ヘッダー

2017-06

二極性の理由 - 2017.04.16 Sun

あ“~~~28℃!
今日は関東めっちゃ気温上がったね~~。

いやホント暑かったり 汗ばんだり ラジバンダリ! \古いわっ/
 
さて。
出だしから軽くスベったところで、本題いきませう(/・ω・)/


blur-1845861_640.jpg


前回からの続きです。→ 危険なチャネリングメッセージ 

まず、補足的な話を。
「やっぱり大事なのは、両極のバランスをとるってことですかね」というメールをいくつか頂きまして。

きっと皆さんは独自で色々考えられて、そのように感じたのだと思いますが。。。
あ、もちろん間違いじゃないと思います^^
自然界でも何でもそうだろうけど、バランスとるのって大事ですよね。

そうできれば理想的だろうし。
そうであるべき「立場」とか「仕事」とかってのもあるでしょう。
でも。。
私が本当に言いたいのは、そこじゃないんです( ´Д`)


「巫女体質」とか「審神者体質」ってのは、書いてある通り「体質」です。
でね、体質っていうのは、ここでは「個性」という意味で考えております。

この時も書きましたが…→ 意外なガイドさん

「飛び抜けた教科よりも、苦手教科をなくす努力をしなさい!」
「どの教科も平均的な理解力じゃなきゃダメ!」


これが今までの教育ですよね。
実際、正しいと思います。一理あります。
つまり『正論』です。

でも、その正論で、個性の芽を摘んでしまう可能性もあるわけですよね。
それと同じで「二極のバランスをとるのが大事」と安易に結論付けちゃうと、ただの正論になりがちなんですよ。

もっと言っちゃうと、旧来の価値観。古い常識。
今まで通りに考えていって、誰でもアッサリと行き着く答えが「バランスをとる」です。

言い方キツかったら堪忍ね(´ω`)ノ
でも、従来のパターンを崩す提案として書いてるので、今は一般論は置いときましょう☆


「巫女体質」「審神者体質」は、エンパスの分類にも入ります。
エンパスはかなり細分化されていまして、その体質を制御するのは非常に大変です。
(話が逸れるので、詳しい内容は省きますが)
で、そのことから考えてもわかりますけど…


出来ない部分を必死になって補おうとするんじゃなくて、
出来る部分を伸ばした方が 良い結果が出るんじゃね?



ということなのよ。
そのモデルケースとして紹介したのが…↓

キンコン西野さんの炎上人生に学ぶこと
金持ちホームレス小谷さん でした。

キンコン西野さんが「審神者体質」だとしたら、
ホームレス小谷さんは「巫女体質」かな^^

二極が際立ってて、それぞれの持ち味を発揮されておられる。
素晴らしいと思います!ブラボー!!!!!

なので、こういう場合「バランスをとる」とかは、ちょっと違うと思うんですよ。

あ、そうそう。
「ヤミコさんはどっちですか?」とも聞かれたのですが…


私は「審神者体質」です✧<( ̄▽ ̄)>どやっ

ん?
誰だ、嘘つきとか言ってんのは 
こういう頭の悪い「審神者体質」もいるんだよ!(笑)


「巫女体質」の人って、間が抜けてておバカさんで(私に言われたくないだろうがw)
ぼんやりしてる人が多いけど、狙ってない「素」の天然素材にはかなわない
憎めないタイプで、つい世話焼きたくなっちゃうんだよね。

だから世の中、うまく出来てるんだと思います。


theravada-buddhism-1802873_640.jpg


出来ない人が困ってたら、出来る人は手を貸してあげて、
足りない部分は、余ってる人が補充してあげて、

けっして自分と違うことで、責める必要などなく、
自分と合わないからといって、嫌うこともなく、
相手の何もかも、すべてを理解する必要などなく、

「自分とは違う」ことを、ただ自覚する。
「個性なんだ」「違ってて当たり前なんだ」と、認識すること。


そこがスタート地点になると思ってます。
そこが納得できない人は旧式の概念の人だとは思いますが、別にそれが悪いわけじゃないんです。
たとえば…

「人より仕事が劣ってるなら、人の2倍3倍は頑張って、休日も返上で仕事覚えろよ!」
「努力と根性と気合い、文句は全部やりつくして、結果出してから言え!」とかね。

すごいケースだと、こうなります。
確かにその通り。正論です。
そういうのずっと続けても辛くない人は、そのままで全然いいと思う。

私はそういうのもうヤダ、無理ヾ(´д`|||)
なんか「昭和の精神論」て感じ。

そういうブラック的な労働はね、好きなことだったらなぜか続くんだよね。
好きじゃなきゃ、いつか病気になっちゃうかも。

でも、どんな道を選択しようが自由。
自分で決めたなら、誰のせいでもない。

ですが。。。
前回私は「情報を受け取る側が審神者になって考えなきゃ」と書きました。

じゃあ結局、巫女体質の人は、審神者の能力を身につけなきゃダメってこと?
やっぱりバランスよく、どちらの能力も必要ってこと?

と思われるかもですが、そうではありませぬ(〃゚∋゚ )b

たとえばね。
宇宙からのメッセージを、数字や記号で受け取る人がいます。
何かの暗号みたいな感じだったりね。
ところが同じメッセージを、音楽のメロディや絵で受け取る人もいます。

得意分野に変換して、インプットしてるんですね。
で、それはアウトプットも同じなんです。

巫女体質は巫女体質なりの「審神者力」ってのがあるんです。
これがいわゆる…

「何となくそう思ったから♪」ってヤツです。

ブログ初期の頃は、この「何となく」というキーワードを何度も出してました。
最近ずっと、チャネリングに関しての記事書いてなかったもんね。

えっ?
そんなアバウトで、不確かで、いいかげんな審神者力でいいの!?
となりそうですが(笑)

いいんです♡( ´ ▽ ` )ノ

どんな感じ方でも、捉え方でも、OK☆
不要な思い込みを外して、自由に楽しく生きてると、直感が冴えてきますからね。

巫女体質の人が肩身の狭い思いをして、審神者と同じ知識を身につけなくてもいいんです。
巫女体質はその個性だけでスゴイ能力なんです。
審神者体質の人も同じ。
たまにすんごい神ってるアイデア思いついちゃうし^^

一人で抱え込んで、頑張ってバランスとらなきゃと、無理することはないです。
受信も、判別も、自分の得意分野で出来ます。


_yin-yang-2024615_640.jpg


この話は、『ツイン』の話題から始まりましたよね。
地球に命として宿る時、必ず「男」と「女」の二つの極に分かれる、と。

陰と陽。
表と裏。
「巫女体質」と「審神者体質」。

地球が二極性で成り立ってる理由。
我々は、今一度よく考える必要があるのかもしれません。

何のため?

さあ。
皆さん一緒に、悩んだり、考えたり、ラジバンダリ! \だから古いっつの/

こんな終わり方でサーセン(〃ω〃)ゞ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


スポンサーサイト

危険なチャネリングメッセージ - 2017.04.13 Thu

「上なる如く、下もまた然り」 ―ヘルメス・トリスメギストス― 


エジプトのピラミッドから発見された【エメラルド・タブレット】の有名な一文。
トート神との習合、錬金術の神人とされる『ヘルメス』が記したと言われています。


sphinx-1218603_640.jpg


前回からの続きです。→ 神降ろし

“神降ろし”は、チャネリングの一種ですが、降霊と同じ“口寄せ”です。
しかし「チャネリング」とは、ひらめき、アイデア、予感、etc…
そして「場」や「物質」や「生命体」との同調状態のことでもあります。

「周波数を合わせる」
「波長を合わせる」
「共振、共鳴、共感」
・・・という状態。

「何」と、もしくは「どこ」とチャンネルを合わせるか。
そのチャンネル数が多いほど、色んな次元、霊、神様、宇宙人といった、目には見えない存在からの情報が受け取れることになりますね。

さて。
この辺から、またしてもピリ辛表現になってしまうんだがね、明智くん(´・∀・`)  

世の中、いつの間にやら「チャネラー」を自称するスピブロガーさんが激増しました。
…ん?私もそうなるのか?(笑)

数多くのチャネラーの方々が、毎日たくさんの「チャネリングメッセージ」を伝えています。
まぁ、基本的にチャネリングは誰でも出来てるし、誰でもメッセージは受け取れますしね。
人間である限り(人間でなくてもだけど)システム上、必ず受信出来るものなのですから。

で、ですね。
受け取った情報をブログやSNS等に書きたければ、書くのはもちろん個人の自由です。
チャネリングの内容をメッセージとして流すことは、けっして悪いことではありません。
ただし、過去記事でも書きましたが…


チャネリングした先が、善良な存在ばかりではない ということ。


ライオンとシマウマのたとえを思い出してくだされ。
今はシマウマ視点の話ね(・ω・)b

過去記事にも書きましたが、チャネリング失敗談があるんですよ、私…
よからぬ存在とコンタクトしちゃったような経験があってね;
(古い読者さんは読んだことあると思いますが、チャネリング講座が有料の為、現在その過去記事は鍵かけてます)

私、チャネリングと絵が基本的な仕事だけど「今日のチャネリングメッセージです♡」とか言ってブログに書いたことないんです。

ブログを始めた頃一度だけ、コノハナサクヤヒメに教えて貰ったメッセージを、“チャネリングで聞いたこと” して記事にしたことがありましたが、でも書いた後に「なんかメッセージ流すようなことって、ヤミコ的に何か違くね?」と疑問が出てきて、違和感も感じたので、それからはもう書いてません。

これが前回書いた「チャンリングに関しての自分ルール」です。
後から考えたら、違和感が何かわかりました。

もしかしたら、世の中のメッセンジャーさんたちに失礼かもしんないけど…( ̄v ̄;)
巷のチャネリングメッセージって…


審神者が不在なんですよね。


受け取ったものをサニワッてないんです。
ただキャッチした情報を、ほぼ精査することなく「本日のメッセージ~」とか「〇〇からのメッセージ~」とか、真偽を鑑定・判別せずに毎回流しておられるの。

チャネリングして情報を受信することも、メッセージを誰かに伝えることも、全然悪いことではないのですが、ただチャネラーの皆さんが、ちゃんと内容を吟味してから発信しているようには…正直、あんまり思えないんですよね 皆がそうではないだろうけど。

「私が受信したものは、絶対に良い内容だから!」と信じて疑わないとしたら…
それは『自分を信じる』こととは違います。

以前、虐待のことでも書きましたが、「虐待なんて絶対信じられない!許せない!自分は絶対にしない!」と声を荒げる人ほど、実は虐待する傾向にある、という話と同じです。

「自分は絶対に間違わない!悪い者とはつながってない!私は波動でわかるんだから!」
と、絶対の自信を持つ人ほど、実際は危ないのです。

どこからの、誰からの、どんなメッセージなのか。
ちゃんと発信元はわかっているのか。
メッセージの内容に関して、どのように感じたのか。
その発信元と自分とは、どのくらいの信頼関係があるのか。

それさえも不明瞭なまま「チャネリングメッセージです✨」とは、私は書けないんだよね(;´Д`A
あ、こんなこと書いちゃうと、ただディスってるだけみたいだけど、そうじゃないんだよ


この間の『やみすぎ都市伝説』のSさん。
Sさんは海外の有名なチャネラーさんの著書を翻訳されたんですけど、このチャネラーさんも数年前に、世界規模で発信していたチャネリングメッセージを、思うところがあってやめたそうです。

勇気ある賢明な決断だと思います(´・ω・`)

いつも宇宙は、たくさんのメッセージを我々に送ってくれています。
高次元の惑星からだったり、光の存在だったり…
でも、ネガティブな存在も、それはそれはたくさんの情報を送ってきているのが現状。

今まで、この世の支配勢力といった存在を(情報操作やグリッドなど)何も知らなかった一般人のチャネラーが「私は絶対に大丈夫!」なんて言えないと思うんですよ。

これは私だって、当然同じです。
私だって間違えないとは言えません。

ま、だから私は、チャネリングメッセージとかって、ブログで書かないんですけどね(〃゚∋゚ )b

それに、
守護存在の指導霊(ガイド)の話
← この時も書きましたが…

私ね、周波数合わせにくいチャンネルを減らして、得意チャンネルだけに絞りましてん。
幅広く出来なくてもいいやと思って「守護存在」チャンネルに、的を絞ったのです^^
結果的に余計なものには、フォーカスしにくくなったんじゃないかなぁ。


あのですね…。
グリッドを操作できて、電磁的なアクセスができるのがわかってるのに、ネガティブな存在が意図的に情報を流していないと思いますか?

カリスマ願望がある人や、宗教的トップに君臨したい人や、承認欲求の強い発信者など。
そういう人たちは、ターゲットになっているそうです。

ネガティブな存在は、チャネラーが本当に高次元存在とアクセスしたのを確認した後、入れ替わりのようにアクセスしてきて、高次元存在になりすまして、メッセージを出すそうです。

そのチャネラーさんにしてみたら、確かに高次元存在だったはずなので、疑いようもない。
一定の周波数領域にも、ネガティブな存在が情報を流しているそうです。

でも。。これを「恐ろしいこと」と思う必要は、一切ないです。

なぜかは、しっかり考えればわかること。
…とか言って、私も半分は聞いたことなんだけどね、明智くん(〃▽〃)ゞハハハ


記事冒頭の一文、「上なる如く、下もまた然り」とは、上にあるものは下にもあり、下にあるものは上にもある、という宇宙の根本原理だそうです。

ヒンドゥー教でいう「ブラフマン(梵天)」と「アートマン(真我)」みたいな?
私にはまだそういう真理みたいなものは、頭でしか理解できませんが。
いや、頭でも理解出来てるかどうか…w

身近な構造で例えるなら『フラクタル』でしょうか。
ちょっと違うかもしれないけど・・・私が言いたいことは、要は「縮図」だってことです。


fractal-2006166_640.jpg


地球の人間社会だって、オレオレ詐欺とかあるでしょ?
あれと同じようなものですよ。

今までは、不安を駆り立てるようなやり方だったけど、最近では、還付金がもらえるとかって「人の欲」を突いてくるやり方になったみたいですね。 同じだと思いませんか?

ちなみに、この話を書いてるのは怖がらせるためじゃなく、むしろ逆です。
「こういう詐欺があるから気をつけて」「本人かどうか確認しましょう」って、聞いたことあるでしょ。

「そんなこと言われたら、電話が鳴っても怖くて出れない」とか言いますか?
言わないでしょ^^

怖くないでしょ?
知ってた方が怖くないんです。
知らないと、詐欺に遭っちゃうかもしれないんです(*´Д`)

別に、地球の人間同士で起こってることと、大差ないことですから^^
むやみに怖がるのはやめましょう。
カリスマ欲を突いてくる存在には気をつけましょう( ̄▽ ̄)

地球で起こってることは、宇宙でもある。
宇宙で起こってることは、地球でもある。

家庭であることは、学校でもある。
学校であることは、社会でもある。
国であることは、世界でも必ずあるのです。

虐待にしても、チャネリングに関しても、何にしても…
「敵を知り、おのれを知れば、百戦危うしかず」ですから。

再度お断りしておきますが…
チャネリングメッセージが悪いわけじゃないし、ブログやSNS発信者のチャネラーさんたちが悪いとも思いません。表現は自由だし、誰しも書きたいことを書く権利があります。
個人的には、良かれと思って人のために書いてらっしゃる方が多いんだろうな、とも思いますし。

だからこそ、メディアリテラシーをもっと身につけなきゃイカンわけですね、我々は。


ブログなどを発信してる人たち。
そこに書かれてる記事。
「書いたことに、発信者は責任を持つべき」という意見もあるでしょう。

でも私、全然そう思わない~~( ̄▽ ̄*)

たとえば、このブログだったらね、片田舎に住むごく普通~の主婦が書いてる記事を、いい歳した大人が盲信する方がおかしいと思うし、それこそ「自己責任」で読むべきなんじゃないかなと思うのよ。
ヤミコ何様なんじゃ~と思われるかもですが、他のブロガーさんの場合も同じことが言えます。

で、
結論。 何が言いたいのかというと、チャネリングでも、ブログでも…

情報を受け取る側が審神者になって 考えていかなきゃね。

ってことでしょか^^
結局、誰かのせいにしてちゃイカンもんね。

まだ書きたいことあったけど、また次回にでも~~☆(*´▽`*)ノ明智て誰~~。



P.S そういえば、あと数時間後に(夜中)NASAが、土星に「地球外生命体」の存在がいるとかいないとか報告があるとか^^ わかってるくせに~~w

ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


神降ろし - 2017.04.11 Tue

お晩で~い( ´ ▽ ` )ノヤミコでございまする~~。

「巫女体質」「審神者体質」
皆さん、自分がどちらのタイプか、わかりましたか?

あ、でも別にわからんくても問題ないからね^^
ただ、念のため言いますと「自分でも自分がイマイチよくわからん人」は 巫女体質さ( ̄m ̄*)
書いてあったでそw

体質への表現がディスり気味で辛辣ですが、辛口もヤミコの持ち味なので 勘弁してね♡
この際もう、巫女体質がおバカさんで、審神者体質がヤな奴、ってことでいんじゃね?(笑)

では、前回からの続きです。→ 巫女体質と審神者体質


ancient-1782432_640.jpg


そもそも古来では、なぜ「巫女」という存在が必要だったのか。

神社というシステム ← この時も書きましたが…

弥生時代の人間の平均寿命は、15歳~16歳。
(たぶん出産時の死産の多さで、平均寿命がここまで低いんじゃないかね?)
病院や薬の無い時代ですし、簡単に滋養をとることも出来ません。

天候による食糧難、飢饉、感染症、伝染病…
過酷な環境下であったことは、容易に想像できます。

天気が続けば雨乞いだし、雨が続けば雨をやませる儀式。
となれば、御神託を仰ぐのが当たり前の時代、と言えますよね。
と。
まぁ、このようにして古代から巫女を重用していたのかなぁと。。

でね。
霊媒(巫女)って、トランス状態になる人が好ましいんですよ。
フルトランス。
これは自分の意識がない状態です。

完全に神懸かりになって、その時の記憶を覚えてない人。
これが、巫女としては一番の素質だそうです。

本当の本物の霊媒(巫女)というのは、こういう体質の人のことを指すそうで。。

その間、泣こうが吠えようが暴れようが、意識がないってことです(怖っ;)
まぁ確かに、それこそが信憑性に値する最たる状態でしょうね。

大昔って、儀式中に『性交』する場合もあったそうです。
だからたぶん、演技で巫女を務めるのは無理でしょう( ̄v ̄;)
はービックリ(笑)

事前に合意はしていたと思うけどね。
もちろん流派?とかによっても違うとは思いますが。

きっと現代のような貞操観念ではないだろうし、そういうことも「神事」になるのかも。
時が変われば、常識も変わるねぇ(*´Д`)

そのような意味合いからも、巫女は「器」の役割の存在でした。
ただ純粋な「器」として在るため、余計な知識は入れなくてよいとされていたそうです。

確かに、何も知らないはずの巫女の口から、すんごいお告げが出たら、そりゃあ信じるよねw


thailand-1976141_640.jpg


審神者は巫女に降りた神を見定め、その口述を記録しなくてはいけません。

なぜかと言うとですね。
巫女が神懸かって、御神託を述べはじめたとして、書き留める人がいなかったら、全ては台無しになってしまうからです。

だってホラ、巫女はその間の記憶がないからね ┐(´д`)┌   

巫女だけでは『神降ろし』は成り立たない。
だから審神者が必要なのです。

巫女に知識は無くていいけど、審神者にはある程度の知識が必要です。
知識だけではなく、やはり直観力も必要だし、肝が据わってないと。

男と女。
陰と陽。
巫女と審神者。

どちらか片方だけでは成り立たない、二つの極。


それでは。。。
神託を降ろすとは、どういうことか。
巫女や審神者が、どういった存在か。

それは、口寄せはチャネリングの一つであり、巫女や審神者はチャネラーだということです。

で。
それはいいとして(・ω・)チャネリングって、それだけじゃないんですね。
過去記事でも書きましたが…

ひらめき、アイデア、発明、ふと思い出す、頭によぎる、ざわざわする、予感がする、etc…
と、実はこういうのも、チャネリングなのです。
そして、

「周波数を合わせる」
「波長を合わせる」
「同調する」
「同期する」
「共振、共鳴、共感」


これらは呼び方が違うけど、やっぱり同じく「チャネリング(チャンネルを合わせる)」なのだ☆

と・い・う・こ・と・は?

話は最初に戻るんですけどね。
前回記事で書きましたが…

チャネリングメッセージ(御神託)を降ろすこと

は、間違ってはいないけど、ホントはそれだけじゃないわけです。そして…

メッセージを降ろす霊感のある人

は、いやいや霊感は皆さんあるでしょ;となるし、それに…

霊感がある人+メッセージを降ろすチャネリングメッセージ

は、ツッコミどころ満載で追いつかない(笑)

でね。
私、チャネリングに関して、自分ルールがあるって前回記事で書きましたね。
そのことについて書きたいと思ったんですけど…

また長くなったので、次回に続く~~ヽ(*´ω`*)ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


巫女体質と審神者体質 - 2017.04.10 Mon

世の中には二種類の人間がいる。

巫女体質の人間と、審神者(さにわ)体質の人間だ。



ancient-1793421_640.jpg


前回からの続きです。→ ツインという概念

右があれば、左もある。
光があれば、闇もある。
表があれば、裏もある。

そして「ツイン」という魂の二極性。
それは、残念ながらロマンティックな関係ではなく、地球に命として宿る時、魂は「男」と「女」に分かれるもの という、地球ならではの「特性」であり「さだめ」でもある。


つまり、この地球上のどこかに、自分のツインが存在している。


というわけですね、誰もが。
わ~~なんか変な感じ~~( ̄□ ̄*)

ま、それは置いといてw
このことから、私は「この世は全て“ツイン”で構成されているのではないか?」と思うに至りましてね。
そう。
きっと、世の中には二種類の人間しかいないのです

もちろん、もっと細分化して見てみれば「やや右寄り」とか「おおむね左寄り」とか「ほぼ中間」というケースも多々あるでしょう。 だけど、あえて『二種類』という大枠で分けてみると、意外にわかりやすいのではないかなぁと。

あ、それとね。
私は、チャネリングに関して気をつけてることというか、まぁ自分ルールがあるんですよ☆
今書くと長くなるから、ここでは割愛しますけども。
ただ、それに付随して漠然と感じてたことがありまして…

もしや、世の中の多くの人たちは、巫女とか審神者をあまりよく知らないのではないか、と。


チャネリング神様や宇宙からのメッセージ(御神託)を降ろすこと

だと勘違いしていて、しかも…

メッセージを降ろす霊感がある人

という認識になっていて、それはつまり…

霊感がある人+メッセージを降ろすチャネリングメッセージ

という式になっているわけです。

ですが、実はこれ、どれも間違った認識なのです。(合ってる部分もあるけど一部分のみ)


japan-530347_640.jpg


古来から、メッセージ(御神託)を降ろす役割は「巫女」が担ってきました。
霊感のある人とかじゃなくて、本来は「巫女体質」の人、という意味になります。

大体、そもそもの前提として【霊感体質】【霊媒体質】は違うからねぇ(〃゚∋゚ )b

ここを混同してる人、意外と多いんじゃないかぁと思います。

【霊媒体質】とは、自分以外の何者かのエネルギーの影響を受けやすく、霊を降ろしやすい人のこと。
場所のエネルギーだったり、他人の想念だったり、そういう影響を受けやすいタイプです。

あれ?なんかデジャヴだよね?(笑)
では、ごっちゃにならないよう、もう一度巫女の説明をば。

口寄せなど神託を得て、他の者に伝えたりする『依り代』が、巫女の役割です。
つまり巫女は、他者のエネルギーを入れやすく受けやすい体質の人なのです。
ということは…?

そう。
この【霊媒体質】こそが「巫女体質」なのです。


で、それを踏まえて。
実は、世の中には「審神者体質」というタイプもいます。

え?審神者って何?Σ(・ω・ノ)ノ!刀剣乱舞?
という方がいらっしゃるかもですが(オレかw)

『審神者』というのは、巫女に降ろした神が本物の神かどうか、下等で低俗な存在でないか、時には降りて来た存在に対して質問をしたりして、冷静に把握し、見極め、判断する者。
そして、その神託を真意に沿って捉え、言語化して記録していく役割の人のことです。

この両者、どちらとも「霊感体質」と言えるでしょう。


霊感体質=霊媒体質 は、間違いではないけど、半分足りないのです。
霊感体質=霊媒体質&審神者体質 になります。


「霊が見える」とか「神様の声が聞ける」とか、そういうサイキック的な力は当然スゴい霊感です。
でも、特に霊とかは見えなくても、神様の声が直には聞こえなくても、与えられたサインが受け取れる人とか、自然からたくさんの恩恵を感じられる人もいます。
そういう人、霊感ないの?

「神社に行ったら、参道の木々がお辞儀してくれた気がした」とか「お散歩日和だったから遠回りして帰っていたら、連絡取ろうと思ってた友人に偶然ばったり会った」とか。
そういう人、霊感ないの?

とんでもねっす!(/・ω・)/

れっきとした霊感です!とっても豊かな感受性です♪
霊感の強さに個人差はありますが、ゼロの人はいないと思います^^

そういうわけで、世の中の人間は皆、ホントは【霊感体質】です。

退化気味だったり、自分で蓋してる人も多いと思うけど。

では。
もっと「体質」の方にクローズアップしてみませう^^


shrine-801609_640.jpg


はい、「自分がどちらか調べよう!」のコ~ナ~~~!!!どんどんどんどんパフパフー

巫女体質の特徴としては…

・気分の高揚が割と激しく、情緒不安定気味の時があるが、無垢。
・人と話していて、ふとどこかに意識が飛んでしまう時がある。
・若干、奇行種。謎な行動をとったりして、自分でも自分がイマイチよくわからない。
・たまに咳込む。たまに吐き気ももよおす。
・ボ~ッとしやすく、聞いたことを忘れやすい。
・体重が変動しやすい。見た目や声がその日によって違う。
・たとえるなら、役者・女優タイプ。


次。
審神者体質の特徴としては…

・ある程度の知識があり、智恵もある。
・理論的かつ効率的な発案・企画ができるが、小狡い。
・感情を抑えて理性を優先しがち。
・人と話していて興味のない話題の時は、あえて意識をどこかへ飛ばす。
・協調性を重んじるため、場の空気を深読みし過ぎる。
・普段から冷静で、自分で自分がよくわかっている。
・たとえるなら、監督・演出家タイプ。


と。
他にも色々あると思いますが、ざっと上げてみてこんな感じです☆
皆さん、自分がどっちの体質か、わかりますか~~?(*^▽^*)

巫女体質の人は、天然ボケ(笑)
で、どちらかというと、天才型。

審神者体質の人は、ツッコミだねw
で、どちらかというと、秀才型。

なんとな~~く掴めてきましたかね?

もちろん、最初の方で書いたように「やや巫女寄り」とか「おおむね審神者寄り」とか「どっちも当てはまる」というケースもあると思います^^
でも必ず、どちらかの体質に傾くと思う。
これ、チャネリング講座でも活かせるな~とか思っちゃったよ(^艸^*)ムフフ

え?なに?
巫女がバカっぽくて、審神者が賢い感じだって?

こうやって分けるとね、どちらが良いとか悪いとか、どちらが優秀かとか、そういう風に捉えがちだけど。。でもまぁ、そんな話でないことは明らかだし、観点がズレてるってことは、今までブログ読んでこられた方々はおわかりですよね^^
そもそもただの「役割」なんだぜ、ベイベー☆d(*ゝω・) 

チャネリングには、巫女も審神者も、どちらも大事な要素です。

…という所で。
長くなったので次回に続く~~ヽ(*´▽`*)ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


ツインという概念 - 2017.04.08 Sat

世の中には二種類の人間がいる。

このブログを読んでいる人間と、読んでいない人間だ。



iphone6plus-538898_640.jpg


お晩でっす(・∀・)ノ
冒頭から太字強調文を使って、当たり前のことをドヤ顔で書いてるヤミコです✨

でも「この世界には二種類の人間しかいない」という、この常套文。
銀魂とか、オリラジのあっちゃんとか、他でもたくさん聞きますよね~~^^

なんか笑っちゃうとかいうか、楽しくて好きだわ(≧▽≦)
でね、
たぶんこれ、めちゃくちゃ本質を突いてるんじゃないかと思うんですYO☆

あ。
でもその話の前に、大事な告知の補足をしとかなきゃね。
お問い合わせでもありましたが…


秘密結社【闇月】 講座受講資格について

● 20歳以上(成人)であること。
● 現在、心療内科を受診中の方や、精神疾患のある方は、医師の許可が必要。
● 受講規約を遵守できること。


今のところはこれくらいですかね。
他所でチャネリングなどを習ったことがある方もOKです

受講規約については ごく一般的で簡素なものですが、テキストの流用や悪用、商業利用などをしない、という前提での通信講座ですので『使用許諾契約』となります。

簡単に言うと、受講するなら勝手によそへ内容を漏らしちゃダメよ、と言うことです。
お漏らししたらお仕置きだよ♡…という話です(←なんか違うw)

受講規約については、受講が決まった方にお送りします。

でね。
今回は初めての試みなので、正直まだ手探り状態で、この先どうなるかわからんのよ(*´Д`)

成功するといいですね、と言っていただけたりして有難いのですが「成功」しなくてもいいのよw
「成功」が目的ではないの。
「失敗」なんて、今の私にとってはご馳走なのだ✧
逆なのだ^^

ただただ自分が「やってみたい」と思ったことに従いたいだけでね。
やらずに後悔したくないなぁと思って。
そこに「成功」も「失敗」もないんさ ^^


ええと、そんなわけでね。
まだ次期のお申込みに関しては、予定が立たないところです…(泳ぐ目)
でもね、9ヶ月後ってことはないと思う。
たぶん、7ヶ月後かな・・・って似たようなもんかw

各講座の第一期生だけが、カオスなスリルを共有できます。\イラネー!/

その後は「〇期生」とかはないと思います。
いずれにしても、一度通してやってみれば、感じが掴めると思うので^^

まずは最初に少なめの人数でやってみて、その後はどのくらいの人数でイケるかがわかれば、そこから先は受講日に規定を設けず、早めに「随時募集」って出来るかもしれないっす(゚∀゚)b
まぁ、まだわからんけど。

しかし、何でも聞いてくださいね!とか言って、ろくに答えられないヤミコ講師の危うさたるや…w

こんなドタバタクオリティで良かったら、ドSポンコツ講師と一緒に、楽しくスタディしようぜ!


study-1968077_640.jpg


さて。。この世界には2種類の人間がいる、という話の続きです☆

地球って、二極性の星ですよね。
当然ながら、引力も浮力もありますよね。
南極があって北極がある。

右があれば左もある。
上があれば下もある。
表があれば裏もある。
光があれば闇もある。

すべては二極に分かれている。


astronomy-1866822_640.jpg


え?そんなことわかってるって?

そうですよね。これって当たり前過ぎて、何も不思議に思わないんですよね。
でも、一体なぜ分かれてるのか、考えたことありますか?


すべては「ツイン」なんです。


地球に「男」と「女」がいる理由もそうです。

それは「ツイン(片割れ)」という、地球ならではの学びのため。

よく巷では「ツインソウル」とか「ツインレイ」とか「ツインフレーム」とか、ロマンチックに解釈されがちですけど、残念ながらそういう関係には ほとんどならないそうです。

地球に魂が降りたった時点で、魂は二つに分かれるらしい。
それは、必ず「男」と「女」の二つに分かれて、生を受けるのです。
これは地球ならではでしょう。

死ぬまでにお互いがそれぞれ、違う性で、違う環境で、違う学びをして、そして統合するのです。
それを我々は何百回繰り返しても、なかなかうまく統合できない。

だいたい平均で、人間は1000回ほどの転生をしているものらしいけど、それでもまだこんなに苦悩しながら生きている。

想像してみましょう。
電車に乗ってきた女子高校生の生足ばかりチラチラ見てるような、キモくて臭そうで、うだつの上がらない脂ぎった中年のオヤジの人生。(めっちゃ失礼だな;)

人のお節介ばかり焼きたがって、そのくせ陰で噂話に花を咲かせる、口うるさくて小姑みたいなパンチパーマのBBAの人生。(若干耳が痛い;)

所詮はどこの馬の骨とも知れない、赤の他人。
自分のツインソウルであっても、死んだ後にハイ統合しましょ~~とか言われても、うまくいかないのは理解できるでしょう(笑)

ツインというのは、運命の人♡とか そんなロマンチックなことではないらしい( ̄▽ ̄;)
文字通り、ただの「魂の片割れ」でしかないわけですね。
夢をブチ壊してすみませぬ~~


いや、私が言いたかったのはそういう話じゃなくてね。
もしかしたら、大体のパターンはこれに当てはまるんじゃないか?ということ。

最近すごく思うんですが、世の中は大別すると…

「巫女体質」と「審神者体質」の2種類いるな、と。

きっと、右脳派と左脳派、計画派と衝動派…
他にもいろいろな2種類があると思う。

ツインというものは、すべてにおいて言えることなのかもしれない…!

ここから具体的な内容に入るには、ちと長くなっちゃったわ。
というわけで。

「巫女体質」と「審神者体質」、次回に続くよ~~♡( ´ ▽ ` )ノ




ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪
banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (29)
音楽の時間 (2)
たまにはスピな話 (79)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (21)
こんな天使は嫌だ! (37)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (156)
神社仏閣 (31)
守護存在について (14)
ものの見方・捉え方 (24)
石系 (25)
お知らせ (57)
未分類 (136)
やみすぎ都市伝説 (8)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123