ヘッダー

2017-10

やみすぎ都市伝説・補足 - 2017.03.30 Thu

ええとですね。
書きはじめると また長いことになるなと思って、補足は書かないでおこうと思ってたのですが~

書きそびれたこととか、書き落としてたこととか、そういうことじゃなくてね、
一部の読者さんの反応というか、捉え方?が、ちょっと…アレ?って思う部分がありまして。
その点だけは、ちゃんと書いておいた方がいいのかも、と思い直した次第でござる。

ま、ブログに書けることなんて限られちゃうんだけどね(=v=)


space-1569133_640.jpg


一連の記事を読んでみて、ショックが大きかった人もいらっしゃるかと思います。
私が少し前まで「この話書いても大丈夫かなぁ」と、ちょっと心配した意味がおわかり頂けたのではないでしょうか( ̄▽ ̄;)

ただね、私が今まで何度も書いてきた「古い常識(不要な概念)をブッ壊す」ことって、単にそう思ってるだけじゃ、実際なかなか壊れないんですよ。
じゃあ、どうしたら壊れやすいかというと・・・実はショッキングな情報によって壊れることが多いんです。

ただ壊しただけじゃダメですけどね(・∀・)再構築しないと。
「破壊」だけじゃなく「再生」が無くてはいけませぬ。


shiva-the-hindu-god-1165592_640.jpg
「破壊と再生の神」シヴァ神。(日本では不動明王)


何度も言いますが、我々はもっともっとメディアリテラシーを高めなくてはイカン、と思うのです。
まず…

「事実」と「真実」は違います。


「事実」とは、実際に起こった状況や出来事。
「真実」とは、本質であり、真理です。

たとえばね。
Aさんという有名人が社会奉仕として、孤児院に大金を寄付したとします。
それがメディアで大々的に報道されて、Aさんの世間的な好感度はかなり上がったとします。
これが「事実」です。

ですが、Aさんはこの後に政界への進出を考えていて、なるべくクリーンで善良なイメージを作っておきたかったので、本当は戦略的な意味で寄付をしたのです。
これが「真実」です。

でも、Aさんにどんな意図があろうと、孤児院に寄付金が入ったのは事実。
偽善だろうと何だろうと、結果的に孤児院の人たちから見れば、Aさんはきっと善い人でしょう。

良いか悪いか。
正しいか正しくないか。
いつまでもこの判断基準のままでは、色々難しいと思うんですよ(・ω・)

で、
それを踏まえて、と。

私があのシリーズで書いたのは、「いくつかの事実」です。
「真実」とは異なります。

人間からみたら「彼ら」は、やっぱり悪者にしか思えないですよね?
そういう側面ばかり見えるし、事実そうだと思います。もちろん。

しかし・・・あの一連の話を聞いた後での私の感想は、大多数の方の意見とは、ちょっと違ってまして。

私自身は「彼らが加害者、人間は被害者」と、一概には思えませんでした。
事実であればこそ、その構図は私にとって、単純に腑に落ちる話ではなかったのです。

もう この際ついでだから、常識を度外視して言います。


あれは、どれも「人間から見た視点」ですよね?


この時も書きましたが → クラウドファンディングなど補足いろいろ 

サバンナのライオンとシマウマ。
襲うライオンの視点と、襲われるシマウマの視点。

襲うライオンが悪いのか。
ライオンに、お腹を空かせた子ライオンが居たら?
子ライオンは、シマウマを食べれずに飢えてもいいのか。

私は、それと似てるのではないかと思ったのです。
まぁ人間から見ると、やっぱり「彼ら」はただの悪者でしょうけど。

で、
事実としての話を聞き終えてから、SさんとKさんの個人的な見解を聞いてみたところ…
私が思ってたことと同じでした。
というより、私が思うよりも更に、多面的かつ多角的な角度で捉えておられました。

宇宙ってもっともっともっと、はるかに広いでしょう。
視野をもっと拡げて、大きくみた方がいいですよね。つまり、視点をね。


本当に地球の人間たちは、彼らにただ搾取されるだけの存在だったのか?
自力で頑張りたくても、洗脳されてしまって、思考の自由すら奪われてきたのか?
だとしたら、なぜ今までそんなことが 宇宙的に許されてきたのか?

そんな風に思った方がいるかもしれません。

で、私があの記事を書いた真意は「彼らは悪者だ」「彼らに従ってはいけない」では無いのです。
「彼らの誘導に乗ってはいけない」とか「彼らは恐ろしい存在」や「人間はちっぽけ」でもありません。

彼らは我々地球人と同じく、宇宙に存在している種族の一つだと、私は思っています。
彼らにも生きる権利があるでしょう。

でね。
実はもっと、大きな力が働いているのではないかと。。
善とか悪とか、そういうのを超えたもの。

ですが、「死」を「悪いこと」「悲しいこと」と思ってる方には、理解できないことかもしれません。

どこからどこまでが SさんやKさんの考えなのかを書くと、なんだか彼らのせいにしてるような気がするので、同感だわ!と思ったものは私の意見として書きますね。


cloister-2041063_640 (1)


彼らは莫大な財力を手にして、しかも帳尻を合わすために戦争まで起こしていた、と。
でも、我々人類は、それを止めることすらできない、未熟な存在だということです。

これは、頭脳や知能の話ではなく、残念ながら 精神性の話です。

地球人類は、精神面がとても未熟で「愛」というものがわからない幼稚な存在。
宇宙的に見て、生命体の種族としては、中身がかなり低次元。

彼らにスパルタで教育されている…とまではいかなくても、でもまぁ、そういう角度での見方だって出来ると思います。 獅子が谷底に我が子を落として、這い上がってきた子だけを育てる的な見方。
あ、ここで余計な感情論が入るとこじれるので、そういうのは一旦置いといてくださいね(・ω・)ノ

人類の精神性の程度があまりにも低いので、いいように利用されてしまったのかもです。
だけど、こういう意見の方も必ずいると思います。

「今まで人間は、彼らの情報操作によって洗脳されてきただけじゃないか!」
「我々一般人は、けっして戦争など望んではいなかった!」

この言い分、よくわかるんですけど…
正直、私は「それはちょっと違うかなぁ」と思いました。


今までも何度か書いてきましたが、結局、原因は自分の中にあると思うのです。

人間の心の中に「争いの種」があったということ。

自分たちの心の中に、許せることが許せなかったり、認めることが認められなかったり…
自分の心の中に潜む【負の感情】、つまり【闇】に蓋をして、見ないふりをしているのが大多数の人間。

それなのに、自分は頑張り屋で、常識があって、賢くて、良い人だと思っている。
それが多くの地球人の現状です。
だから、そこを見抜かれて、利用されただけ。

戦争という原因を持っていたのは、我々人間です。
彼らが支配する以前から、人間は戦争を繰り返してきたのですから。

しかし。
もう そこに気づいたのなら、自分と向き合うことを始めた方がいいのではないでしょうか。
厳しいことを言うようですが、被害者意識で「悲劇の主人公」になっていてはイカンでしょう。

私だって人のこと言えないし、心に闇もエゴも傷もたくさんある人間です(/ω\)
でも、このまま「誰かのせい」「何かのせい」にしていては、いつまでたっても未熟なままじゃないですか。 

この世界は自分の心の反映です。鏡です。

だから、見えない世界が、本当の世界。
この見える世界は、ただの幻想です。私自身は今はそう思ってます。


africa-944465_640.jpg


今まで(マヤ暦の終わりまで)は宇宙のサイクルとして、地球は「男性性」の時代でした。

大変に過酷な学びが多かった時代ですが、その分、人類にとっては成長材料にもなりました。
骨は圧がかかってこそ成長するという、ピエゾ電流の話と同じですね。→ 宇宙と骨とピエゾ電流

そして、現在は地球の周波数が上昇中で、しかも6次元の存在がサポートに入ってきているようで。
ますます地球は、おもしろいことになってきてるみたいです。

それとね。

私、ハッピーエンドが好きなんですよ☆


物語の結末はハッピーエンドが好き、という同意見の皆さま方(´▽`*)
ぜひ一緒に「ハッピーエンドの地球」の物語にしていきましょうね!

え?
そうしたいけど、どうしたらいいかわからないって?


まず、自分がハッピーになることです♪


この世は「フラクタル構造」ですからね^^

そのためには、素直になって正直になって、しっかり自分の内面と向き合うことです。
2020年までが一番おもしろい時代だと思います。ここ3年くらいが特に。

もうブログで書けることは、このくらいが限界かな
それにこれ以上書くと、混乱してわけわからんことになりそうだしね。

とにかく、早めにチャネリング講座の開設を進めたいので、もうちょいブログお休みしますぜ~~。
夜・露・死・苦☆彡d(*ゝω・)



ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪



スポンサーサイト

(7)この世界の仕組み(次元上昇) - 2017.03.25 Sat

今、地球の周波数は どんどん上昇しています。

これは 宇宙の法則であり、地球の意志とも言えます。



sun-1884518_640.jpg


前回からの続きです。→ (6)この世界の仕組み(フィンテック) 本日は長文です。

さて。 連日お伝えしてきました「陰謀論」ですが、皆さまどのように感じられましたか?

「嘘っぱちだ!でたらめだ!バカげてる!」
「これはスゴイ情報だ!参考にしよう!」
「腑に落ちないこともあったけど、真実味のある話もあったね」


とか、まぁ色々な意見があると思います。
で。
今回は、最後の「まとめ」ということで、私個人の意見を書いていきます。


person-1172018_640.jpg


私自身は、今までの話を総合的に考えて、信じるに値する部分は、今のところ…

「4分の3」です。

4分の1は信じられない情報なのかというと、そうではなくてですね。
「正直まだわからない」「判断しかねる」ということです。玉石混交って感じで。
ま、すぐに結論を出せばいいってわけではないですから^^

それから。
ここ数日の間、皆さまからたくさんのメールをいただきました。
大多数が「面白い」とか「遠方でお茶会に参加できないのでブログ更新が嬉しい」とかでしたが、中にはめんどくさいのも色々ありました☆(≧▽≦)

なので、念のため再度書いておきたいのですが、最初に書いた通り、このシリーズ記事はできるだけ私の主観が入らないよう、聞いてきた流れで記事を書き進めました。
なので…

「支配から 解放へ」
「集中から 分散へ」
「依存から 自立へ」


とか「自律分散型社会」など、ちょい耳障りのいい言葉を聞くと「うさん臭ぇ~~w」とか思っちゃったりね(笑)

いや、まぁこれは実際そうなってきつつあるんだけど。
言葉にすると、意外と陳腐だなぁと。

でね。
今まで私が何度もメディアリテラシーの話や、常識をアップデートするって話を書いてきた理由は、各自が自分の頭で考えて、自分の意見を持つことが大事だと思っているからです。
最近の記事には何度もそう書いてきましたよね。
私が「前置き」や「注意書き」を重視するのは、そこを覚えておいてもらいたいからです。

でも、何度書いても忘れちゃう方がいるので、再度言いますね。

私の言うことではなく、どうかご自分の感覚を信じてください。

Sさんも、Kさんも、同じことをおっしゃっていました。

それから。
Kさんというのは、実はブロックチェーン開発の会社をやってらっしゃる方なんですよ。
だから、若干の宣伝が入ってる感はあったでしょ?(笑)

でも個人的には、仮想通貨でのフィンテックには、マジで期待してます。

これを、「あ~あ、まんまとヤツラの罠に乗せられちゃって」と考えるのは至極当然。

でも、部分準備制度がなくなるわけじゃないし「仮想通貨」という選択肢が増えたわけですから。
地球を壊すような制度だけに固執したい人はいないでしょ。

私は非常識な人間なので「だったらまんまと乗ってやればいい」と考えるタイプ☆

「逆」で考えます。
池上さんも言ってたように、ビットコイン保有者はお互いに「監視」できます。
監視されてるからこそ、改竄はできない。。その条件はカバルも同じ。

すでに世界中でたくさんの人が保有して使ってるけど「監視されて困ってる」なんて人の話は聞いたことがないですw 銀行の利子が払えなくて困ってる人は多いだろうけど。
だから、何もビビったり構えたりする必要は無いと思ってます。

「監視」じゃなくて、情報を「共有」している、と私は考えます。

お金の価値を、国ではなく、私たち一般大衆が決めるのです。
一般人同士が横のつながりを広げれば、金融サービスのあり方を変えていけるのです。

銀行で融資受けて利子がつく方が私ゃ怖いわ(切実w)

近年、この世界の社会体制を築いてきたのは、残念ながらまぎれもなく「彼ら」です。
我々は敷かれたレールの上を生きてきて、今さら気づいて、そして既存の制度を批判してるだけです。
嫌なら代替え案を出せばいい。
出せないなら・・・今はこの枠組みの中で、出来ることをするしかない。

だったらそれに乗っかって、監視されてみればいい。
監視されて何が困るのか、まずは試してみればいい。
PCだってスマホだって、彼らの監視システムだけど、それらは平気で使ってるでしょ?

今さら何を隠そうというのか。
ディスクローズというのは、相手だけに公開を求めるわけにはいかないでしょう。
と、
私は考えております。 今はね。

いただいたメールの中で「確定申告でマイナンバーは書かなくてもいいんです」というご意見がありましたが、私が先日申告した時は、記入してない人のは受理できないことになっていました(;´Д`)
市町村で違うんですかね?

でも、他の皆さんは全員が記入してるのに、もしその中で記入していない人間の申告書があったら、むしろ目をつけられると思う(笑)
頑なに、彼らの思惑に乗ってはいけない、と言うのも 私は違和感があるんですよ。
まぁね、それぞれの考え方ですけどね^^


Kさんの会社は、別にビットコインを売ってる所でもなんでもないので、購入を勧めたりすることもないです。 ただKさんは「お金の正体」や「貧富の差」について、ずっと追及して答えを追い求めて来て、最終的に行き着いた答えが、なんと「ロスチャイルド&ロックフェラー(カバル)」だったというわけです。

そしてSさんは、ドランヴァロ氏から教えを受けたファシリテーターとして、精神世界を追及していって色々な情報をふるいにかけていって、行き着いたところが「ロスチャイルド&ロックフェラー(カバル)」だったというわけです。

で、最近お二人はたまたま知り合うこととなり、話してみたらアラびっくり☆
お互いに違う方向からではあっても、カバルの情報を持っていたと。

そして私は、3年半以上ずっとスピ本も読まず、仕事上での先入観を持たないように情報を遮断してきて、やっと解禁…というタイミングで、この話を聞くこととなったのです。

それはまさに、「逆」「反転」といったキーワードと一致するもので、私にとってはとても面白くて興味深い話となりました。


fantasy-landscape-1481154_640.jpg


地球は今、13000年の古いサイクルが終わって、新しいサイクルに変わりました。
「反転」したのです。
2012年12月21日、マヤ暦の終わりは、古い時代の終焉のことです。

「女性性」の次なるサイクルが始まりました。
地球の地軸のゆらぎによって起こる「春分点歳差」の周期運動です。

地球は今、周波数を上げ、変容へと向かっています。
アセンションが始まっているのです。

事実、地球の周波数は 長い間ずっと7・86HZでしたが、米国のいくつかの大学から集めたデータでは、シューマン共振によると9・6HZに上がっているそうです。

なぜカバルたちは混乱しているのでしょうか。
私はこの「宇宙のサイクル」が関係しているのではないかと思うのです。

カバルたちは何世代かを経て、考え方が変わってきた?
本当にそうでしょうか?
そんなに簡単に変わるものでしょうか?

私には、本当は変わりたくないから足掻いてもがいている、という感じに思えます。
それでも、カバルたちも宇宙の法則には抗えないのではないか、と。


人間の心には「恐れ」という感情がある。
だから騙されやすい。
人間には「恐れ」や「不安」などの【負の感情】があるんだと、ちゃんと自覚しないといけない。

お金が無くなったら…という「恐れ」。(だから金融でつけこまれる)
病気や老いに対しての「恐れ」。(医療や薬剤でカモになる)
食べたい時に食べ物が手に入らなくなったら、という「恐れ」。(保存料盛りだくさん)
前世のカルマや何かの因縁がついているという「恐れ」。(宗教関係)

実際は幸せであっても、人間はなぜか不安を感じたがる。
将来は…?老後は…?
人間は「不安」「恐れ」に対してお金を使う。

そういう不安要素を巧みに突いてくるのが「彼ら」です。
ネガティブな感情を喰いものにするのです。


でも大丈夫。そんな不安は幻想です。


幻想にお金をつぎ込む必要はありません。

今まで何度も言ってきましたね。
好きなことをしましょう(*´▽`*)楽しいことを♪
ありきたりかもしれませんが、子供のように喜びやワクワクを感じることは、とっても大事^^

楽しい波動、嬉しい波動は「光そのもの」です


地球の未来は、地球自身と私たち人類で決まります!


cosmos-1903435_640.jpg


さて。一連の『やみすぎ都市伝説』。
真偽の程はさて置き、なかなか面白いエンターテインメントだったと思っていただけたら幸いです☆

洗脳で刷り込まれてきた我々にとって、自分で考えるということは、簡単そうで案外難しい。
その点で考えると、この度の記事は「自分で考えるためのお試し用」と考えていただければ、そんなに悪いものではないと思います^^

まだまだ書き足りないこともありますが、またの機会がありましたら。。
で。
最後になりましたが、こういった話をまとめた映画があったそうでして。
私、全然知らなかったのですが、その映画は、Kさんが製作に関わってらっしゃったそうです。
なので、今回私が記事にしたことと同じような内容ですが、当然だけど、もっと具体的でスゴイ!

「嘘っぱちだ」と言う人も「真実だ」と言う人も様々いるそうです。
だけど、それでいいんだとKさんは仰ってました。

もし良かったら、ご覧になってみてください。



信じるか信じないかは・・・
1関さん


賛否両論たくさんのメール、ホントにありがとうございました☆
皆さまのご意見を参考にして、私もじっくり楽しみながら考えてみたいと思います!



【お願い】
長々とお付き合いありがとうございました( *˘人˘* )
このシリーズ記事は、2、3日中には削除かロックすると思いますが、何卒ご理解くださいませ。
もし良かったら、ねぎらいの意味で、最後に本日も応援クリックお願いします♪

チャネリング講座開設の準備や、オラクルカード作製や、ご依頼絵などなど。
やることが山積みなので、数日間ブログ更新できないかもですが、少ししたらまたいつもの、エロでアホでくだらない記事を書いてまいります!
また何卒よろしくお願いします♡(*´▽`*)ノ





ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


(6)この世界の仕組み(フィンテック) - 2017.03.23 Thu

2011年11月11日『リセットの日』。

この世界の「反転」のはじまり。

従来の“部分準備制度”とは違う「新制度」が推進されています。

その新制度が、
【仮想通貨】です。 


bitcoin-2007769_640.jpg


では、前回からの続きです。→ (5)この世界の仕組み(制度改革)

今現在、彼ら自身が(一部を除く)この世界を変えようとしています。
そうしないと、地球にいられなくなるからです。
(ここの詳しい事情は聞いてませんが)

そうなれば、現在の「完全支配の構図」を変えていくことが出来ます。

これはある意味、世界経済の【次元上昇】と言えるかもしれません。


play-994673_640.jpg

さて。
皆さんは「ブロックチェーン」をご存じですか?

はい、ちょっと面白くない話をしますよ。

「ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ分散データベースである。」(ウィキペディア)

?(゚∀゚)?
何言ってんのかさっぱりわかりませんね。
でも、あと一文だけ読みましょう。

「最初のブロックチェーンは2008年に中本哲史によって概念化され、翌年にはすべての取引の公的元帳として機能するデジタル通貨ビットコインの中心的要素として実装された。」(ウィキペディア)

はい。「ビットコイン」とは、仮想通貨のことです。
これは何かというと…

◆昔でいう「金の述べ棒」のようなイメージ。
◆出生不明で謎のアプリから生まれたシステム。
◆国や公の機関を介していない。
◆ビットコイン管理は、世界中に公開されているため(暗号化で)不正や改竄が不可能に近い。
◆「金」だから採掘もできる。


全然わかりませんね!
では、ここで助っ人を呼びます。
池上さんにお願いしましょう。池上さ~~~~ん!(/・ω・)/




でね。
「ビットコインは良いものなのか」とか「買うべきか」とか、そんな事はどうでもいいのです。
私が言いたいのは…

「中央政権を通さない 新しい制度」が生まれたという事実。

これが、どれだけ画期的なことか…!

今まで「部分準備制度」はマズい制度だ、と気づいたとしても誰も言えなかったわけですよ?
だって殺されちゃうし、家族が巻き添えになったら困るし。

それでも「正義を貫くぞ!」って直談判したとしても、結局「代替え案」が出せなくてはダメでしょ?
つまり「そんな制度は廃止にするべきだ」と言っても「じゃあ他にどんな制度を敷くんだ?」と言われて、案が出せなきゃ意味がないんですよね。

部分準備制度を上回るもので、今の社会に沿ったもの…。
う~~ん、洗脳されまくってきた人間の頭だけで、そんな制度作れるわけがない;

そうです。
このブロックチェーン、仮想通貨ビットコインのアプリが誕生した裏には、カバルたちがいます。

私たち地球人よりも、はるかに知能が高い彼ら。
次なる新しいアイデアを生み出していたのです。
経済学者たちがこぞって「革新的」と驚いたプログラムでした。

しかも、この謎のアプリ、開発者は「中本哲史」という日本名になってますね。

でも、いかなる経済アナリストも、この「サトシナカモト」の正体を知らないのです。

そりゃそうです。
いませんから。

実は、サトシナカモトは架空の人物で、このアプリの開発者は一人じゃないのです。

……てか、
これ言っていいのかな。
いや、いいんだろうけど、いまだに躊躇するわ…;

ええと、「サトシナカモト」はNSAの人たちのチームです。


NSAとは、アメリカ国家安全保障局のこと。

アメリカ国防総省(ペンタゴン)の諜報機関です。



59b34dc5.jpg

(※CIAがスパイ的な活動だとしたら、NSAは情報分析、集積、暗号解読などが主という感じ)


ま、そりゃそうですよね。民間企業や個人のわけがないですよね。
でも…
なんで日本人の名前?って思うでしょ?

これ、時間の関係で詳しく聞けなかったんですけど…

なんか日本とユダヤは密接な関係にあって?(もしや日ユ同祖論ってやつかな?)
日本は神社とかもあって、すごくて?
日本民族は非常に優秀で?
ぜひモデルケースにしたいとか?

なんかそんなこと言ってたような。。もうメモが追いつかなくて( ̄▽ ̄;)
なぜユダヤが出てきたのかも謎なんだけど。

と。
まぁそんなこんなで、この経済改革の発信地は、なぜか日本なのです。
皆さん、ご存じでした?
カバルからのご指名ですよ(マジです)

ただし日本人ってことなかれ主義だし、人と違うことをするのは嫌がるし、頭が固い。
だから「貨幣ではない新しい仮想通貨だよ」って言っても、なかなか受け入れようとしない。

しかし、それでもすでに金融の流れは変わってきています。
柔軟な考えのIT関連の若い人たちは、皆さんビットコインに注目し、この流れに乗ろうとしてます。

今後もしかしたら、銀行のようなサービスを、民間やネットがやる時代になるかもわかりません。
そのぐらい今後は変わってくる、ということなのです。

仮想通貨規制、2016年5月25日、法案可決。
2017年4月、施行。「銀行法」と「資金決済法」の改正。


これは、フィンテック(ITの新しい金融サービス)という大革命なのです!


dawn-1905602_640.jpg


支配から 解放へ

集中から 分散へ

依存から 自立へ



今、彼らは「自律分散型社会」を後押ししています。

今までの時代、エネルギーも「エコ」と言われた時代でした。
これからは代替エネルギーに応用の時代。エコではなく「フリー」にシフトしていきます。


さて。
ちょっと面白くない話が続いたので、話題を変えて、更に面白くない話を(笑)

ヒラリーさん、逮捕されるでしょうか。
ジョン・ぺデスタという人物と絡んで、人身売買をやっていたことが発覚してしまいましたね。
性的玩具や、食肉としても、子供を売っていた事実が出てきました。
おぞましくて吐き気がします。

オバマさんも、トランプ陣営に盗聴仕掛けてたことが判明しましたし。
他にも驚愕の事実がどんどん明るみに出てきてますね。

これからの時代は、ヤバいことは隠しておけません。
ディスクローズ(機密情報開示)の時代になってますから。

そのかわり、我々も同じです。
人の情報が見れるのだから、我々も見られます。
マイナンバー制度になったでしょう?

これからは光が強くなってきますから、悪事を働いてもばれるようになります。


それから、トランプさんに関して。
横暴なイメージがありますが、実はシリウスの波動が少しあるそうです

それと、米国で大人気の占星術家、ロバート・フェニックス氏によると、大統領就任式の日、トランプ氏は70歳と7か月と7日目になるのだそうです。
数秘的にみると、この7-7-7という数字は、非常にパワフルかつ高次の意識と結びついた数字の並びであり、トランプ氏が高次のより善きもののための器、または乗り物になる、という意味にも取れる、と言うのです。

今はね。
悪い方のカバルが乗っ取ったら、また変わるのかもしれませんし。


それにしても今、アメリカのトップたちが、壮絶な争いになってませんか?
それぞれに後ろ盾がついてるんですけど、呪術合戦とかサイバー攻撃とか、すんごい事になってるんじゃないでしょうか。
トランプ氏が大統領になってから、カバル側(悪の方の)がムキになって、もうボロ出し過ぎ状態;
れだけ追いつめられてるってことでしょうか。

もしかして、トランプさんがしょっちゅうツイートしてるのも、自分がどこで何をしてるか世界に発信することによって、暗殺されにくいように、という意図があったりして…。

おっと、最後のは私の推測でした。

なんとか次回でまとめ終わるかもです。
それでは、次回に続きます。


【お願い】
皆さま、たくさんのクリックありがとうございます!
ランキングにいちいち飛んで戻ってくるの メンドクサイよねw メッチャわかります(笑)
でも、このシリーズももう少しで終わるので、ぜひ本日も応援のポチをお願いします( *˘人˘* )




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


(5)この世界の仕組み(制度改革) - 2017.03.22 Wed

戦争を起こし 地球と人間のエネルギーを貪り続けてきたカバル。

それを無意識で加担してきた我々人類。

この先の未来は…?



cross-2129275_640.jpg


では、前回からの続きです。→ (5)この世界の仕組み(プロビデンスの目)


今、金融システムも大転換期に入りました。

長く続いた『部分準備制度』とは違う、新しい貨幣制度が生まれました。

確実に、着実に、時代は大きく変わってきています。



実は、カバルは弱ってきています。

弱ってきている、という表現が合っているのかはわかりませんが、とにかく彼らも大変です。
彼らに何が起こっているのかというと…

カバルの中からの革命、とでもいいましょうか。

だって、このままだと地球はいつか壊れてしまう。
火星と同じように。

それを懸念し「もうやめよう」という意見が、カバルの中でも多数出て来たらしいのです。

多くのロスチャイルド系のカバルは、今は地球破壊を回避するべき、という意見だそうで。
地球や人類に対して、かなり柔和な態度で手助け…というか回復措置をとる方向。

ただし、ロックフェラー系のカバルは、まだ貪っていたいようです。
人間と同じで、カバルにも性格?人格?があるので、皆が皆同じ意見ではないわけですね。
あと、財団のグループの者であっても、中枢以外の末端になると、そういうのメンドクサイらしく、どうでもいいと思ってるみたい( ̄▽ ̄)

それだけ人間社会に溶け込んで馴染んで生活してきたんだし、もう何世代も続いてきましたからね。
世代によって、だんだん考え方も変わってくるでしょう。
なんか、地球人もレプタリアンも、同じ宇宙人なんだなぁと、個人的には思いましたね。

もちろん、今までカバルがしてきたことは許されることじゃないけど、でも、それを自覚してるからこそカバルたちも、もう今さらどうしようもないと思って、身内で揉めながらもズルズルきてしまったらしいのです。

まぁ、それが必ずしも本心かどうかは、もちろんまだわかりません。
本心だとしても、まだ反対派がいるようですし。

いずれにしても、このまま何も対策を講じないのは、彼らにとってはマズイみたいです。
原因については詳しく聞いてませんが。(おおよその推測はできるけど話がそれるので)

ただ、明らかに流れは変わりました。

2008年。
地球寄りの方向に転換することになりました。
「部分準備制度」とは違う制度を設けるのです。

まずは、金融システムの流れを変えることが、正式に決まりました。
彼らとの合意で決定したのです。

少し前のことですが、それは…


2011年11月11日。


この日を「リセットの日」と言います。



sunrise-717816_640.jpg


「この日から、この世界は“反転”し始めました」


Kさんがそう言った時、私は全身に鳥肌が立ちました。。。

私が今まで感じてきたことは、間違ってなかったんだ…→ 「逆」と「脱皮」と次元上昇

でも。
やっぱりカバルたちも最初は抵抗があったそうです。
それでも、このままでは自分たちは滅んでしまう、と危惧したのでしょう。
なんと「何とかならないか」と、ドランヴァロ氏に助けを請うたそうです…!

その時のことを、ドランヴァロ氏はこう言ってたそうです。


「助けたくても 彼らはハートがないんだよね…」


ドランヴァロ氏の言うハートとは、「心」とか「気持ち」とか、そういう意味ではなく、
文字通り「心臓」のことです。

心臓が無いって、どういうことでしょう(?ω?)
ちょっとよくわからないんですけど、人間の体になってるのに心臓が無いってのは…?
カバルってどうなってるんでしょうね。

で、彼らカバルは気性が荒いのです。
何か面白くないことを発言すると、背後のどこからかイスを飛ばしてくるそうです。
サイコキネシスとかかね?
頭が急にキーンと痛くなるような作用を及ぼすことも可能らしいです。

ちなみに、ドランヴァロ氏は今までに 3回殺されそうになったそうです。
でも、ドランヴァロ氏には「トート神」という強い守護神がついてるから。

あ。
そうそう、話はいきなり変わっちゃうけど、ドランヴァロ氏について。
意外と皆さん、よく知らないです~という方が多かったので、ちょっとだけ説明をば。


jesus-653472_640.jpg


カルフォルニアバークレー大学卒業。
もともと物理学と数学を専攻していたが、学位は美術で取得。
アリゾナ州のセドナ在住。

彼は、これまで自分のガイドである二人の天使の導きのもと、世界中のさまざまな霊性の教師や、ネイティブアメリカン、マヤ族、コギ族などの南アメリカの先住民の元でも学び、人間の純粋意識の探求を、瞑想やエソテリックなインフォーメーションと、科学や量子物理学的な知識を融合させた、独自のワークショップを開催。

ドランヴァロ・メルキゼデクは、約百億年間、13次元のメルキゼデク聖師団にとどまった後、 地球にやってきて「ホワイト・ブラザーフッド(聖白色同胞団)」に所属。

数十万年前に「宇宙根源」からアトランティスへやってきて、人間の肉体をまとい、 「秘教学校(ナカールミステリースクール)」を建てて、太古の叡智を教えました。

その後ユダヤにあらわれてアブラハムとなり、モーゼ、エリヤ、イエスに転生。
今生はウォークインの手法で地球人に転生したのが、このドランヴァロ氏。

地球時間では、160億年~170億年以上前の古い記憶もあるそうです。
この宇宙が誕生する前のことです。
宇宙には数多くのメルキゼデクの存在がいて、銀河系だけでも一千万くらいのメルキゼデクが存在しているとか。。。


まぁ、ざっと聞いただけだと、ポカーーンですが(゚∀゚)
大丈夫ですか?皆さん、ついてこれてますか?(笑)

「メルキゼデク意識」は「キリスト意識」であり「純粋意識」。
わかりやすくいうなら、イエス・キリストが現代にいるようなもの、と思っていれば間違いないです。

おっと。。
とにかく、時代はもう変革の時を迎えています。
今までとは「逆」のサイクルになりました。


すんません、長くなっちゃったので、次回に続く~~( ´ ▽ ` )ノ



【お願い】
たくさんの応援クリック、皆さま本当にありがとうございます!
頭のおかしいBBAだと思われるって思ってたのに(いや間違ってないけどな)ほんとビックリ☆
もう少しでこのシリーズも書き終わりますので、続きが読みたいと言う方は、
どうか本日もポチよろしくお願いします♪





ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪



(4)この世界の仕組み(プロビデンスの目) - 2017.03.21 Tue

食料供給を支配する者は 人々を制す。

エネルギーを支配する者は 全大陸を制す。

貨幣を制する者は 世界を制す。
   <ヘンリー・キッシンジャー>


dollar-1036669_640.jpg


前回からの続きです。→ (3)この世界の仕組み(支配構造)


銀行にお金を借りたら、利子を払うもの。
今まで私は、そこに何の疑問も抱いたことがありませんでした。

で。
この制度を『部分準備制度』と言います。


ピラミッド型支配構造


このピラミッドの頂点が、ロスチャイルド家やロックフェラー家など。
このほんの一部の財団に、世界の内の大部分のお金が入るようになっています。

見てください。
国家主権など、ピラミッドの最下層ですよ;

この部分準備制度というのは、なんと右肩と左肩の帳尻が合わなくなってしまうものらしく、実は過去に、その欠陥に気づいた人間もいました。
しかし「彼ら」に対して制度の欠陥を指摘したり、追及したりした人間は…

いなくなります。
消えます。

意味はおわかりですよね。

この制度は、そういう性質の制度なのです。
いつか計算上の帳尻が合わなくなるので、無理にでも合わせなくてはならないのです。

壮大な「粉飾決算」ですが、 そうなると…


10年に一度くらい戦争が必要になるのです。



war-472611_640.jpg


そうしないと帳尻が合わなくなります。つまり…

「部分準備制度」とは、地球が壊れていくシステムです。

そこに、我々人類は乗っているのです。



war-1911177_640.jpg


元々「カバル」は火星に住んでいました。
彼らは争いの絶えない荒い性質の存在で、火星は争いによってボロボロに荒廃し、住むことができなくなってしまって、そこで、彼らは地球に目をつけたのです。

プロビデンスの目


三角形に目。彼らのシンボル、「プロビデンスの目」です。
「全てを見通す目」とも言われています。

すべてを支配するべく、最初の『金融』を押さえた彼らファミリーは、次に『宗教』を押さえました。
バチカンは彼らの息がかかっていると言われています。

『メディア・通信』の分野も、自分たちの傘下に治め、情報をコントロールしていきました。
お金の力があれば、いくらでもスポンサーになれますし、買収もできます。

『医療・薬剤』も、人間の体に害となるような薬を、どんどん開発させました。
『食料』も、身体に悪い影響を与えるものを、大量に生産させていきました。

『エネルギー』、『司法』、『政治』、『軍事』、『教育』・・・などなど。
すべてを支配し、すべてを監視できるようにしました。

このように人類を操作し、ロスチャイルド家は徐々に頭角を現して、ロックフェラー家と共に更なる支配を続けていきました。

たとえば、エイズ。
エイズウィルスは人工的に作られたものです。
本当は開発時に、ワクチンも一緒に作ってあるのです。 

化石燃料(石油・石炭・天然ガス)に頼らなくても、とっくの昔にフリーエネルギー開発の技術は出来ているそうです。だけど、それを世の中に出すわけにはいかないので、誰かが開発して売り出そうとしたら、確実に潰します。

ケネディ元大統領はカバル側だったそうですが、彼らに抗うようになって暗殺されたそうです。

9・11もやらせでしたよね。
各国首脳の中には多くの「カバル」がいて、世界経済を牛耳っているそうで。

ね?
信じられませんよね?
こんな話、信じられますか?

キンコン西野さんのやり方がどうの、人のマネがどうの、嫌なことを言わずに我慢だの…
いまだにそんなことを話題にしてるのに(私が勝手に書いてるだけだけど)ここまでぶっ飛んだ話、それこそ「常識的」に考えても信じられないもん;

でも、私たちが信じていた「常識」って、どうなんだろう?

このまま、メディアリテラシーが欠如したままでいいのかな? → メディアリテラシーの話

この話がもし本当なら、確かに間違いなく、彼らは「すべてを見通す目」を持った強大な権力者です。
我々人類は、彼らに莫大な富を捧げるために存在しているようなものです。
火星からやってきた彼ら「レプタリアン」のために。

でも、気づいた人間は始末される。

家から証拠物件が盗まれたり、会社や研究所が焼かれたり、社会的地位を追われる場合も。
でも、それはまだかわいい方だ。
家族にもし何かあったら・・・そう考えると、何も言えなくなるだろう。

我々はこのままずっと自分の頭で考えることも出来ず、ただ奴隷のように彼らの労働力として生涯を終えるのだとしたら、もはや「絶望」という文字しか出てきません。


が、しかし。

変化が訪れました!


実は「彼ら」は弱ってきています。


彼らには、もう以前ほどの力が無くなってきたのです。
その背景には、色々と複合的な要因がありますが、とにかく彼らも必死のようです。

では、
この先は?この世界の未来は…?


きりの良いところで、次回に続きます~~( ´ ▽ ` )ノ


お願い 】
このシリーズの記事の時だけで結構ですので、応援のクリックをお願いします!
もうここまで書いたら、いっそ全部書いてしまった方がすっきりしそうだわ(笑)
続きが読みたいという方は、ぜひぜひバナーの絵をポチしてください♪
どうぞよろしくお願いします( *˘人˘* )





ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

本日のぼそり

(15日23時55分頃にぼそり) 今日は鞍馬寺に行ったぞい☆ 写真は京都駅である。どうでもいいけど、さみーよ!雨降り過ぎだよ!吐く息が白かったよ!冬か!( ̄▽ ̄)ツッコみ満載w でも一度は行こうと思ってたし、もしかしたらベストなタイミングだったのかも。  夜フラフラになって群馬に帰ってきたので、確実に明日は一日死んでる…( ̄▽ ̄)

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (29)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (85)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (37)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (160)
秘密結社【闇月】受講生の声 (3)
神社仏閣 (32)
守護存在について (14)
ものの見方・捉え方 (33)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (8)
石系 (26)
お知らせ (63)
未分類 (139)
やみすぎ都市伝説 (8)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123