ヘッダー

2017-03

言いにくい話です - 2014.12.18 Thu

今日は非常~~に「言いにくい&言いたくない」ことを書きます。。。

けっして楽しい内容ではないし、読んでる方の中には不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そういう場合は途中で読むのをストップされることをお勧めします。


そら


昨日いただいたメールを読んで、「今まで私がちゃんと書かなかったからだな;」と思い、個人的なことはお返事しましたが、詳しくは記事にも書きますと返信しました。
きっかけを頂き、ありがとうございました<(_ _)>どうか誤解なさらぬよう。。。

一番心配なのは、この記事を読んで「私のことを言ってるの!?」と過剰反応される方々です。
私は特定のどなたかを指して指摘しているわけではありませんので、どうかそこだけは強調させてくださいね;

こういう機会は、本来きちんと伝えるべき大事な事なのだと思いますが、いつか書かなきゃな~と思いながらも、私が自分の保身のため、メンドクサイことを避けるため書かずにいただけでして…。
気がついたら数か月も経過していました orz

そりゃあ、嫌われるよりも好かれていたいと思う人間ですから…(;´▽`A``  


*    *    *    


守護天使イラストをご注文される皆さんのご依頼の動機はさまざまだと思います。

悩みがあるとか、ただ姿を見てみたいとか、感謝したり意識するようにしたいとか…。
その「動機」という入口は、何でもいいと思います。
何がきっかけで人生が変わっていくかはわかりませんしね☆

それから、ブログへの感想メールをいただく場合もあります。
これもメッチャ嬉しくてありがたくて、ホント何よりも励みになってます。
色んな性格、色んな解釈、色んな感想を持たれる皆さまとのやりとりで、私は本当に勉強になることばかりです。

…ですが、たまに困ってしまうことがあります。


実はこれ、守護天使イラストでたまにあるのですが…
あまりにも期待が大きくなり、絵が届くまでの間に想像が膨らみ過ぎて、独自の予想をたててしまい、届いた絵が自分の予想と違う場合、「こんな姿のはずがない!」と、怒ったりガッカリされたり、という方々。

だけどなぜか「私はまったく見えない聞こえない感じない、鈍いタイプなんです」とおっしゃいます。
それならば、予想が違っててもおかしくないんじゃ…?とツッコみたくなる時もあったりして…;

私もね、予想も想像も、待っている間のお楽しみだと思います。
妄想も十分に満喫した方がいいですよね^^
ただ、ベクトルの向きが違ってるんじゃないかなぁと思う方もいらっしゃいます(´ `;)

他の方の守護天使さんの絵を見て羨ましがったり、自分の守護さんの絵と比べたりすることに、いったいどんな意味があるというのでしょうか。
それを守護天使さんは、あなたの後ろでどんな思いで見つめているのでしょうか。

「あなたのえがく理想の姿を絵にします」
私はこのように言ったことは、今まで一度もありません。

チャネリングで、見えたまま感じた通りに描かせていただくことが、私の仕事です。
嘘を描いてお金をいただくことはできないのです (◞‸◟)


あとですね、最近ブログ等でもたまに見かけますが…
「脳内会話系のキャラ」です。

脳内での守護さん?とかインナーさん?とかでしょうか。
イメージワークの一貫、そして潜在意識の活性化としても、もちろんただの楽しみとしても、とてもステキなことだと思います☆

しかしですね…
「いつも自分の脳内で会話しているあの彼が、ヤミコさんの絵になって見れるのが楽しみです!」
「私には妄想内でとてもステキな恋人がいます。ちょっとエッチなんですけど(笑)彼の姿が早く見てみたいです♪」…みたいな;


…???(;゜▽゜)

彼って誰やね~~~ん!!!!!


ご自分の脳内の妄想彼氏のキャラなのか、
本当に守護やガイドなどをしてくれてる存在(エネルギー体)なのか、
その辺を混同されてる方がたまにいらっしゃって。

ホントの守護存在だとしても、私が見た場合にどなたが出てこられるかはわかりません。
人間一人につき、見えない存在が何体ついてくれてるか…それは定かではありませんし、人によって違うとも思いますが、私が描く相手を好きに選べるってことではないんですよ。
そんなことできませんがな;;(´д`|||)


正直いえば、仕事だと割り切ってしまえばね、もう先にお金はいただいてるんだから、何を言われてもホントは私、困らないんですよ( ̄▽ ̄)。。。でも割り切れないですよね。

実際に、ある人の守護さんが何か伝えたいことがあって、話しかけてきた時もありました。
うわっ…!と思う前世?が見えた時もありました。
ご依頼者さんのその時の状態や、魂の性質?みたいなものがわかる時もあります。

私の方側で見えたということは、私の判断に一任されてるわけです。
偉そうな言い方だと思われるかもしれませんが…;
ですので、それらはもしも必要性を感じたら必ずお伝えします。というか、してます。

中には必要性を感じない場合も多々あります。
以前も書きましたが…私は、何でもかんでも後先考えずに見えたものや感じたことをペロペロ話すことを、良しとしない方針なのです。
その理由なのですが…。


これも前に記事にしましたけど、リーディングって本当に重要です。
解釈の違いで、ものごとの結果が変わってしまいます。これはあらゆることがそうじゃないかな。
簡単にその時の状況だけではお答えできない場合が多いです。
それに、あとになってからわかることもありますから^^

見えない情報を読みとる、その感覚を、その感性を磨いて、自分の守護さんだからこそ自分がもっと通じ合えるようになりたい。。。そう思うことが自然じゃないかなと思って、チャネリングテキストをつけているのです。
たくさんの人が自分の感覚をもっと大事にできるようになれればいいなぁと思うのです。

なので、ご依頼者さま側で見えたり感じたことは、是非ご報告いただけると私としてもメッチャ嬉しいですけどね(*´▽`*)


「この意味は何ですか?」「他に見えたことを教えてください」

聞きたい気持ちはよ~~~~くわかります。本当です。
聞いてこられた方のことを悪く思ったりもしてません。

ただ、それをはじめるとキリがなくなるのです。
一つ聞いたら、また他に聞きたいことができて、何度もメールしてしまった、とかね。
前にも答えてくれたんだから、きっとこれも教えてくれるでしょう?と。。。

そうならないかもしれませんが、なるかもしれない。
人によって著しい不公平感が出てしまうのも困るし(;´ `)

それからね、安易に人に聞くことを喜ばない守護さんも多いですよ;
聞く内容にもよるし、人にも状況にもよるので、一概には言えませんが…。


CIMG3195.jpg


過去に、こういった「そうに決まってる」という思い込みを抱いたご依頼者さんも少なからずいらっしゃいましたが、私はそれが悪いと言っているわけじゃないのです。

そうではなくて。
なぜこの事を書いてるのかと言うと、これからも同じようなことがあるかもなと思ったからです。

今後も似たような内容の説明を長文メールで送るのは、毎回毎回、私の方も時間や精神力が必要になります。
絵を待ってる方に早く良い絵を描いてお送りしたいのに、違う方向にエネルギーを費やすことになってしまいます。

それに、そういった皆さんにそれなりの返信しかできませんでしたが、それでも皆さん、言えば分かってくれました。気に入らない内容や、耳が痛すぎて聞きたくない内容でも、最後は分かってくれる方がほとんどでした (´;ω;`)


だから私も、勇気を出して伝える事もやっぱり必要なんだなと思ったのです。


年末でなかなか時間がなくて、あんまりブログも書けなくて、その上こんなクソおもしろくもない内容で;;;楽しみにしてくれてる方、本当にスマンです( ;∀;)


いろいろ書いたけど、皆さんからのメールで、私はどれだけ勉強になったか、どれだけ自身が学ばせていただいたか、ホントに計り知れません。
「返信は要りませんよ~」と言って励ましてくださる方々。
心からありがとうございます。大好きじゃ!!!!!


長々と偉そうに書いてしまいましたが、どんなご縁も大切にしたいと思っています。
そして、良い絵がお届けできるように精進してまいりまする( ´ ω ` )ノ




banner.jpg
今日も応援ありがとうございました♪
スポンサーサイト

言えない人 - 2014.05.01 Thu

※ 自分ではまったくそんなつもりはないのですが、万が一うっすらネガティブだなと感じるようでしたら、もう読まずそのままバックしてください。しかも今回めっちゃ長いです<(_ _)>


皆さんには リアルでスピリチュアルな話ができる友人がいますか?

私には一人もいません。

でも、以前ブログをやってから、ネットでスピ友だちが数人できました。(そしてのちに面白い事がわかった)
もうそれだけで私にとって、とても嬉しく幸せなことでした。

ただ、今でもリアルな世界では、誰にもスピ系の話はしたことがありません。
例外として、娘には何か聞かれた時だけ必要最低限は答えてますが、ほとんど聞いてくることもありませんし、それくらいで丁度いいと思ってます。

私は昔から、自分が抱えている悩みを人に言える方ではありませんでした。
むしろ、「人に私の悩み事が知られてしまったらどうしよう」と思ってしまうほどで…。



鳥



私は自分自身を、「生きていることを恥ずべき人間」だと思っていたのかもしれません。
そして誰かに自分の内面を知られることを、「これ以上生き恥をかきたくない」とも思っていたような気がします。


自分と家族とのことは、(4)それでも私は生きていく にも書いたように、幼い頃から本当の家族じゃないような違和感がありました。
震災前の私にとって、こういう生い立ちは忌まわしい記憶でしかなく、普段は厳重に封印して思い出すことのないようにしていました。


結婚後、どんなに大変な思いをしていても、親にはいつも何事もない風を装っていました。
ダンナさんの愚痴を母親にこぼせる友人が羨ましくもありました。
どんなに貧乏のズンドコでも、私は決して親の前で泣き言を言ってはいけなかったからです。(2)呪われた娘


こういった私の過去の話は、今までリアルでは人様に知られることなく生きてきました。

こんなこと言いたくない。知られたくない。
恥ずかしい。嫌われる。同情されたくない。

どんなに辛いと思うことも、悲しくて苦しくて、誰か助けてと叫びたい時も、私はそれを口にすることができませんでした。


学校でヒドイいじめを受けていて、どんなに思い悩んでも「お母さんに言えない」って子、いると思いますが。
その気持ちがわかるような気がします。
“お母さんに余計な心配かけたくない”・・・確かにそういう気持ちもあるでしょう・・・でも。

お母さんに、「この子は学校の皆に嫌われてる子」って知られたくないのではないでしょうか。
お母さんに、「いじめられっ子」という目で見てほしくないのではないでしょうか。
小さな子にだって自尊心があるのですから。

「母親がそんな目で見るわけないでしょ?」・・・そう言われるかもしれません。
だけど世の中にはその基準に当てはまらない親だっているのが事実なのです。

まあ、今のはたとえみたいなもので、一般的に、母親の心境として子供に言ってもらえないのは、これほど辛いことは無いと思いますし、いじめの場合はせめて親には言えなきゃ、と思いますが…。

『どうでもいいことは何でも言えるのに、本当に大事なことは何も言えない』
逆の言い方をしたら、どんなに信頼できる人でも、自分の心の中の聖域には触れてほしくない、ということかもしれません。
誰にも言わなければ、もうこれ以上傷つかないのですから。


ただし。
自分自身を押し殺して感情を封じ込めてばかりいると、だんだんそれらが膨らんできて、いつの日か暴発してしまうかもしれない、という危険が伴います。
スピに入ったばかりの頃、自分でも薄々は気づいていました。


*    *    *


カーサロータスさんでレイキのアチューメントを受けた時のことですが…。初のアチューンメント(前編)


遠隔で、別室に行って離れてレイキを送る、という練習をした時。
ひとみ先生がゴホンゴホンとせきこみながら戻ってきて、のどをさすりながらこう言いました。

「ヤミコさん、のどのチャクラつまってるっぽいですねぇ。言いたいこととか言えてないんじゃない?」

もう…自分としてはいきなり本質を突かれてしまって、どう答えていいのかわからず…
「はぁ…」とか生返事をして、結局何も言わずぼかした感じでした;
(ヒーリングなどでは、相手の心身の不調を自分の体の同じ部位で感じることがあります)

でもその一言で、よくわかりました。
自分の本音はちゃんと言うべきなんだと。
今まで閉じ込めていたものを解放しなければいけないんだ、ということを。

きっと、私はもう暴発寸前だったのでしょう。


ただやっぱり、私はリアルでは人に言えないので、ブログに書くことにしたのです。
それで自分の成長につながるかもしれないし、見てる人も何かヒントになるかもしれないし、スピ友達もできるかもしれない。
…それがブログを書くことのはじまりでした。



私には親友がいます。
家が隣同士で、小さい頃から一緒に遊んでいました。

私が兄に罵られたり殴られたりしているのを目の前で見て、その事実を知っている唯一の人間です。リアルでは。
そしてそんな場面を見たあとも、そのことに一切触れずにいてくれたことが、私には何よりありがたかった。

小学校、中学校、高校、バンド、上京。。。ずっと一緒でした。

私が商業誌デビューした時は大きな花束を送ってきてくれました。
「お祝いに」と、パステルなどの高価な画材のセットをプレゼントしてくれました。

親友は、私が絵を描くことを誰よりも喜んでくれた人物でした。

彼女はペットショップで働いていて、病気で売り物にならない動物を自分が引き取って飼っています。
仕事で命の売り買いをしていることに、ジレンマや疑問を感じることもたくさんあるそうです。
それでも悩みながらも、「店でゴハンを待ってる子たちがいるから」と、毎日職場に行って働いています。

彼女は子供ができなかったのですが、何度も何度も不妊治療に挑戦しました。
自分の子供との縁はできませんでしたが、周りの友人たちの子供を、本当に自分の子供のように可愛がり、また叱ったりします。
私が同じ立場だったらそれができただろうか…と、見ていて頭が下がる思いです。

「また絵描けばいいのに」
彼女からいつもいつも、何年経っても言われるセリフでした。


そして今、私は絵の仕事をしていますが。

彼女に、「絵の仕事をしてる」と報告しました。
でも・・・どんなに頼まれても、HPもブログも言えませんでした…。

彼女はバリバリの現実主義で、スピ系の類いの話は聞きません。
だから必死にごまかしました。

「わかった!エロ描いてるんだな?だから言えないのか~!」
「まあそんなようなもんさ」


…言えない人間は親友にまで、とことん言えないのです。

私は間違っているかもしれません。
そうだとしても言えないのです。

まぁもしかしたら彼女、本当はわかってるのかもしれませんけど…。



ステンドグラス



自分の辛い記憶や感情、トラウマ。
それを手放す時がきているのを感じたら、素直に解放するのが一番だと思います。

この間も、天使のアクセス で記事にしました。
表現のブロックが外れたんだと思いますが、あの後、絵を描くことに遠慮がなくなり、自己表現への怖れが薄くなったなぁと思います。絵も文章も書きたいことを出していった方が、心の傷の回復につながるんだな、と実感しました。


だから、私は今まで誰にも言えなかったことをありのまま、ブログに書いているのです。
誰にも言わず、どこにも発散する場がないと、心が死んでしまうかもしれないからです。
リアルで言えない人間でもどこかで出さなきゃ、本当の自分はつらいのです。やっぱり出す場は必要です。


前にもいいましたが、「王様の耳はロバの耳」と。あのお話の通りです。
私がこのブログをふざけた言い方で、“マスターベーション”だという意味もそこにあります。

でも私にとってこの場は、「浄化」であり、「解放」であり、「アファメーション」なのです。
なので、言いすぎなくらいじゃなきゃダメだと思うし、赤裸々で生々しくてもいいのだと思っています。
…それでもブログに書けないことの方が多いですけど。


もちろん、何を目的として書いているのかは人によって違うと思いますし、良いとか悪いとかなんて無いと思います。…ただ、
どこの誰が読んでいるかわからないネット上ではありますが、だからこそ言える・・・いや、こういう場でしか言えない人間もいるんだということ。そして、自分の中から生み出す時は、かなりの勇気が必要な場合が、今だってホントはあるのだということ。

言えるタイプの人にはあまり伝わらないかもしれませんが・・・それでも伝えたかったわけでして。
そういう人種もいるということを頭の片隅にでもおいてもらえたら嬉しいなと思います。
まあ、どう思われようが書いちゃいますけどね。


世の中には色んな人がいますから、私が自分の気持ちや体験したことを書くのを、「あまりにもあからさまに書きすぎじゃない?」と感じている方がいらっしゃるかもしれません。…いや、特別なにか辛辣なご意見が来たわけではないのですが。
それとは別に、「ああいった過去の体験などを書くと、依頼が来なくなるかもしれないのでは?大丈夫?」とご心配いただいたりしていますし…。


ありがとう.:*:.でも大丈夫です。
これでご依頼が来なくなるなら、きっと私は“お役御免”ってことなのです。
必要とされる内は描きたいと思いますが、絵の仕事に執着する気はないのです。
この仕事をはじめる時に、いくつか固く心に誓ったこともあるので。


ブログでそのままの自分を隠さずに表現して、そのうえで自己浄化していく。

もし、そのせいで仕事が来なくなったのならば…

その時はきっと、別の新しい道が開けてくると信じてます。


でも、まだまだ描いていきます!
応援メール、感想メールくださる皆様、ブログ読んでくれてる皆様も、ホントにありがとうございます。
返信は要りませんという内容が多かったので、お言葉に甘えて、この場で返信という形をとらせてくださいませ。

だけどマジで大変励みになっております。
読みながらすぐに泣きます。年かね?(笑)いやホントに感謝してもしても足りません。
早くたくさん描けるように精進していきます☆。* ゚ + 。・゚・



…と、本当はここまでで終わりのはずだったのですが;
実はグリちゃんから、ホントに数か月ぶりに思わぬアクセスがっ!!!一人で興奮してますっっっ!!!!!

たまには作業用BGMを変えようと思って開いた動画。
この方の動画見るの久々だな~と思って、まだ知らない初めての曲を聞きはじめたら…

「…あ!これ、グリちゃん!?」

電撃的にそう直感し、あまりにも久々のグリちゃんの感覚にやっぱり涙が出てきた…(つд;)
どうやらグリちゃんからのメッセージの曲らしいです。
良かった、まだつながれて…。

この歌詞はまるで、地球での私の立ち位置だ。
私側視点の想いだけど、グリちゃんには私の考えてることなんて、きっとマルッとお見通しなんだねぇぇ。
やっぱりすごいよグリちゃん。。。


調べたら、この4月から東京メトロの広告キャンペーンでCMソングになった曲だそうです。



アイネクライネ【絵・作詞作曲・歌/米津玄師】


リアルでスピな話ができない人へ。
一番大事なことが言えない人へ。

わかってくれてる存在がついてます.:*:.☆



精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
      ↓

人気ブログランキングへ  今日も応援ありがとうございました♪

ミツバチはどこに消えた - 2014.04.29 Tue

.
もし蜂が地球上からいなくなったら

人類は4年以上生きられないだろう
    ― アインシュタイン ―



ハッチ☆



最近、“自然”や“動物”といったサインが頻繁にきていまして。
なので前回に引き続き、また植物や虫といった、『自然界』にちなんだことを書きたいと思います(`・ω・´)


植物全体の受粉の約3分の2をミツバチが担っているとも言われているそうですが。
数年前からミツバチが消えた騒動が起こっていますよね。
このミツバチの失踪の謎を、「蜂群崩壊症候群(CCD)」 というのだそうです。


真相を探るべく、専門家が様々な角度から調べた結果。
急性麻痺ウィルスではないか、農薬による免疫不全ではないか、遺伝子組み換え農作物の作用ではないか。
ダニの真菌、栄養失調、ストレス、電磁波の影響・・・などなど。


しかしながら、たくさんの指摘や仮説が浮上しましたが、原因は未だに特定されていません。
確かに、免疫が低下していたハチも見つかったし、ウィルスにかかったハチも見つかったそうですが、まあもちろん世界中にはそういうハチもいることでしょう。


でも、120群数万匹で構成されているミツバチ部隊が、女王蜂を残したまま失踪した…という事例など、日本全国にあります。
それに巣箱の付近やハチの通り道に、死骸すら見当たらないというのはあまりにも不可解です。
そして、ハチの群れが一夜にして忽然と姿を消すというこの現象は、日本のみならず世界規模で起こりました。
しかも同時多発的に…。


いったい何が起きてるのでしょうか。
数年経った今でもわからないなんて。
巣箱からミツバチがいなくなった農家は、受粉のため高値でミツバチを借りてこなくてはなりません。


たぶん当時、スピ界ではこの話題で持ち切りだったんでしょうけど、私はその頃ちっともスピっていなかったので(´д`*)
 

いや、昨日もね、
庭にミツバチが来てたんですよ。



ローズマリー
これは“ローズマリー”というハーブで、この写真ではよく撮れませんでしたが、一応ミツバチちゃんがいます(^∀^)
せっせと蜜を集めてました。ハーブの花蜜は栄養価が高くて美味しい♪
ローズマリーの小さな一枝をオリーブオイルに入れて、香り付けしたオイルをパスタに使ったりします。
生葉も肉料理のアクセントに使うそうです。私は生葉はあまり使いませんが、生命力、浄化力ともにバツグンって感じ。




でね。「ミツバチ」で思い出した話があるのです。

私は以前、よく園芸書などを買って読んでました。
そこで有名ガーデナーの、梶みゆきさんという方の連載記事が載っていまして。
数年前に読んだものですが、その話が今でもとても心に残っています。
今日はそのエピソードを、ぜひ紹介させてください.:*:.(*´ω`*) 


*    *    *


梶さんはご自宅の庭で、“ニホンミツバチ”を飼っておられます。
飼う、という言い方ではおかしいのかな。
巣箱をおいて、ニホンミツバチたちと一緒に暮らしている、というのがしっくりくるかもしれません。


でも、以前もブヨに刺されて顔がお岩さん状態になったりして、本当はムシ刺されに過剰反応する体質なのだそうです。
そもそも「庭でミツバチを飼いたい」と言い出したのはご主人だったそうで。
ご主人は反対されることを見越して、もう何年も前から梶さんにアプローチし続けていたのです。
ここからは、そのご主人の思い出話だそうですが…。


時は戦時中。
連日、B29の猛烈な爆撃を受けていた大阪の片隅で、伯父からもらったミツバチを宝物のように大事に育てている一人の中学生がいました。それがご主人です。


母や兄弟姉妹は信州に疎開し、父は仕事でなかなか帰宅できず、彼は一人暮らし同然でした。
空襲警報の出ていない日は、ミツバチの巣箱を眺めていると、辛い現実を忘れられたのだそうです。


大阪は、建物などほとんど倒壊し、一面焼け野原でどこにも花など見当たらないのに、ミツバチは焼け残った街路樹や道端の名もない雑草の花を探し出して、必死に蜜を集めてきていました。


ある日、ご近所の小さな子供が栄養失調で衰弱してるのを見るに見かねた中学生は、その子のお母さんに大切な蜂蜜をほんの少量プレゼントしたのです。
親子に涙を流して感謝されて、中学生はビックリ。
砂糖はお米と同じように配給制ですが、敗戦色濃く、それも遅配続きでした。
何しろ砂糖だって一年も口にしたことがないような生活なのですから。


「中学生のくれた蜂蜜」は、ご近所の話題になりました。
蜂蜜が欲しいとお母さんたちが押しかけてきます。
ご主人を戦場に取られた母子家庭。お腹を空かせた子供たち。その顔を見ると、中学生は断ることができなかった。


ミツバチの巣にはハチたちの越冬用の食料として、必ず蜂蜜を残しておくべきだというのは百も承知なのですが…
血相を変えたお母さんたちの迫力に圧倒されて、中学生は最後の蜂蜜にも、手をつけてしまうのです。


終戦前年の冬は厳しくて、中学生のミツバチは、可哀想に春を待たずして全滅しました。


「年齢を重ねるにつれて、あのミツバチたちのことが思い出されてならない。
ぜひもう一度ミツバチを飼って、ちゃんと彼女たちの王国を繁栄させてやりたい」


…今は大人になったご主人が、そう語ったのだそうです。


あの時はセイヨウミツバチだったけど、できるなら人を刺さない平和主義者で、しかもスズメバチやダニにも負けない、強い“ニホンミツバチ”を飼いたい。
「はいはい。じゃあニホンミツバチが手に入ったらね」と、梶さんは返事をしていたそうですが…。
努力の甲斐あって、養蜂家の方からニホンミツバチを分けていただき、ご主人は見事、夢を実現させることができたのです。


「刺されるのが怖いから、私はミツバチには近寄りません」と言っていた梶さん。
ところが、やはり庭に置いてみると信じられないほど可愛いかったそうです。
“ハチ”という言葉で連想される威圧感や凶暴感はゼロ。温厚な性格。ニホンミツバチの体は小さくて体長1センチあまり。

毎日毎日、半径2、3キロの範囲の花を訪れ、お腹いっぱい花蜜を吸い、後脚の太腿に団子にした花粉をぶら下げて帰ってくるそうです。
梶さんも、近所の友人宅に伺って、そちらのお庭の花が満開だと「ウチの子に教えてあげたい」と思ったり。
そこで黒っぽいミツバチを見ると、「ウチの子かしら?」と思うようになってしまったとか。


ある日、梶さんはすごいシーンを目撃したそうです。
それは巣に襲来したオオスズメバチを、5百匹ほどのニホンミツバチが団子になって包み込み、体温で熱殺する現場でした。


「その組織的自衛力は、日本の国に見習って欲しいほどアッパレでした。
でも普段の彼女たちは、まったくの平和主義者なのです」



…と言う梶さんの言葉。とても印象的でした。


「日本」という国はいったい誰のものなのか。
セイヨウミツバチの大量輸入、大量繁殖を推奨した結果、日本の農業はどうなったのか。
セイヨウミツバチはスズメバチには勝てないのに…。


まあ、セイヨウミツバチ自体が悪いわけじゃないけどね( ̄▽ ̄)


花の蜜なんて一つの花にほんのわずかです。ミツバチがせっせと飛び回って働いて集めた蜜。
小瓶に溜まるまでの労力はどれほどか…。


私たちは自然から学ぶことがたくさんあります。
虫や、花や、動物から。
自然は物言わず、でもその体現方法で、私たちに様々な智恵や情報を与えてくれます。
普段は忘れてしまっているけど、ミツバチみたいな小さな虫でさえ、私たちの生命の存続に深くかかわっているのです。


ミツバチたちがどこに消えたのか。
アセンションしたとかしてないとか。私にはさっぱりわからんです。

ただ、その失踪から何かを感じたり考えたりすることって、ものすごく大事なんじゃないかな。
…なんてことをガラにもなく思っちゃったりしました。


ハチさんたち、栄養価の高いハチミツをどうもありがとう.:*:.(*´ー`*)
感謝して味わって頂きます。



精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
      ↓

人気ブログランキングへ  今日も応援ありがとうございました♪

「破壊」の始まり - 2014.03.19 Wed

ええと;( ̄ο ̄)
こないだまでシリアスな記事が続きましたが。

あれからも色々と、ご意見やご感想や体験談などの声をいただきました。(ありがとうございました!)
私としては、あの手の話を長引かせたくなかったということもあり、なるべく短く収めようと思ってました。

でも思いがけず、読んでくださっている多くの皆様に、「明るい話でも暗い話でもいつものように貴様の好きなことを好きなだけ書けばよいではないかー」と言っていただきまして・・・
あまりのありがたいお言葉に思わず目から塩分を含んだ萌汁が大量噴出するほどヒデキ感激ーなヤミコでした(ノД`)・゜・。

なので。
ちょっと調子に乗ってしまおうかなと思います。



お知らせ用
結局みんな塗っちまったぜ…(´д`*) 春色でござる。


補足も少々書きましたが、ぶっちゃけほぼ補足にはなってません。
とにかく長くならないようにと、過去記事もそうですが、かなり省いて書いてます。


本当は言いたいことは山ほどあります。

でもどこまで言っていいのか、正直わかりません。


私個人の意見では、シリアスな話はちょっとな~あんまりな~載せたくないよな~ですが。。。
でも、そうも言っていられない感が満載というか、気のせいじゃね?と思いたいけど、やっぱり自分の中では気のせいじゃなくて。
それはあくまでも、ただ私が感じただけのものだし、降りてきたものが本当かどうかなんてわからないけど…


私はやっぱり、自分の感覚を信じたい。



私は皆さんと同じようにごく普通の主婦だし、皆さんと同じようにちょっとばかり変態なだけです。
特別な力なんて持ってないし、見えない世界のメッセンジャーなどという事も一切ありません。


だけど、そんな私でも、何となくわかってきました。
少しずつですが、何となくですが、わかってきました。
もちろん、そんな気がするだけかもしれませんが。。。

大げさですが、バラバラだったいくつもの点が、惑星直列のようにキレイな線となって一本に繫がってきてる感じです。

ただ、色んな事がごっちゃになってて頭の中が整理できてないので、とにかく少しずつアウトプットしていかなくては脳内がもうこんがらがっちゃってにっちもさっちもどうにもブルドッグです(古)


ホントは今回のブログをはじめた当初は、前よりもあんまりスピっぽくない軽いものにしようと思っていました。
何度か言ってますが、これは基本的にひとりよがりで自分が楽しむ目的で書いている、「マスターベーションブログ」です。
「楽しければいい」という軽いノリでヤりたいようにやるつもりでしたから。

ところが・・・思ったよりもそういうわけにもいかず;;

ただ、スピに詳しくない方が読んだら混乱するかな?と、私も初心者であるがゆえに変に遠慮したりっていう部分はありました。
でもこれきっと余計なお世話ですよね。
皆さんおっしゃってくれたように、好きなことを好きなように好きなだけ書くことにします。

いつものようにエロでアホな記事を書きながら、結構シリアスな話もちょいちょい乱入する。
それで引かれたらしょうがない。混乱されても自己責任でお願いするしかない。

その時その時、自分が思ったまま感じたままで、小心者の初心者なりにですが、頂いたご質問にも出来る範囲でお答えしていきたいと思います。


今日のタイトルを見て、「えっ!破壊って何!?」と思われた方がいらっしゃるかもですが。

これは、“今までの考えを破壊していく”という意味です。
まぁヤミコなりの宣言みたいなものです。


何を壊すのかというと、 『ブロック』 です。


『固定観念』 『既成概念』という名の壁です。
自分の中のウォールマリアです(違)

私はまず、自分が保持している要らない思い込みの壁をぶち壊すことにしました。
一度、壁をぶち壊して、風穴を開けるのです。
そうしなくては新しい風は入ってきません。

要領の悪い私は、「~~に決まってる」という変な思い込みを一度壊してしまわないと、新しい素敵な思い込みを想像(創造)しにくいのです。
けっこう壊したつもりでいるけど、きっとまだまだです。

もう一度いいます。
万人に合うものでは無いと思いますが、私は自分が信じるものを自分のために書いていきます。

潜在意識に落としこんでいく効果的な方法で、【口に出す】 【紙に書く】 があります。

てことは、私がブログに書くことは、私にとってアファーメーションになるのです。

それに・・・ブログを読まれた方の中で、たった一人でも、たった一つでも、もしかしたら何か心に残るかもしれない。
そういう副産物が生まれる可能性があるなら、私とて素直に嬉しいです。

もちろんどう転んでも構わない。
どうなっても最善なことしか起こらないと確信してます。

今日はなんだか宣誓のようです。
まぁ…自分がわかってれば、それでいいかな。。。


今年の春分の日は3月20日だそうです。

いよいよ本格的な春の到来です。+゜*。:゜+



ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪       

精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
      ↓

人気ブログランキングへ  今日も応援ありがとうございました♪

(5)3・11という座標軸 —Be the light— - 2014.03.08 Sat

(4)それでも私は生きていく からのまとめ。また長いですスミマセン。。。

この回でこのシリーズは終わりになります。
何度も重くて暗い記事が続きまして・・・読んでいただいた皆様には本当に申し訳ない限りです;;

しかしながら有難いことに、今回のシリーズでは今までにないくらい、ランキングでたくさんの応援クリックをいただきました。
皆さま、本当に本当に、ありがとうございました ゚.:*・+゚・*:.゚

皆様のお気持ちが嬉しいのもありますが、たぶん私と同じような思いをしたとか、同じ疑問を抱いてたという方が、やっぱりたくさんいらっしゃったんだな…と思いました。

もちろん、たった一人しかいなかったとしても、その方が抱えているその想いに光を当て、重いエネルギーを解き放つきっかけになれば、私の記事も少しは役に立ったということかもしれません。

少し前にも重苦しい記事を書いて、しかもまたこんな記事を載せるなんて、本当は全く考えてもいませんでした。

「なんで?どうして今このタイミングなわけ!?」

私はそういう柄(キャラ)じゃないので、こういう発言は控えたいのですが…
今回はあえて言います。


書かされたようです


掲載が嫌で、ここのところずっと、一連の過去記事をグズグズと泣きながら手直ししてました。
自分の恥部をさらすようで・・・人に弱みを見られたくないという私の性格的な部分もあるのでしょうか。

そもそも私自身、不幸な身の上話をして人様から同情を得たがる人間ってのが苦手なので、「私が言いたいことはそこじゃないのに」って・・・真意が伝わらなかったら…と思うとやはり悩んでしまいます。

でもそれも、出したものをどう捉えるかは読んでる人の自由です。
どう思われても私が言いたいことを、「これは今いうべきことなんだ」と思ったことを信じて出していくしかないんだと思いました。

ご依頼者さまや、ブログを読んで下さってる方からのメールでもシンクロやサインがいっぱいあって…。
それで、「載せるしかないわ、もう」と胃が痛くなりながらも、腹をくくった次第です。
いつか機会があったら、この裏話を書きたいくらいです;;



ロッキーコースト



大したものじゃないですけど、それでも今回のシリーズ記事は、

「 過去の記憶と感情を解放するための最初のイニシエーション(儀式)」 として書いたものです。

女性性、男性性。
性的な結びつき、クンダリーニや統合など。
それは、他の重要な側面もあるのです。

『男性性』・・・支配、征服、殺戮、権力、女性に対する性的暴行など。
これらのもう要らない記憶と感情を手放す時が来ています。

『女性性』・・・それら全てを受けてきた耐え難い痛み。
古代から潜在意識に刻まれてきたその悲しみ。これを癒し、許す時が来ています。


特に女性性のバランスが悪いらしく、見えない部分の電磁的領域に負の作用をもたらしていたようです。



サクヤヒメとのチャネリングで質問したことには続きがありました。

以前は控えていた内容ですが、もう書いてもいいみたいなので書きます。
もちろん信憑性など保証できませんので鵜呑みにせず、ご自分の考えで判断なさって下さいね。


私「地球はこれからどうなるんでしょうか?」

サ「……」

私「このままだと人間は破滅の道に行ってしまうと思うんですが…」

サ「……」

サクヤヒメは終始無言でしたが、答えが想いとなって私の方に流れ込んできました。


答えは…



たぶん皆さんが思ってる通りです。



今の状況は、サッカーでたとえるなら、ロスタイムみたいなものでしょうか。


でも、未来は変えられます。
見えない世界は縦だけではなく、横にも並行世界(パラレル)は連なって存在していて、どのラインに進むのかは人類の集合意識が決定するから、確実な未来なんてものはないんだと思います。
まぁ…確実ではないけど、結局一番近い、それまでの原因に合った結果のラインを選択するようになる、というか…。

だからチャネリングなどでは、いつ何が起こるかっていうのは、今の地球や人間の集合意識を読んで、一番近いラインが情報として降りてくるのだと思います。

・・・

我々の集合意識は何を求めているのでしょうか。
どこに向かっているのでしょうか。


もしかしたら、こういうことを書くと批判されるかもしれませんが…でももうそろそろ、キラキラきゃぴきゃぴだけの現実逃避スピではいけないような気がします。

あれはダメこれはダメとか言ってるんじゃないんです。ただ…
「災害が起こった時のことなんて考えてたら、本当に引き寄せてしまうかもしれないから、非常時用グッズなんて用意しないわ」
って・・・これはどう考えても変でしょう?

私は終末思想なんて持ち合わせちゃいないし、陰謀論も嫌いです。

でも、このままではヤバいと思っています。

じゃあ、
いったい何ができるだろう?

本当は、考える時期はもうとっくに終わってるかもしれないけど、大して足しにはならないかもしれないけど。
それでも声を上げていく事は必要です。
行動を起こすことも必要です。

だけど、「私には無理」とか「何をしていいのかわからないから」と言う方もいると思います。

そう思うのもわかります。
でも別に、何か大きなことをやらなきゃいけないわけじゃないと思います。
ほんの小さなことでもいいと思うのです。


「 目の前の大切な人を守りたい 」


その気持ちが一番大事なんだと思います。

ただのOLだし、ただの主婦だし、何の力もないし。
この世界のためって言っても、何をしたらいいかわからないって…。

そういう時はせめて、「笑顔」でいるだけでもいいと思います。

優しさを込めるとか、思いやりを持つとか…。

そんな小さなことが、大きな一歩に発展するかもしれません。
自分が幸せでいることや、誰かを愛することや、感謝すること。

そこから何かがはじまるかもしれません。
次への行動へのヒントになるかもしれません。



モンサンミッシェル



この世を「生きる」こと。“使命”とは文字通り、命を使うこと。

人は皆、目的があって生まれてきます。
それは皆がそれぞれ違うから一概には言えないけど…

自分が信じて進んだ道こそが、“使命”であり、“役割”でもあるのだと思います。

たとえその道が間違っていても戻ればいいだけだし、迷ったり転んだりしながらも、今のこの人生を味わって生きる。。。
それは皆、共通の使命かもしれません。

スピでよく、「使命を思い出す」って言葉を聞きますが・・・失敗を恐れずに自分で進む道を選択して生きていく人生って、思い出していることと同じようなものじゃないでしょうか。
何もサイキック的な方向ばかり考える必要なんてないですよね。


*   *   *

まぁ色々と偉そうなことを書き連ねましたが、全部自分に言い聞かせてるだけなんですけどね。

「いつ死んでもいいよう、後悔しないように生きる」
「地球のために自分ができることをする」

3・11の後、そう心に決めました。
自分がブレちゃった時など、必ずその時の想いが原点となり、根幹とも言うべき座標軸になっています。



私はワンオクが大好きなんですが、皆さんにも是非、聞いてもらいたい曲があります。

最初に少しだけ、震災当時のニュース映像が流れます。
もしかしたらフラッシュバックするかもしれないので、辛い場合は無理して見ないで飛ばしてください。

あの頃は連日あの映像を見てたのに・・・見ている感覚がどこか違うような気がします。
心臓が痛いし、とても怖い。

あの時は本能が自衛手段として、恐怖の感覚をマヒさせていたのでしょうか。
それとも、平和な日々が当たり前になってしまった今の感覚がマヒしているのでしょうか。


もうすぐ 3・11です。



ONE OK ROCK 「Be the light」





長文の閲覧、ありがとうございました・+:*:+・○

ランキングに参加してます。良かったらポチッとお願いします♪       

精神世界ランキング
      ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
      ↓

人気ブログランキングへ  今日も応援ありがとうございました♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

絵のお仕事ホームページ

チャネリングによる守護天使イラストワークをやってます。絵をクリックで入室♪

オルゴナイトやパワーストーンアクセサリーなども販売中。

プロフィール

ヤミコ

Author:ヤミコ
漫画とアニメが3度の飯より好きな、関東のG県に生息してるヲタク主腐。

ここは管理人の趣味全開&エゴ満載のブログです。自分の体験を通じて感じたことを、考察や推測も含めて書き連ねております。鵜呑みにせず、ご自分で精査・判断してくださいませ。
閲覧は自己責任でお願いします(・ω・)ノ。・。・。☆

いただいたご意見やご質問は、許可をとらず仮名の形で記事へ掲載することがありますので ご了承ください。

ご感想などにお返事は約束できませんが、感謝して読ませていただいております。いつもありがとうございます・゚・。・゚゚・*:.。

最新記事

新着画像

カテゴリ

漫画やアニメの話 (9)
ヤミコんちの話 (28)
音楽の時間 (2)
たまにはスピな話 (77)
ちょっとシリアスな話 (21)
チャネリングとは? (16)
こんな天使は嫌だ! (36)
妄想のススメ (6)
幼い頃は見えている? (4)
頂きもの&捧げもの (5)
絵のお仕事の話(ご感想など) (152)
神社仏閣 (31)
守護存在について (13)
ものの見方・捉え方 (12)
石系 (25)
お知らせ (52)
未分類 (135)
やみすぎ都市伝説 (6)

当ブログの人気記事

月別アーカイブ

イラストのサイト

ラクガキ置き場です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014123