FC2ブログ
ヘッダー

2019-08

不思議の国のアリス症候群 - 2014.02.02 Sun

ついこの間のことなんですが。
ふと、ジミーがこんなことを聞いてきました。


「おかあ、“不思議の国のアリス症候群”って知ってる?」


・・・・・・(@ ̄ω ̄@)???なんぞ? 

『不思議の国のアリス』は大好きだけど、“症候群”が付くとは…?初めて聞きました。

ちなみに私、イギリスものが大好きなのです☆
もしかしたら、 私の過去世 イギリス編 の影響かな?…とかなんとか思っちゃったりしてるんですが(=∀=*)



お茶会
なんでこんなに好きなんだろうっていうくらい可愛くて好きです(*´▽`*)ウチにはアリスグッズがいっぱいあります。
弥生はアリス絵柄のタロットも持ってるよ♪



で、話を戻しますが。

ヤ「その、アリス症候群って何?」

ジ「何かね、物が大きく見えたり小さく見えたり、遠近感がわからなくなったりっていう事があるらしい。そういうのが見える場合の症例のことらしいよ」

ヤ「…え?それって普通の状態の時でそう見えちゃうの?」

ジ「普通の状態でそうなっちゃう人もいるらしいんだけど、大抵は熱が出た時、幻覚みたいにそう見える人のことを指すみたいだよ」



・・・オレじゃん!(゜ロ゜;ノ)ノ




ジ「“不思議の国のアリス”の話からとって名付けられたんだってさ」

ま…まさかこんな形で、幼い頃の謎のひとつが、症例として明かされるとは…!おおお…あまりにも意外な方向からでビックリ;;
何の事かわからない方はこちら → 小さい頃に見えてたもの
でね、わかりやすくなるように箇条書きにまとめてみました。


【 不思議の国のアリス症候群とは 】

・ 眼には異常が無いのに、なにかの物が大きく見えたり小さく見えたりする。
・ 近くの物が遠くにあるように感じたり、その逆もある。
・ 色彩感覚がおかしくなる。(人の顔が緑色に見えたりする)
・ 空間の感覚がつかめなくなったり、時間の感覚がわからなくなる場合もある。
・ 意味のわからない変な夢を繰り返し見る。
・ 熱を出すと、この類いの幻覚?みたいな現象が起こる、というか見える。
・ 偏頭痛持ちである。



・・・オレじゃん!(゜ロ゜;ノ)ノ




Alice-in-Wonderland☆
ティム・バートン監督の「アリス・イン・ワンダーランド」は全体の色合いが見事で、あの不思議で独特な世界観がとても美しく表現されている。…でも同監督でジョニー・デップ出演作品なら「シザーハンズ」の方が好み♡(´艸`*)


じゃあ、その「アリス症候群」はなぜ起こるのか?

EBウイルスによる、中枢神経系の炎症である可能性が高いらしいけど、(何のこっちゃ;)実際に詳しい事は何もわかっていないそうです。
病気という事にはならないので、確たる治療法もなく、症状がひどい場合は抗てんかん薬が処方されるそうですが。

(・ω・)…てんかん…?いや私、てんかんなんて全く無かったし。

そして更にひどい場合は「統合失調症」の疑いが出てくるらしいです。……オイオイ;;
何でもその一言で片づけるなよ~;;;
じゃああれですか?榛名神社の橋で、遠近感や平衡感覚がわからなくなったのも みそぎ橋 それってことですか?( ̄ο ̄)

…まあでもね、こういう現象って、人によって見えてるものや感じてるものが違うだろうから、ラインが引きにくいんですよね、ここからここまでっていうラインが。幻覚かどうかなんて本人だってわからないかもしれないし。

私が小さい頃に熱出した時は、目を開けててもつぶってても、いつも部屋の柱のゆがみが起こったし、ぐにゃりと曲がって天井の大岩が下がってくるのも見えたし。
時間も空間もごちゃ混ぜになるような、自分も一緒に混ざっちゃったような、何ともいえない気持ち悪い感覚。

…こういうの、熱出した時に私も見えてました~って人、結構いるんじゃないかなぁ(´д`)
まぁ全てのケースがこの症候群だとは限らないけど。ね。


実は、「不思議の国のアリス」の原作者、ルイス・キャロルも偏頭痛持ちだったそうで。
だからあの話は、キャロル自身の見たものや体験がエピソードとして反映されているんじゃないか、と推測されています。

私も以前は、偏頭痛がホントにすごかったです。
昔は財布の中に、必ずバファ※ンを入れてました。無いと不安になるほどの偏頭痛体質でしたから。

でもね、それがピタッと止まったんです。ホントにピタッと!
特に何かやったわけでは無いんですが、ただ…。

震災後、スピ世界に入ってからは、全く偏頭痛が出なくなりました。

そういえば椎間板ヘルニアの完治もありましたね~。
何なんでしょう。何かのブロックが取れたのでしょうか(・∀・)?そこら辺はさっぱりわかりませんがw

まだ他にも、治ってはいないけど超よくなったものってのもあります。
それはまた違う機会で書きますけどね(´ー`*)



ウミガメとグリフォン
物語の後半ではなんと、グリフィンが出てくるのだ~☆イギリスではグリフィンだけど、一般的にはグリフォンと呼ばれています。
でもこの挿絵だと小さくてカワイイ…。グリちゃんとは全然違う(ΦωΦ*)獣姿のグリちゃんはもっとデカくてごつくてカッコイイ系☆
でもしゃべると子供並み(笑)



のちにルイス・キャロルは、続編となる「鏡の国のアリス」も発表しています。
偏頭痛がちの数学者であった彼の目には、世界がどう映っていたのでしょうか。
あんな風にヘンテコな世界が見えていたのでしょうか(´v`*)  

まぁ私たちのこの世界もそのままでも十分、不思議の国ではありますけども…。

物語に登場する『チェシャ猫』は言葉少なくも、アリスに様々なアドバイスをしてくれます。
このチェシャ猫を、“智恵者ねこ”と注釈する方もいらっしゃるそうです。



『 どんな謎にも 鍵はあるものさ 』  by チェシャ猫


チェシャ猫



そんでもって後日。
またジミーがこんな事を聞いてきました。

「おかあ~“シュレディンガーの猫”の話、知ってる?どう思う~?」



いいから  お前は  勉強しろ 



エブリデイでパワーをつけてほしいと思ったヤミコでした☆( ̄▽ ̄〃)



ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪       

精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
      ↓

人気ブログランキングへ  今日も応援ありがとうございました♪
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きなヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通して感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

カテゴリ

漫画やアニメの話 (10)
ヤミコんちの話 (30)
音楽の時間 (3)
たまにはスピな話 (57)
ちょっとシリアスな話 (18)
チャネリングとは? (3)
こんな天使は嫌だ! (36)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (1)
頂きもの&捧げもの (4)
絵のお仕事の話(ご感想など) (122)
秘密結社【闇月】受講生の声 (1)
神社仏閣 (35)
守護存在について (3)
ブロック解除・物の見方、捉え方 (11)
宇宙系のぶっ飛んだスピ話 (1)
石系 (35)
都道府県をディスる! (0)
お知らせ (68)
未分類 (149)
やみすぎ都市伝説 (0)

当ブログの人気記事

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Google+1