω〃)ゞ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


スポンサーサイト

危険なチャネリングメッセージ - 2018.07.20 Fri

♪8月イベント 38席定員で残り1席です!お早目に♪

遠方からの参加で、早く帰らなきゃいけないという方もおられると思いますが、
勉強会&瞑想会の終了後、最後に「プレゼント勝ち抜き企画」があります!

もちろん電車の都合で先に帰るのは、全然OKです!!
でも、スピ系の皆さまに喜ばれるプレゼントだと思いますので、なるべく最後の企画まで楽しんでいってくださいね~~(*´▽`*)

それから、イベントに出すブレスレットやオルゴナイトは、チャリティーにしたいと思います。
イベント後は、ブログでもチャリティー用でも販売します。
収益の一部を、今回の西日本の豪雨災害の支援として送ります。
買ってねーー!

…というわけで。

♪皆さまのご参加をお待ちしておりま~す♪

詳細 → 横河サラさん招致イベント開催!


イベント フライヤー


以下、2017年4月13日の過去記事、再掲載です☆

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「上なる如く、下もまた然り」 ―ヘルメス・トリスメギストス― 


エジプトのピラミッドから発見された【エメラルド・タブレット】の有名な一文。
トート神との習合、錬金術の神人とされる『ヘルメス』が記したと言われています。


sphinx-1218603_640.jpg


前回からの続きです。→ 神降ろし

“神降ろし”は、チャネリングの一種ですが、降霊と同じ“口寄せ”です。
しかし「チャネリング」とは、ひらめき、アイデア、予感、etc…
そして「場」や「物質」や「生命体」との同調状態のことでもあります。

「周波数を合わせる」
「波長を合わせる」
「共振、共鳴、共感」
・・・という状態。

「何」と、もしくは「どこ」とチャンネルを合わせるか。
そのチャンネル数が多いほど、色んな次元、霊、神様、宇宙人といった、目には見えない存在からの情報が受け取れることになりますね。

さて。
この辺から、またしてもピリ辛表現になってしまうんだがね、明智くん(´・∀・`)  

世の中、いつの間にやら「チャネラー」を自称するスピブロガーさんが激増しました。
…ん?私もそうなるのか?(笑)

数多くのチャネラーの方々が、毎日たくさんの「チャネリングメッセージ」を伝えています。
まぁ、基本的にチャネリングは誰でも出来てるし、誰でもメッセージは受け取れますしね。
人間である限り(人間でなくてもだけど)システム上、必ず受信出来るものなのですから。

で、ですね。
受け取った情報をブログやSNS等に書きたければ、書くのはもちろん個人の自由です。
チャネリングの内容をメッセージとして流すことは、けっして悪いことではありません。
ただし、過去記事でも書きましたが…


チャネリングした先が、善良な存在ばかりではない ということ。


ライオンとシマウマのたとえを思い出してくだされ。
今はシマウマ視点の話ね(・ω・)b

過去記事にも書きましたが、チャネリング失敗談があるんですよ、私…
よからぬ存在とコンタクトしちゃったような経験があってね;
(古い読者さんは読んだことあると思いますが、チャネリング講座が有料の為、現在その過去記事は鍵かけてます)

私、チャネリングと絵が基本的な仕事だけど「今日のチャネリングメッセージです♡」とか言ってブログに書いたことないんです。

ブログを始めた頃一度だけ、コノハナサクヤヒメに教えて貰ったメッセージを、“チャネリングで聞いたこと” して記事にしたことがありましたが、でも書いた後に「なんかメッセージ流すようなことって、ヤミコ的に何か違くね?」と疑問が出てきて、違和感も感じたので、それからはもう書いてません。

これが前回書いた「チャネリングに関しての自分ルール」です。
後から考えたら、違和感が何かわかりました。

もしかしたら、世の中のメッセンジャーさんたちに失礼かもしんないけど…( ̄v ̄;)
巷のチャネリングメッセージって…


審神者が不在なんですよね。


受け取ったものをサニワッてないんです。
ただキャッチした情報を、ほぼ精査することなく「本日のメッセージ~」とか「〇〇からのメッセージ~」とか、真偽を鑑定・判別せずに毎回流しておられるの。

チャネリングして情報を受信することも、メッセージを誰かに伝えることも、全然悪いことではないのですが、ただチャネラーの皆さんが、ちゃんと内容を吟味してから発信しているようには…正直、あんまり思えないんですよね 皆がそうではないだろうけど。

「私が受信したものは、絶対に良い内容だから!」と信じて疑わないとしたら…
それは『自分を信じる』こととは違います。

以前、虐待のことでも書きましたが、「虐待なんて絶対信じられない!許せない!自分は絶対にしない!」と声を荒げる人ほど、実は虐待する傾向にある、という話と同じです。

「自分は絶対に間違わない!悪い者とはつながってない!私は波動でわかるんだから!」
と、絶対の自信を持つ人ほど、実際は危ないのです。

どこからの、誰からの、どんなメッセージなのか。
ちゃんと発信元はわかっているのか。
メッセージの内容に関して、どのように感じたのか。
その発信元と自分とは、どのくらいの信頼関係があるのか。

それさえも不明瞭なまま「チャネリングメッセージです✨」とは、私は書けないんだよね(;´Д`A
あ、こんなこと書いちゃうと、ただディスってるだけみたいだけど、そうじゃないんだよ


この間の『やみすぎ都市伝説』のSさん。
Sさんは海外の有名なチャネラーさんの著書を翻訳されたんですけど、このチャネラーさんも数年前に、世界規模で発信していたチャネリングメッセージを、思うところがあってやめたそうです。

勇気ある賢明な決断だと思います(´・ω・`)

いつも宇宙は、たくさんのメッセージを我々に送ってくれています。
高次元の惑星からだったり、光の存在だったり…
でも、ネガティブな存在も、それはそれはたくさんの情報を送ってきているのが現状。

今まで、この世の支配勢力といった存在を(情報操作やグリッドなど)何も知らなかった一般人のチャネラーが「私は絶対に大丈夫!」なんて言えないと思うんですよ。

これは私だって、当然同じです。
私だって間違えないとは言えません。

ま、だから私は、チャネリングメッセージとかって、ブログで書かないんですけどね(〃゚∋゚ )b

それに、
守護存在の指導霊(ガイド)の話
← この時も書きましたが…

私ね、周波数合わせにくいチャンネルを減らして、得意チャンネルだけに絞りましてん。
幅広く出来なくてもいいやと思って「守護存在」チャンネルに、的を絞ったのです^^
結果的に余計なものには、フォーカスしにくくなったんじゃないかなぁ。


あのですね…。
グリッドを操作できて、電磁的なアクセスができるのがわかってるのに、ネガティブな存在が意図的に情報を流していないと思いますか?

カリスマ願望がある人や、宗教的トップに君臨したい人や、承認欲求の強い発信者など。
そういう人たちは、ターゲットになっているそうです。

ネガティブな存在は、チャネラーが本当に高次元存在とアクセスしたのを確認した後、入れ替わりのようにアクセスしてきて、高次元存在になりすまして、メッセージを出すそうです。

そのチャネラーさんにしてみたら、確かに高次元存在だったはずなので、疑いようもない。
一定の周波数領域にも、ネガティブな存在が情報を流しているそうです。

でも。。これを「恐ろしいこと」と思う必要は、一切ないです。

なぜかは、しっかり考えればわかること。
…とか言って、私も半分は聞いたことなんだけどね、明智くん(〃▽〃)ゞハハハ


記事冒頭の一文、「上なる如く、下もまた然り」とは、上にあるものは下にもあり、下にあるものは上にもある、という宇宙の根本原理だそうです。

ヒンドゥー教でいう「ブラフマン(梵天)」と「アートマン(真我)」みたいな?
私にはまだそういう真理みたいなものは、頭でしか理解できませんが。
いや、頭でも理解出来てるかどうか…w

身近な構造で例えるなら『フラクタル』でしょうか。
ちょっと違うかもしれないけど・・・私が言いたいことは、要は「縮図」だってことです。


fractal-2006166_640.jpg


地球の人間社会だって、オレオレ詐欺とかあるでしょ?
あれと同じようなものですよ。

今までは、不安を駆り立てるようなやり方だったけど、最近では、還付金がもらえるとかって「人の欲」を突いてくるやり方になったみたいですね。 同じだと思いませんか?

ちなみに、この話を書いてるのは怖がらせるためじゃなく、むしろ逆です。
「こういう詐欺があるから気をつけて」「本人かどうか確認しましょう」って、聞いたことあるでしょ。

「そんなこと言われたら、電話が鳴っても怖くて出れない」とか言いますか?
言わないでしょ^^

怖くないでしょ?
知ってた方が怖くないんです。
知らないと、詐欺に遭っちゃうかもしれないんです(*´Д`)

別に、地球の人間同士で起こってることと、大差ないことですから^^
むやみに怖がるのはやめましょう。
カリスマ欲を突いてくる存在には気をつけましょう( ̄▽ ̄)

地球で起こってることは、宇宙でもある。
宇宙で起こってることは、地球でもある。

家庭であることは、学校でもある。
学校であることは、社会でもある。
国であることは、世界でも必ずあるのです。

虐待にしても、チャネリングに関しても、何にしても…
「敵を知り、おのれを知れば、百戦危うしかず」ですから。

再度お断りしておきますが…
チャネリングメッセージが悪いわけじゃないし、ブログやSNS発信者のチャネラーさんたちが悪いとも思いません。表現は自由だし、誰しも書きたいことを書く権利があります。
個人的には、良かれと思って人のために書いてらっしゃる方が多いんだろうな、とも思いますし。

だからこそ、メディアリテラシーをもっと身につけなきゃイカンわけですね、我々は。


ブログなどを発信してる人たち。
そこに書かれてる記事。
「書いたことに、発信者は責任を持つべき」という意見もあるでしょう。

でも私、全然そう思わない~~( ̄▽ ̄*)

たとえば、このブログだったらね、片田舎に住むごく普通~の主婦が書いてる記事を、いい歳した大人が盲信する方がおかしいと思うし、それこそ「自己責任」で読むべきなんじゃないかなと思うのよ。
ヤミコ何様なんじゃ~と思われるかもですが、他のブロガーさんの場合も同じことが言えます。

で、
結論。 何が言いたいのかというと、チャネリングでも、ブログでも…

情報を受け取る側が審神者になって 考えていかなきゃね。

ってことでしょか^^
結局、誰かのせいにしてちゃイカンもんね。

まだ書きたいことあったけど、また次回にでも~~☆(*´▽`*)ノ明智て誰~~。




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


神降ろし - 2018.07.19 Thu

♪8月イベント 38席定員で残り2席です!お早目に♪

遠方からの参加で、早く帰らなきゃいけないという方もおられると思いますが、
勉強会&瞑想会の終了後、最後に「プレゼント勝ち抜き企画」があります!

もちろん電車の都合で先に帰るのは、全然OKです!!
でも、スピ系の皆さまに喜ばれるプレゼントだと思いますので、なるべく最後の企画まで楽しんでいってくださいね~~(*´▽`*)

それから、イベントに出すブレスレットやオルゴナイトは、チャリティーにしたいと思います。
イベント後は、ブログでもチャリティー用でも販売します。
収益の一部を、今回の西日本の豪雨災害の支援として送ります。
買ってねーー!

…というわけで。

♪皆さまのご参加をお待ちしておりま~す♪

詳細 → 横河サラさん招致イベント開催!


イベント フライヤー


以下、2017年4月11日の過去記事、再掲載です☆

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


お晩で~い( ´ ▽ ` )ノヤミコでございまする~~。

「巫女体質」「審神者体質」
皆さん、自分がどちらのタイプか、わかりましたか?

あ、でも別にわからんくても問題ないからね^^
ただ、念のため言いますと「自分でも自分がイマイチよくわからん人」は 巫女体質さ( ̄m ̄*)
書いてあったでそw

体質への表現がディスり気味で辛辣ですが、辛口もヤミコの持ち味なので 勘弁してね♡
この際もう、巫女体質がおバカさんで、審神者体質がヤな奴、ってことでいんじゃね?(笑)

では、前回からの続きです。→ 巫女体質と審神者体質


ancient-1782432_640.jpg


そもそも古来では、なぜ「巫女」という存在が必要だったのか。

神社というシステム ← この時も書きましたが…

弥生時代の人間の平均寿命は、15歳~16歳。
(たぶん出産時の死産の多さで、平均寿命がここまで低いんじゃないかね?)
病院や薬の無い時代ですし、簡単に滋養をとることも出来ません。

天候による食糧難、飢饉、感染症、伝染病…
過酷な環境下であったことは、容易に想像できます。

天気が続けば雨乞いだし、雨が続けば雨をやませる儀式。
となれば、御神託を仰ぐのが当たり前の時代、と言えますよね。
と。
まぁ、このようにして古代から巫女を重用していたのかなぁと。。

でね。
霊媒(巫女)って、トランス状態になる人が好ましいんですよ。
フルトランス。
これは自分の意識がない状態です。

完全に神懸かりになって、その時の記憶を覚えてない人。
これが、巫女としては一番の素質だそうです。

本当の本物の霊媒(巫女)というのは、こういう体質の人のことを指すそうで。。

その間、泣こうが吠えようが暴れようが、意識がないってことです(怖っ;)
まぁ確かに、それこそが信憑性に値する最たる状態でしょうね。

大昔って、儀式中に『性交』する場合もあったそうです。
だからたぶん、演技で巫女を務めるのは無理でしょう( ̄v ̄;)
はービックリ(笑)

事前に合意はしていたと思うけどね。
もちろん流派?とかによっても違うとは思いますが。

きっと現代のような貞操観念ではないだろうし、そういうことも「神事」になるのかも。
時が変われば、常識も変わるねぇ(*´Д`)

そのような意味合いからも、巫女は「器」の役割の存在でした。
ただ純粋な「器」として在るため、余計な知識は入れなくてよいとされていたそうです。

確かに、何も知らないはずの巫女の口から、すんごいお告げが出たら、そりゃあ信じるよねw


thailand-1976141_640.jpg


審神者は巫女に降りた神を見定め、その口述を記録しなくてはいけません。

なぜかと言うとですね。
巫女が神懸かって、御神託を述べはじめたとして、書き留める人がいなかったら、全ては台無しになってしまうからです。

だってホラ、巫女はその間の記憶がないからね ┐(´д`)┌   

巫女だけでは『神降ろし』は成り立たない。
だから審神者が必要なのです。

巫女に知識は無くていいけど、審神者にはある程度の知識が必要です。
知識だけではなく、やはり直観力も必要だし、肝が据わってないと。

男と女。
陰と陽。
巫女と審神者。

どちらか片方だけでは成り立たない、二つの極。


それでは。。。
神託を降ろすとは、どういうことか。
巫女や審神者が、どういった存在か。

それは、口寄せはチャネリングの一つであり、巫女や審神者はチャネラーだということです。

で。
それはいいとして(・ω・)チャネリングって、それだけじゃないんですね。
過去記事でも書きましたが…

ひらめき、アイデア、発明、ふと思い出す、頭によぎる、ざわざわする、予感がする、etc…
と、実はこういうのも、チャネリングなのです。
そして、

「周波数を合わせる」
「波長を合わせる」
「同調する」
「同期する」
「共振、共鳴、共感」


これらは呼び方が違うけど、やっぱり同じく「チャネリング(チャンネルを合わせる)」なのだ☆

と・い・う・こ・と・は?

話は最初に戻るんですけどね。
前回記事で書きましたが…

チャネリングメッセージ(御神託)を降ろすこと

は、間違ってはいないけど、ホントはそれだけじゃないわけです。
そして…

メッセージを降ろす霊感のある人

は、いやいや霊感は皆さんあるでしょ;となるし、それに…

霊感がある人+メッセージを降ろすチャネリングメッセージ

は、ツッコミどころ満載で追いつかない(笑)

でね。
私、チャネリングに関して、自分ルールがあるって前回記事で書きましたね。
そのことについて書きたいと思ったんですけど…

また長くなったので、次回に続く~~ヽ(*´ω`*)ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪



(4)神さまの正体(解放編) - 2018.05.19 Sat

蓋で隠していた「神の意識」。

それは、自分の内に秘めていた「神の光」。

そろそろ岩戸を開けて、表に出す時が出たようです。



turkey-3191092_640.jpg


前回からの続き。↓
(1)神さまの正体(神社編)
(2)神さまの正体(人間編)
(3)神さまの正体(封印編)


自分の中にある「アマテラス」に気がつくこと。
人間は「神のひとしずく」であり、「神の子」なのだと気がつくこと。

そうでなければ、我々はこの先もずっとずっと、
自分たち人間をただのちっぽけな存在だと、思い込んだままでしょう。


日本には「謙虚」という、美しい言葉があります。
しかし、「謙虚」と「卑下」はまったく違います。
多くの日本人は、そこを履き違えて「自己卑下」していますが…


それはもはや、「神への冒涜」とも言えるのです。


自分の中にアマテラスが内在しているのですから。

「神」とは何か?
「人間」とは何か?

この根本的な解釈が異なっていると、話が平行線になってしまいます。
中には拒否反応を示す人がいるかもしれませんが…


「神社の神さまは、人間をはるかに超えた存在だ!」
「人間がご祭神のことを語るとは、おこがましいにも程がある!」



…と、「小文字のg」を異様に崇拝し、畏怖し、必要以上に祀り上げること。
これこそが、我々の意識の中に長い時間をかけて刷り込まれた、「神と人間の関係性」です。
つまり…


『神社の神様は、人間よりも上』という上下関係。


不思議に思ったこと、あります?
無いでしょ?
無いどころか、それが当たり前だと思ってるでしょ?


古代、宇宙から飛来した意識体は、そんなことを望んでいたのでしょうか?
だとしたら、その目的は?

いったい誰が、そんな上下関係を唱え始めたのでしょうか?
本当に「神社の神様が上で、人間は下」なのでしょうか???

いいえ。
実は思惑(目的)があって、そのように刷り込みが行われたのです。
我々は、意図的にそう仕向けられたのです。
それは…



神と人間を分断するため。



「神の意識」からの分離です。
神と人間とは絶対的に違うもの、という分離意識の始まりです。

目的は、神と人間を分離させ、そのつながりを断つこと。
それによって、人間には「自分なんて何の力も無い、ちっぽけな存在なんだ」と思わせること。
そう刷り込んだのが…



「宗教」なのです。



元々、「大文字のG」の一滴であり、尊い存在であるはずの我々「g」。
それなのに、同じ「小文字のg」にひれ伏し、エネルギーを捧げて依存し続けなくては、自分たちだけでは何も得ることが出来ないと思わせたのです。

でも、本当にそうなのでしょうか?
自分たちの力で現実を創り出すことなど、不可能なのでしょうか?


その答えは、皆さんが知っているはずです。


世界を見てください。
世界中いたる所に「宗教」が存在します。

しかしそのほとんどが、神と人間の絆を切り離すためのものです。
挙句の果てには、宗教によって戦争まで起こっている始末。

神と人間をつなぐための「宗教」が、なぜそんなことになっているのでしょう?


歴史が改ざんされたのには理由があるのです。
そして、そこには「時代(タイムライン)」という必然性がありました。

でももう、「秘密」は明かされるのを待っているのかもしれませんね。


fantasy-2861107_640.jpg



私も地元の「榛名神社」には、何度もお参りさせてもらってます。
宗教建築を見るの大好きだし、山も滝も川も岩も大好きです^^

ただ。。。
神社の神様が「カミサマ」という概念のすべて、とは思わない方がいいですね。
「大文字のG」と「小文字のg」は違うのです。

もうね、鬼キツイこと言っちゃうとね。
日本人ってホント自分の頭で考えないから、騙されやすいし洗脳されやすい。

他人の情報を鵜呑みにして、それがさも自分の意見であるかのように錯覚してる。
まわりと同じ意見だと安心する民族だから。

偉そうなこと言ってスンマセン;(/ω\)
でも、どっちが上だの下だのって…


真の神さまは、そんなマウンティングみたいなこと言わないから。


私はけっして宗教批判がしたいわけではないし、参拝を軽視してるわけでもないんです。
ただ、一言いうならば…


自分の周囲にいる人間を、もっと大事にしようよ!

人間だって神さまだよ!


 
神社に行って、神様に感謝を捧げるのは、もちろん良いことだと思う。
でも、周りにいる人達に感謝することの方が、もっと大事なんじゃね?

人間を下に見るのはやめようよ、と言いたいっす。
人間を見下すことは、神様を見下すことと同じだから。


それとね。

「私は神社仏閣行っても、神さまの声が聴こえないんです」
「霊感がないから、メッセージとか受け取れないんです」

こういう人は、まだ岩戸が閉じたままの人なんです。
今もまだ「まじない」がかかっていて、自分で「神の意識」に蓋をしている状態。

でもそろそろ、「まじない」の効力は消えてきましたからね。
これからどんどん「神の光」が表に出てきて、世の中を照らしていきますよ^^


man-888591_640.jpg


何度も言ってきましたが、これからのキーワードは「逆」「反転」です。

今までとは、概念が真逆になるかもしれません。

良い人だと思ってた人が、ヤバい人だったりするかもしれない。
清らかだと思っていたものが、ただの汚物だったと知ることになるかもしれない。
正義だと信じていたものが、悪の塊だと気づくことになるかもしれない。

人間は、自分に都合のいいことしか信じない生き物です。

でも、都合の悪いことから目を背けずに、直視すること。
直視して、潔く認めること。

そうすることで、アマテラスが出てきます。
天の岩戸から。

そうしたら、どうなるかと言うと。。。


神とのつながりが戻ります。


蓋がなくなれば、もう神の意識とのつながりを隔てているものはありません。
宴会だね!(笑)

人間の潜在意識には、集合的無意識層があります。
ユングいわく、そこは宇宙領域であり、シンクロニシティの領域でもあります。
そしてそこは、チャネリングでつながる周波数帯域なのです。


我々は皆、つながっています。
それこそ、つながりたくない人とだって( ̄m ̄*)

神と、宇宙人と、高次元の自分と、たくさんのサポーター的存在と、。。。


つながっていることを意識しましょう。
つながっていることを受け入れましょう。
つながれていることを信じましょう。
つながれていることを喜びましょう。


それが、「新時代」への第一歩です(´ω`*)





ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


(3)神さまの正体(封印編) - 2018.05.17 Thu

人間は長い間、自らの力を封印してきました。

その力(神の意識)に蓋をして、蓋をしたことすら忘れていました。

しかし、もうその封印を解く時が来たのです…!



mt-fuji-2232246_640.jpg


前回からの続き。↓
(1)神さまの正体(神社編)
(2)神さまの正体(人間編)


長い間、檻に入れられ、鎖につながれていた動物って、鎖を外しても檻から逃げないらしいです。
鎖がなくても、檻の扉が開いてても、強い「思い込み」のせいで逃げようとしない。

今までずっと鎖がついてて、逃げられなかったから。
そのように学習し、プログラミングされたのでしょう。

我々はどうですか?

「好きなことができます」
「自由に生きていいんです」
「豊かで、幸せで、愛に溢れた世界で生きればいいんです」

そう言われても、「世の中はそんな甘くない」と思いませんか?
「そんなの理想主義者の戯言だ」と思いませんか?

でもね。
それこそ「思い込み」だったんです。


もう我々には、鎖は付いていないのです。


蓋を閉めなきゃいけないような気に、意図的にさせられていたというか…
これ言うと誤解が生じるかもしれないけど…

古代より、この国全体には「呪い(まじない)」がかかっていたと思うんです。
いや、世界全体でしょうか。

こんな風に言語化すると、ちょっと大袈裟な感じがしますが。
でもね、別におかしい話でもないんですよ(・∀・)b

四国の巡礼地だって、空海さんが作った結界だし、
京都の地は… 誰だっけ、安倍晴明だっけ。陰陽寮の職員とか。

まじないなんて、いたる所に普通に仕掛けられてるんじゃね?
見えないだけで
まじないには、神社仏閣・山・遺跡・古墳など、宗教施設が絡んでますからね。

そして今まで、とあるまじないで隠されてきたエネルギーが、ようやく表に出る時代となったのです。


人間は「神のひとしずく」。

人間は「大文字のG」から生まれた「小文字のg」。



その意識に蓋をさせ、人間は取るに足らないちっぽけな存在だ、と思い込ませる動きがありました。
一体どんな心理操作が成されたのか、というと…



「宗教」です。



さて。
アマテラスは、なぜ岩の中に隠れたのでしょうか?

本当は、あえて隠されてきたのかもしれません。
出番が来るまで。
「時」が来るまで。

「時」を見計ることは、とても重要なことですから。


そもそも、アマテラスって誰のことだと思います?


実は、特定の神さまを指してるわけじゃないんです。
便宜的にそういう解釈のときもありますが、今はそういう話じゃないですよ^^

アマテラスとは、何を示唆しているのか?
なぜ隠れているのか?

もうおわかりですね?
そうです。



アマテラスとは、人間が蓋をした「神の意識」のことです。



神話は改ざんされて伝承されてきました。
しかし「隠喩」として、秘密は隠されながらも残っているのです。

まだその時期じゃなかったからです。
でも。
もう「夜明けの晩」になったのです。

今までの世界は夜でした。
そろそろ明ける頃です。


天岩戸とは何か?

それは、あなたの「神の意識」を隠している蓋のことです。

アマテラスとは誰か?

それは、あなたの中にある「神の光」の名前です。


自ら閉めた蓋は、自らが開けましょう。
光の大解放です。
我々は「神のひとしずく」なのですから。


岩戸を開けて、自分の中にいる「アマテラス」を表に出すのです。

自分の「アマテラス」を出すことで、外の世界に光が増します。

岩の外で、楽しい宴会に参加しましょう!



sun-3313646_640.jpg


もう檻の扉は開いています。
鎖もついてません。

外に出ますか?
今までの世界に居続けますか?

その選択は自由です。


「天岩戸」「まじない」「封印」、そして「神武東征」…
すべての歴史には、大きな意図が働いています

日本書記や古事記などは、改ざんの跡が見られますが。。。
でもそういった介入さえ、ある種の目的があって行われたのかもしれません。


そして、瀬織津姫 も。


瀬織津姫に関しては、今はブログでは書けませんので、興味がある方は闇茶会へ(笑)

次でまとめられるかなぁ~(´∀`)次回へ続く~~☆




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きなヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通して感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

カテゴリ

漫画やアニメの話 (10)
ヤミコんちの話 (32)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (109)
ちょっとシリアスな話 (22)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (40)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (180)
秘密結社【闇月】受講生の声 (16)
神社仏閣 (37)
守護存在について (14)
ブロック解除・物の見方、捉え方 (46)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (9)
石系 (38)
都道府県をディスる! (1)
お知らせ (82)
未分類 (168)
やみすぎ都市伝説 (0)

当ブログの人気記事

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Google+1